興信所とは?探偵事務所との違いって何?

探偵 興信所 違い

インターネットで探偵を探していると、「○○興信所」という名称の事務所をよく見かけますが、「興信所って何?」「どんな仕事?」「探偵とは何が違うの?」と疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

浮気調査など個人向けの調査を依頼する際には、「興信所」あるいは「探偵」どちらを選べば良いか分からない方は多いと思います。

そんな方のために「興信所と探偵事務所の違いって何?」という疑問にお答えします。

興信所と探偵事務所は成り立ちが違う

興信所と探偵事務所の違いは何でしょうか?結論から言うと、興信所と探偵事務所は現在では、ほとんど同じと考えて結構です。

同じ存在なのに「探偵」と「興信所」それぞれの名称が今でも使われているのは、両者の成り立ちの違いが関係しています。

興信所の成り立ちとは

日本初の興信所と言われる「商業興信所」が設立されたのは、1892年(明治25年)のことです。この商業興信所は、企業の信用調査を目的として誕生しました。

商業興信所の設立者の外山脩造は、元々、日本銀行の理事・大阪支店長でした。銀行は企業への融資が主な仕事ですので、企業の信用調査は何よりも重要になります。その当時の日本は産業が急速に発展し、法人の数が増えて企業間の取引が増加していた時期です。

外山氏は自身の経験から、これからは信用調査の需要が拡大すると見込んで興信所を設立したのでしょう。

当時の興信所の調査内容は、登記簿の確認、第三者からの客観的な情報収集です。企業の保管資料の調査、担当者との面談、取引先に聞き込みをすることで情報を集めていました。

興信所の調査員は基本的に調査対象に自分の身分を明かしたうえで調査していましたので、現在の探偵のようにターゲットに気づかれないような調査とは大きくイメージが異なります。

探偵事務所の成り立ちとは

探偵事務所は、「個人の調査」を目的として誕生した業種です。日本最古の探偵事務所は、1895年(明治28年)に創業された「岩井三郎事務所(現・株式会社ミリオン資料サービス)」だと言われています。岩井氏は元警察官で、大正時代に起きた様々な事件を解決してきました。海軍の贈賄事件である「シーメンス事件」は特に有名です。

岩井氏はこのような大きな事件だけでなく、一般市民を巻き込んだ刑事事件の調査にも携わっていました。その警察官時代に培った、尾行・張り込み・聞き込みなどの経験をもとに個人調査業務を請け負う探偵業を始めました。

その当時は、通信機器や望遠カメラなどのハイテク調査機材は当然ありませんので、尾行・張り込み・聞き込みなどの調査が中心です。探偵の調査テクニックの原点は、この頃すでに確立されていたと言えます。

興信所と探偵の業務内容が同じになった理由

戦前までは、「興信所は企業の信用調査」「探偵は個人の調査」というように業務の棲み分けがはっきりしていましたが、戦後になってから、徐々に仕事内容は同じになりました。

興信所の中には、法人向けの「調査業務」「調査コンサルティング業務」に移行する会社がでてきます。その代表が国内最大手の信用調査会社である「帝国データバンク」です。(前身は帝国興信所という社名で活動)このように本格的な信用調査に取り組む会社は興信所という名称は一切使わずに活動するようになりました。

一方で、個人調査業務のニーズが増えてきたことにより、探偵業務に進出する興信所が増加しました。その名残りから、「○○興信所」という名称を名乗りながら個人向けの探偵業務をおこなう会社が登場したわけです。

興信所と探偵の仕事内容はほぼ同じ

現在は興信所と探偵事務所の業務内容はほぼ同じです。探偵の主な業務は「浮気調査」「身辺調査」「人探し」ですが、興信所を名乗る会社のほとんどが浮気調査を主業務にしています。

ですので、個人調査を依頼したい場合には興信所、探偵どちらに頼んでも同じです。

「興信所」「探偵事務所」の選び方

興信所と探偵事務所はどちらも基本的には同じサービス内容ですので、名称やルーツなどはあまり気にする必要はありません。あくまで「料金」「技術力」「信用力」などで選ぶのが正解と言えます。

しかし、探偵はどの会社が信用できるか判断が難しいのも事実です。

探偵事務所・興信所を選ぶ際のポイントとしては、まず公安委員会(管轄警察)届け済の事務所を選ぶのが良いでしょう。警察は探偵業界の健全化を目的に平成18年に「探偵業法」という法律を施行しました。

探偵業界は、その法律施行前までは無許可で運営する悪徳業者が多かったのですが、各都道府県の公安委員会(警察)に届出制にしたことにより、それらの業者の多くを一掃しました。届け出業者は法律遵守が義務付けられていますので、まずは安心です。

さらには大手の探偵事務所を選ぶのもお勧めの方法です。全国に支店を持つ大手事務所は悪質なサービスを提供すれば、消費者からのクレームにより、警察から業務停止を命じられる可能性があります。たくさんの従業員を抱える探偵事務所はそのようなリスクを伴う悪質サービスは提供しません。

また、大手探偵は世間の評判・ネットの口コミを重要視しますので、低料金かつ良質な調査サービスを提供しますので安心です。

まとめ

近年では、テレビドラマ、小説、アニメのキャラクターなどの影響により、探偵という職業はすっかり一般的に知られるようになりました。

一方で、興信所という名称は中高年以上の世代の人には認知されていますが、若い世代には興信所は「何の仕事なのか知らない」「その言葉さえ知らない」という人も増えています。

そのため、興信所を名乗るメリットは除々に減ってきていますので、今後は興信所から探偵社に名称を変更する事務所が増えていくことでしょう。

個人調査の依頼を検討するならば、興信所・探偵の社名は気にせずに、あくまでその事務所の評判、信用力などを重視して選びましょう。

探偵・興信所は基本的に相談無料・見積りは無料ですので、まずは何社か電話相談、面談をおこなってから決めるのが得策です。

Top