素行調査で分かることと格安で探偵に依頼するための2つのポイント

素行調査_探偵_依頼

パートナーの浮気や婚約者の素性など、様々な不安や疑念を解決する方法として、素行調査があります。

素行調査といってもどのような調査で何を知ることができるのか、素行調査の費用はいくらかかるのかなどの疑問によって、依頼したくても踏みとどまってしまっている方もいらっしゃると思います。

素行調査は疑念を晴らすことや証拠を掴むことの他に、毎日不安でモヤモヤしている気持ちを軽くすることにも役に立つため、早めに探偵に依頼した方が得策だといえます。

そこで今回は、素行調査はどういった方法で何を知ることができるのか、探偵に依頼する際の料金や格安にするためのポイントなどについてお教えします。

原一探偵事務所

目次

素行調査とは
素行調査で分かること
素行調査ができないケース
素行調査を行う主な目的と理由
パートナーの浮気調査
婚約者の結婚前調査
こどもの生活実態の調査
嫌がらせの調査
ストーカー被害の実態調査
従業員の素行調査
企業の実態調査
素行調査は探偵に依頼するのが適切?
探偵の素行調査
聞き込み
張り込み
尾行
データ調査
素行調査の料金相場
素行調査を格安にするための2つのポイント
①調査対象者の情報を提供する
②調査期間を区切る
まとめ

素行調査とは

素行とは、普段の生活状態や行いのことを指します。つまり素行調査とは、調査対象者が普段はどういった行いをしている人物であるかを調べ、問題点を把握するための調査です。

素行調査で分かること

素行調査を行えば、調査対象者の経歴や学歴、本当の住居などを比較的簡単に知ることができます。また、さぼり癖やギャンブル癖などの悪い癖や、異性関係や普段の性格なども把握することが可能です。

しかし、対象者の思想まで調査することは困難です。

デモ活動やボランティア活動など、分かりやすい行動に出ていればある程度調べることはできますが、基本的に「対象者は○○といった思想を持っています…」と断定するような調査はできません。

素行調査ができないケース

探偵に依頼すれば素行調査をしてもらうことができますが、請け負ってもらえないケースもあります。

例えばストーカーからの「人探し依頼」、誰かを別れさせたい「別れさせ工作」、恨みをはらしたい「復讐工作」など、法に触れる可能性がある依頼は受けてもらえません。

また、敷地内に無断で侵入することや車に無断でGPSを取り付けるなど、プライバシー侵害にあたるような調査も基本的に行われません。

素行調査を行う主な目的と理由

素行調査を行う目的と理由は、個人的な人間関係に起因するものから企業間の関係に起因するものまで、実に様々です。

そこで今回は様々な素行調査依頼の中から、主だった目的と理由をいくつかご紹介します。

パートナーの浮気調査

素行調査の依頼で非常に多いのが、パートナーの浮気調査です。夫婦や恋人でパートナーに浮気の疑いがある場合は、探偵に依頼することで尾行や張り込みなどを行い、浮気の有無を確認することができます。

もしも離婚や慰謝料請求などを考えている場合は、慰謝料請求のために必要となる相手の住所や、裁判で有利になる証拠などを集めることも可能です。

婚約者の結婚前調査

結婚は人生における一大イベントであるとともに、結婚する本人達だけでなく親族にも大きく関わることです。そのため、婚約者が結婚相手として適切かどうか把握することは非常に重要なことです。

そこで探偵に素行調査を依頼すれば、婚約者の勤務先での将来性や交友関係、異性関係や健康状態の他に、DVやギャンブルなどの危険な癖を持っていないか調査することができるため、本当に結婚して良いかどうか判断することができます。

こどもの生活実態の調査

こどもがケガをして帰ってきたり、持ち物が汚れている場合はいじめを受けている可能性があります。

しかし、こどもに直接聞いても正直に答えてもらうことは困難であることが多く、そんな時に探偵の素行調査を利用すれば、いじめの有無やいじめを行っているのは誰かなどを知ることが可能です。

また、親元から離れているこどもが怪しい宗教団体に勧誘されていないかなどといったことも調査できます。

嫌がらせの調査

学校や職場、ご近所などで嫌がらせなどのトラブルがある場合、自分で対処することは大きなリスクが伴うケースがあります。

そこで、探偵による素行調査で嫌がらせを行っている相手を突き止めることや、嫌がらせの内容など実態を調査することで、解決に役立てることが可能です。

ストーカー被害の実態調査

ストーカー被害を受けている疑いがある場合、ストーカー行為や正体を突き止めることで、解決のための糸口にすることができます。

また、探偵事務所には盗聴器除去の資格を持っている専門家が所属していることが多いため、自宅に盗聴器が仕掛けられているかどうかも合わせて調べ、取り除くこともできます。

従業員の素行調査

企業は従業員の勤務態度を把握するために、探偵による素行調査を利用することがあります。具体的には、外回りに行っている従業員がサボらず真面目に仕事をしているか、取引相手やライバル社と不正行為をしていないかなどを調査します。

必要に応じて、採用予定者の身元調査を行うこともあります。

企業の実態調査

企業にとって、取引相手が社会的に信用できる、かつ信頼できる企業であることは非常に重要です。

そのため、取引後に何らかの形で害が及ぶことを防ぐために、取引相手の反社会的背景の有無などを調査することがあります。

また、取引相手が現在伸びている企業なのかといった実績の実態調査をすることもあります。

素行調査は探偵に依頼するのが適切?

