「嫌がらせをスムーズに解決する」探偵の嫌がらせ調査と依頼のコツ

嫌がらせ調査 探偵

「自宅に駐車していた車やバイクを傷つけられた」「玄関の前に汚物をばらまかれた」など、「これって、もしかして嫌がらせ?…」と考えられるような被害を受けていませんか?

嫌がらせは基本的に誰がやっているか分からないうえに証拠を掴むことが難しいため、精神的に追い詰められやすいという特徴があります。

従って、嫌がらせがエスカレートすることやご自身のストレスが大きくなってしまう前に、できるだけ早く解決することが重要になります。ただ、解決したくても何をすれば良いのか分からないとお悩みの方も大勢いらっしゃると思います。

そこで今回は、問題を解決するために探偵に嫌がらせ調査を依頼するための方法や、スムーズに嫌がらせ調査を行ってもらうための下準備のコツなどについてお教えします。

嫌がらせ調査とは

嫌がらせ調査とは、冒頭で述べたような嫌がらせ行為を「いつ」「誰が」「どこで」行っているのかを調査することを指します。

嫌がらせ調査の目的とは

嫌がらせをやめさせるには警察に対応してもらうことが一番ですが、警察への相談を円滑に行うためには嫌がらせ行為を証明する情報つまり”証拠”が必要になります。

そのため、嫌がらせ調査を行う目的は被害状況の客観的な情報収集や、嫌がらせを行っている相手の特定、嫌がらせ内容の具体的な証拠などが挙げられます。

嫌がらせ被害の主な実態

嫌がらせは誰から被害を受けているかによって、被害の現場や内容は大きく異なります。だからこそ被害の実態を把握することが重要で、それによって犯人の目星をつけることが可能になるともいえます。

次に解説する嫌がらせ被害の主な実態を参考にして、あなたが今どのような状況にあるのかを把握しておきましょう。

自宅周辺の嫌がらせ

自宅周辺の嫌がらせでは、「車を傷つけられる」「塀に落書きされて汚される」「ペットにいたずらされる」などがよく見られます。

また、一方で「近隣住民による騒音」「敷地内へゴミを捨てる」「近所に故意に悪い噂を流す」いった相手が特定できるケースもあります。

学校や勤務先での嫌がらせ

嫌がらせを受けるのは自宅周辺だけではありません。自宅周辺以外の嫌がらせとしては、学校でこどもがいじめられることや、勤務先での誹謗中傷や勤務先に嫌がらせの品物が届くといったことがあります。

勤務先における嫌がらせの犯人は仕事関係者である可能性が高く、「同僚のやっかみ」「部下の不満」「恋愛のもつれ」によるケースもあります。

ネット上での嫌がらせ

近年、自宅や勤務先以外での嫌がらせで急増しているのが、ネット上での被害です。俗にいうネットの「誹謗中傷」「風評被害」がそれにあたります。

インターネットにおける嫌がらせは、掲示板・SNSなどに勝手に写真をアップされたり、個人情報の流出、盗撮した写真や音声などを流されるといったことがあります。

ネットに書き込まれた嫌がらせは、「サイトの運営元が簡単に削除してくれない」「犯人の特定に法的な手続きが必要である」などの難点があります。ネット調査に強い探偵や専門家に相談して解決する必要があります。

探偵に嫌がらせ調査を依頼すべき理由

嫌がらせ被害を受けた場合、個人や家族内で解決しようとする方がいらっしゃいますが、民事調査の専門家である「探偵」に嫌がらせ調査を依頼することをお勧めします。

そこには、個人で調査をおこなわずに探偵に依頼すべき相応の理由があります。

警察が捜査しない民事に速やかに対応してもらえる

嫌がらせをやめさせるには警察の対応が必要になりますが、警察は刑事事件に発展するような証拠がないと調査に踏み切ることはしません。基本的に民事事件には不介入が原則です。

嫌がらせの犯人は証拠を残さないように巧妙に嫌がらせをしてくる傾向があるため、個人や素人が対応するにはやっかいな存在でもあります。そこで探偵に相談すれば、警察が動くのに十分な証拠を押さえるために速やかに応じてもらうことが可能です。

トラブルの悪化を防いでくれる

嫌がらせは自分で解決しようとすると加害者と被害者の間で直接話し合いをすることで関係がさらに悪化することがあります。嫌がらせの内容がエスカレートしたり、今以上に巧妙になるなど、トラブルがさらに発展する恐れがあります。

今受けている以上の嫌がらせを受けないようにするには、第三者に仲介してもらうほうが良いケースは多いです。

難しい調査にも対応してくれる

嫌がらせの手段は巧妙であることが多く、個人でトラブルの解決につながる調査をすることは難しいケースが大半です。

探偵なら専用の撮影機材を使ったり、尾行・張り込みなど行動調査のノウハウがあります。犯人を特定して言い逃れできないような証拠を用意して、それらを警察に提供することが可能です。

希望する解決に有利な情報収集が可能

嫌がらせに対する解決の着地点は、「相手に謝罪させたい」「慰謝料請求したい」「刑事罰を与えたい」など、人によって違いますが、探偵に依頼すれば、”紛れもない証拠”を集めてくれますから、いずれの解決も可能です。

また、ほとんどの探偵は弁護士との深いパイプを持っています。そのため、証拠を集めることに加えて、その証拠の有効な使い方などについても弁護士と連携して法的アドバイスをおこなうことができます。

探偵の役目は「証拠を押さえる」こと

嫌がらせの犯人を捕まえることは警察の役目であり、裁判をするなら弁護士の役目であるため、これらは探偵の守備範囲外となります。

ただ、警察や弁護士に動いてもらうためには、誰がいつ、どのような嫌がらせ行為を行ったかの証拠を入手することが重要であり、その大切な役割を果たすのが探偵だということを覚えておいてください。

