既婚者?詐欺?相手が疑わしいときの「結婚調査」とは

結婚調査

お付き合いが始まり、この人と生涯を共に過ごして幸せな家庭を築きたい、という気持ちから一緒に育んでいく結婚への道。

しかし、時として相手の行動がわからなくなったり不審な動きが見えたとき、「本当に結婚してもいいのかな」と不安な気持ちになることもあります。

既婚者なのか詐欺なのか、結婚相手が疑わしく感じたとき、どのように対応するのが良いのでしょうか。

今回は、結婚相手が疑わしいときに頼りになる結婚調査について見ていきましょう。

目次

結婚調査とは

結婚調査で調べるべきこととは
実は既婚者の可能性がある
浮気していないか?浮気癖がないか
借金がないか
素行に問題がないか
学歴詐称・経歴詐称がないか
本人および家族に犯罪歴(逮捕歴)がないか
本人および家族の宗教問題
結婚詐欺ではないか
結婚調査は自分でもできるが探偵に依頼するのが適切です
結婚調査の費用相場は
まとめ

結婚調査とは

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、結婚調査というのは結婚する相手に「異性の影がないか?」「身元を詐称していないか?」など、疑わしい所を調べ上げる行為のことです。

調べ上げる範囲は多岐に渡り、例えば、

・交友関係、異性関係、人間関係
・両親や兄弟、親戚
・プロフィールや経歴、離婚歴
・人柄や人間性、周囲からの印象

など、婚約や結婚するにあたりおかしなところはないか?調べ上げていきます。

「なぜか週末になると出かける…」「別な交際相手がいるようだ…」など、見えない部分があると疑問を抱き不安になりますが、転ばぬ先の杖となるよう、結婚調査によってクリアになっていきます。

また、結婚調査と似ているものに身辺調査があります。

身辺調査で調べ上げるのは結婚調査と近いものがありますが、就職などで雇用する企業が雇用するのに問題ない人間か?借金などでトラブルを起こしていないか?など素行チェックに多く利用されます。

結婚調査は、婚約や結婚するのにふさわしい人間か?という結婚に的を絞って調査するのに対し、身辺調査は人格や品格に問題ないか?人間性に的を絞り深く調査するという違いがあります。

どこのポイントに重きをおくか?によって使い分けが必要となります。

また、結婚調査や身辺調査を探偵に依頼するニーズは一定数あり、その理由として、「怪しい疑問を払拭させてから結婚に踏み切ろう」という人間の不安を克服したい心理の表れと言えるでしょう。

相手が疑わしければ結婚が破談になる前に調査が必要

異性の影を感じる、二面性を見て素行に問題を感じたなど、結婚が決まっていたのに破談となるケースがあります。いざ結婚が決まると人間は相手の嫌な部分、怪しい部分にフタをして見ないようにすることは多々あります。

これはある意味一つの現実逃避とも言えるもので、見ないことで心の安定を図ろうとするものです。

「結婚相手が実は疑わしい人だと分かった…」結婚直前にそれが分かって、結婚が破談になるのは本人としては大きなショックです。結婚の破談は本人だけの問題ではなく、家族にも大きな影響を与え、結果的にたくさんの人に迷惑をかけることになってしまいます。

親にとっても息子や娘の結婚というのは誇らしく、これまで育ててきた思いもあり、周囲の人に話をして祝福されたいと感じています。それが破談になることで周囲の人に伝えたことが無意味となり、逆に弁解を迫られ肩身の狭い思いをすることになるでしょう。

このように、結婚が破談になると本人のショックはもちろん親や兄弟など家族への迷惑も甚大になりますので、相手が疑わしいときには早めに結婚調査を視野に入れる必要があります。

本来なら、相手を疑って調べるという結婚調査や身辺調査はできればしたくないものです。そのため、相手の嫌な部分を見たくないなど心理的な要素が働き、結婚調査に前向きな姿勢になれないときがあります。