素行調査_探偵_依頼方法

基本的に、弁護士に素行調査のみを依頼することはできません。

しかし、探偵との連携が取れている弁護士に相談すれば、「裁判で有利になる証拠を押さえることができる探偵」を紹介してくれることがあります。

従って、素行調査そのものを行うのは探偵ですが、浮気調査など裁判を見据えた案件などでは弁護士を通して探偵を探すのも有効です。

探偵の素行調査方法

探偵といえばアニメやドラマなどの影響で、警察と協力して証拠を掴むなどといったイメージを持っている方もいらっしゃいますが、実際にそのような調査をすることはほとんどありません。

素行調査は主に、次に挙げる4つの方法で進められます。

聞き込み

調査対象者の知り合いや同僚など、関係者に話を聞くことで情報を集めます。どうしても必要な時など例外的なケースを除いて、基本的に調査対象者本人に接触することはありません。

調査対象者に気付かれてしまうことや、警戒されることがないように、地道かつ慎重に調査が進められます。

張り込み

張り込みとは、特定の場所に待機して調査対象者の動向を見張ることで、その目的は必要な証拠を押さえることです。

張り込みには大きく分けて屋外で行う張り込みと、車内で行う張り込みの2種類があり、調査対象者に気付かれてしまわないための複数のテクニックも使用されます。

いずれにせよ、張り込みにはかなりの忍耐力とテクニックが必要とされるため、個人では行わずに探偵に依頼した方が確実です。

尾行

尾行には徒歩による方法や、車やバイクなどによる方法があります。調査対象者が公共機関を利用している場合は、バスや電車はもちろん、船や飛行機にも同乗して尾行します。

データ調査

近年はインターネットやSNSの普及により、これらを利用したデータ調査も行われるようになっています。

SNSによる発信内容やWeb上に残っている情報など、あらゆる情報を駆使して調査を進め、証拠を押さえることに役立てています。

素行調査の探偵の料金相場

探偵事務所によって料金形態が異なることと、素行調査依頼の内容やかかる日数によって値段が変わってくるため、決まった相場があるわけではありません。

ただ、ほとんどの場合は「調査人数×時間×日数」で料金が決まります。例えば、素行調査で非常に多い浮気調査の場合、2名体制で5時間あたり10万ほどが多いと考えると、1週間で50万円はかかるという計算になります。

浮気の慰謝料の相場が50万円から300万円ほどであると考えると、素行調査を依頼する価値はあると考えられます。

素行調査を格安にするための2つのポイント

探偵事務所によっては素行調査をするにあたって、低額プランを導入しているところもありますが、「2名体制の調査で1時間につき2万円」といったような料金形態であれば、早く証拠が見つかることでそれだけ料金を安くすることができます。

そこで、できる限り料金を安くしたい方のために、素行調査を格安にするためのポイントをお教えします。

①調査対象者の情報を提供する

素行調査の料金をできる限り安くするためには、調査に必要な人数や日数を減らすことがポイントです。

このことから、素行調査を依頼する前に調査対象者に関する情報を自分でできるだけ集めておき、探偵側の負担を軽くすることが大切です。

こにに、集めておくと良いと考えられる情報のリストを挙げます。

・調査対象者の顔や全身が分かる写真
・氏名と年齢と住所
・通勤手段
・所有している車の種類とナンバー
・趣味や嗜好
・交友関係
・普段からよく利用しているお店

浮気調査を依頼したい場合は先に挙げたリストの情報に加えて、浮気相手と会っていると考えられる曜日や日時まで把握しておき、提供すると良いでしょう。

②調査期間を区切る

探偵に素行調査を依頼する時は見積りや提案を受けることが一般的であり、その時に調査期間を区切ることが大切です。例えば、調査期間を1週間と区切っておけば、それ以上の費用をかけずに済みます。

調査期間を区切るとその分得られる情報は限定されてしまいますが、その期間中に得られた情報を利用して自分でできることもあるはずです。

ただし、探偵側に提供する情報が少ないと2週間以上の調査期間を提案されることもあるため、先に述べた「集めておくと良い情報のリスト」を参考にして、提供する情報をできるだけ多く集めておきましょう。

また、事前に素行調査の予算を決めておき、その予算に見合う範囲で依頼することも大切です。

まとめ

素行調査には、調査対象者に気付かれることなく情報を集める様々なテクニックが必要です。そのため、自分で素行調査を行っても期待したほどの情報を得ることができないか、調査対象者に気付かれて関係が悪化するなどといったリスクが考えられます。

また、素行調査をしていることに気付かれてしまうと、調査対象者が普段とは違う行動をとるようになり、調査が難航してしまうリスクもあります。

以上のことからたとえ調査料金が必要になるとしても、自分で素行調査を行うことで問題や失敗が発生してしまい、大切なものを失ってしまわないように、素行調査の専門家である探偵に依頼することを推奨します。

自分の人生を大切にするためにも、何か不安があれば探偵に相談することを検討してみてください。

Top