探偵による嫌がらせ調査の主な方法

探偵は調査のプロであるため、あらゆる知識やテクニックを駆使して積極的に”証拠探し”に動いてくれます。

もしも、あなたが探偵に依頼を出すなら、探偵事務所が問題解決のために行う主な調査方法を知っておいた方がスムーズです。次に紹介する3つの方法を確認しておきましょう。

定点撮影

定点撮影とは、嫌がらせ行為が行われている様子を暗視カメラで撮影する調査方法です。この調査により、犯人の特定や証拠集めの両方を行うことができます。

調査員は一人で済むこともあり、人件費がかからないため、調査料金を抑えることができるメリットがあります。しかし、犯行時間や場所の予測がつかない場合はあまり効果が見込めないことから、使いどころを見極める必要があります。

行動調査

行動調査は調査対象者を張り込みや尾行で調査する方法で、2人1組で行うことが一般的です。

行動調査では、尾行からさらに張り込み(定点撮影)により確実に証拠を掴むことができます。犯人の特定や、所在地や生活パターンなどの情報を掴むこともできるため、刑事告訴や裁判などに最適な証拠を集めることが可能です。

多岐にわたる嫌がらせパターンにも対応できるなどメリットが多い一方で、調査期間が長くなるとその分料金がかかります。行動調査では、事前に探偵に相談の上、「タイミング」「時間」など綿密な調査計画を立ててから実施するのが得策です。

盗聴器発見調査

盗聴器発見調査は、家の中に盗聴器が仕掛けられていることが疑われる時に行う調査です。家人全員が留守の時に犯行が繰り返し行われている場合は、盗聴器が仕掛けられている可能性が考えられるため、専用の機器を使って探します。

「個人情報が漏れている」「行動が筒抜けになっている」など、盗聴の疑いがあるときにおこなわれる調査方法の1つです。

探偵による嫌がらせ調査の料金相場

探偵による嫌がらせ調査は、被害の内容や状況、調査規模などによって調査方法が異なるため、はっきりとした料金相場はありません。

探偵の人件費は、一般的に1人1時間あたり10,000円から12,500円くらいだといわれていますが、地域や探偵事務所によって料金設定が異なるため、何社かに見積り依頼を出して比較検討した方が良いでしょう。

探偵事務所の比較検討の目安として、自分にあった料金プランを見つけるコツをご紹介します。

自分にあった料金プランを見つけるコツ

探偵事務所の中には、「調査員の人数×人件費×時間+必要経費」という計算をする時間単価プランや、1週間の調査期間で〇円といった基本料金プランなどが用意されている事務所があります。

時間単価プランは計算がしやすい反面、調査が長引くと費用が雪だるま式に増えていきます。一方で基本料金プランは、1時間当たりの費用が通常より安く設定されていることが多いですが、予定日より早く調査が完了しても予定分の費用を支払う必要があります。

探偵事務所に無料相談する際には、「嫌がらせの内容や調査を依頼したいおおよその期間」「証拠を得た後にどうしたいのか」を相談しておきましょう。

また、自分が持っている確実性のある情報の量によっても料金プランは変わるため、可能な範囲で証拠を集めてから探偵に相談すると良いでしょう。

嫌がらせ調査をスムーズに進めてもらうための下準備

嫌がらせ調査 準備

嫌がらせ調査は依頼側がある程度下準備をしておくことによって、スムーズに進めてもらうことができます。

そこで、次に解説する項目を参考にして、下準備をしておきましょう。それをすることによって調査にかかる時間や料金の節約ができるとともに、早期解決が期待できます。

被害状況の証拠を保管しておく

嫌がらせによって壊されたものはそのまま保管しておき、修理した場合はその際の領収書を保管しておきましょう。

また、被害状況を示す写真や、被害の日時や状況を詳細に記録しておくなど、被害状況の証拠をできる限り多く残しておけば効率的に犯人特定ができます。さらには法的手段に訴える時にも役立てることができます。

犯人に関する情報の提出

犯人に心当たりがある場合は、その人物の写真や年齢や職業などの情報を伝える。また、その人物を疑う理由やきっかけなどを探偵に詳しく伝えるようにしましょう。

ただし、犯人に関する情報を自分で調査しないようにしましょう。当事者同士の接触はトラブルの元になるので、思い出せる範囲を伝えるだけで十分です。

自分自身の情報を提出する

嫌がらせには、なんらかの理由やきっかけがあることが多くあります。このことから、自分の交友関係や生活パターン、過去に巻き込まれた事件など、どんな些細なことでも良いので思い出せることは探偵に伝えましょう。

それが犯人特定につながるケースもあります。

希望する解決方法を伝える

探偵には事前に希望する解決方法を伝えましょう。「嫌がらせをやめさせる」「謝罪させる」「慰謝料を請求する」「刑事罰を与えたい」などを伝えることで、依頼者の目的に沿って探偵は証拠を集めます。

探偵にとっては「無駄のない調査ができる」、依頼者にとっては「調査費用が安く収まる」というように、双方のメリットがあります。

まとめ

嫌がらせは基本的に犯人が誰なのか特定されないように巧妙に行われる行為です。非常に悪質でありながら、被害者が嫌がらせで困っていることが周囲に理解されにくいという特徴があります。

しかし、早めの対応をしなければ嫌がらせは終わらないうえに、エスカレートしていく恐れもあります。

嫌がらせ行為は素人が対応することが難しく、警察は刑法に触れている証拠がなければ積極的動くことができないため、1人で悩まずにまずは専門家である探偵に相談してみましょう。

探偵に嫌がらせ調査の相談をすることが、あなたを悩ます問題を解決する糸口になります。

Top