そんなときは本人に代わって、親が結婚調査を探偵事務所に依頼することも一つの方法と言えます。

親から見ても息子や娘の結婚相手はどうにも腑に落ちない行動が見える、なにかが怪しいと思ったときには早めの対策が重要です。身辺調査や結婚調査をしたことによって破断になってしまう可能性もあります。しかし、子どもの幸せな人生を考えたときに、不審な点はクリアにしておくことが保険になるのは間違いありません。

結婚調査で調べるべきこととは

「子どもが騙された」「怪しい相手と結婚してしまった」という最悪な結果にならないためにも、必要に応じて探偵に結婚調査を依頼することは適切な判断です。では、いざ結婚調査を依頼しようとするとき、調べるべきこととはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは結婚調査で調べるべきことについて見ていきましょう。

実は既婚者の可能性がある

「週末はいつも予定が入っている」「連休は会えない」など、仕事は休みのはずなのに曖昧な理由をつけて会えない場合には、もしかしたら結婚相手は既婚者の可能性があります。

結婚している事実を隠し通し付き合い始め、自分の都合のいいようにそのまま結婚に至ろうとするケースがあります。また、それとは別に、単に浮気相手の対象として都合よく見られている可能性もあります。

このような不誠実な行動は結婚調査によって証拠を事実を突き止めることが可能です。相手の行動があまりにも不審なときには結婚調査を検討したほうが良いでしょう。

浮気していないか?浮気癖がないか

婚約など結婚の約束をしているにも関わらず、次々と異性に目移りをし浮気をくり返す男女は一定数います。浮気癖というのは一つの性癖とも言え、結婚した後も浮気癖の多くは治ることはなく同じことをくり返します。

浮気癖によって結婚が破談になる前に、「浮気していないか?」「浮気癖がないか?」など、しっかり結婚調査で調べるべきでしょう。

借金がないか

結婚相手に借金があるか?ないか?というのも結婚するうえで大切なことです。

金額の大小にもよりますが、結婚後に借金がわかるとそれを補うために生活費の負担が増えます。経済的に余裕があれば別ですが、そうでなければ「生活を切り詰める」「親に借金する」「消費者金融で借りる」など、生活の余裕が失われます。

借金状況によっては余計な出費ができないため、子どもを作ることもできなくなります。相手に借金があるかは必ず調べておきたいものです。

素行に問題がないか

仕事やプライベートでの態度や素行に問題はないか?というのは、結婚する前にチェックしておくべきです。二人で会っているときは品行方正で態度が良くても、「だらしない性格だった」「暴力的なタイプだった」「酒癖が悪い」など、は素行に問題があるケースはよくあります。

結婚後に、その素行の悪さが発覚して、すぐに離婚になるケースもあります。結婚調査で事前にしっかり調べておきたいものです。

学歴詐称・経歴詐称がないか

学歴や経歴などはその人を推し量る一つの方法であり、それがプラスαとなって結婚を決めることもあります。例え、学歴・職歴などにこだわってなくても、公表していた経歴が嘘だったとしたら、それは結婚相手を騙していたことになります。

結婚前から、重大な嘘をつくようなら、結婚後の生活は嘘で塗り固めたものになるでしょう。本人の経歴話に疑問を感じたら結婚調査をおこない白黒はっきりさせるのが良いでしょう。

本人および家族に犯罪歴(逮捕歴)がないか

犯罪をした事実というのは自慢できるものではなく、出来れば隠し通したいと願う人もいるものです。しかし、結婚するともなれば結婚相手に過去のおこないや事実を伝えるのは当然のことです。

「そんな逮捕歴がある人間と結婚できるか?」という審判を仰ぐのが、本気で結婚したい誠実な人間がおこなうことです。

行動に不審な点がある、本人や家族の素行が悪く感じる場合には、事前に相手と家族を調べるべきでしょう。

本人および家族の宗教問題

日本には色々な宗教があり宗派も様々で、悩みの答えを見つけに宗教に入る人は多いものです。また、家族が代々その宗教に深く入り込んでいるというケースもあります。結婚した後に「入信を強要される」「寄付を強要される」などの思わぬトラブルが起こる可能性があります。

また、宗派が違うなどの理由から結婚出来ないということもあり得ます。トラブルにならないよう結婚調査で事前に相手の宗教について調べておくことは大切です。

結婚詐欺ではないか

結婚したい人の心情を付け狙い、結婚に持ち込み金品や権利など意のままに操ろうとする結婚詐欺。詐欺師は口が上手くまめな態度を見せますので、うっかり騙されてしまいます。会話の中に金品や権利関係などが頻繁に話題にでてくるようなら注意が必要です。

結婚調査の事例として、結婚詐欺の被害が報告されることは少なくありません。金品を巻き上げられる詐欺は、精神的被害とともに物的被害をともないますので、騙されたら一大事です。相手がどうもおかしいと感じたら、しっかりと身元を確認しておくべきでしょう。

結婚調査は自分でもできるが探偵に依頼するのが適切です

相手の言動や行動がなにか怪しい、おかしいと疑問を感じたとき、身辺調査を自分でおこなうこともできますが、素人の調査ではやはり限界があります。

興信所の調査でどこまでわかるか疑問に思うかもしれませんが、調査と名の付くものはプロに頼るのがベストであり、興信所に依頼するのがセオリーとも言えます。

結婚調査では探偵は聞き込みを丁寧におこない、相手を丹念に尾行し、真相を追及していきます。プロならではの信頼性があり、確実に証拠を調べ集めてくれるので安心感が違います。

また、素人の調査だとどうしても粗が出やすくバレやすいものですが、プロの探偵の調査であればまずバレません。総合的に見て自分自身で何とかしようとせず、まずは興信所に相談だけでもしてみるのが良いでしょう。

結婚調査の費用相場は

プロの確実性がわかり、いざ申し込もうと思っても気になるのは結婚調査にかかる費用ではないでしょうか。

興信所の費用については大きく3つに分かれており

・時間単位での料金
・定額での料金
・成功報酬

となっています。

時間単位での料金ですが、多くの興信所が1時間単位としており、最低4時間からのご依頼が平均となっています。調査員1名につき1時間7千円が相場になっており、1日4時間として2万8千円となります。

また、時間料金の他に基本料がかかる所もあり、基本料の相場は5千円となっています。定額での料金ですが、こちらは1日もしくは何時間いくらという一定額のシステムになっています。

調査員の人件費、調査に使う車両代、報告書作成費、諸経費など必要経費がすべて込みの料金体系となっており、使いやすい料金体系です。相場としては1日10万円くらいとなっていますが調査員が数名つきますのである意味お得と言えるでしょう。

成功報酬ですが、こちらは結婚相手が浮気をしていた、結婚詐欺だったなどの確実な結果が出た時点で報酬が発生するシステムです。ですので、そのような確実な証拠がでない場合は報酬は発生しません。

多くは1時間いくらという料金体系となっており、1時間の相場は8千円ほどとなっています。ここに諸経費や人件費などがプラスされることが多く、1日の相場は10万円ほどとなります。

どの料金体系も期間としては10日前後かかるのが平均となっており、計算して10日分の料金は確保しておく必要があります。また、どの興信所も最初に見積もりを請求できますので、料金体系やかかる日数など、納得がいくものをしっかりと選ぶことが大切です。

まとめ

結婚というのは生涯を共に歩む相手とおこなう一大イベントですので、何か不審な点があったり疑いがあれば後悔しないためにも結婚調査を依頼するのが確実です。

探偵に依頼せず独自で結婚調査をすることもできますが、どうしても素人としての初歩的なミスが出やすく確実な証拠集めには至らないケースがほとんどです。

費用はかかりますが確実に証拠を集める、証拠を残すのであれば探偵に依頼するのが確実であり安心と言えるでしょう。

Top