探偵の行動調査とは?費用相場と調査を格安かつスムーズに進める秘訣

探偵 行動調査 格安
「夫や交際相手が別な異性と交際しているようだ?…」「従業員が不正を働いているように思える?…」など、相手の行動に対して違和感を覚えることがあります。

このように相手に対して不信感を持っていても、証拠がハッキリしないときには心理的に大きなストレスになるものです。

そんな場合に利用価値が高いのが探偵の行動調査というサービスです。今回は、行動調査とはどのような調査方法なのかといったことや、調査費用や格安に抑えるポイントなどについて解説します。

行動調査とは

行動調査とは、特定の人物の普段の様子を確認するため、相手を尾行するなどして監視し、行動内容を記録します。

浮気調査と調査方法に大差はありませんが、行動調査では調査対象者の立ち寄り先や外出時間、接触する人物などを調べ上げて記録に残します。

行動調査の目的

行動調査の目的は依頼内容によって様々ですが、主なものとしては妻や夫の帰りが遅いので調べて欲しいといったことや、結婚相手の身元や素性を知りたいなどといったことが挙げられます。

また、企業からの依頼では労災関係の調査などがあり、怪しいと感じた人物の行動確認や、真実を明らかにしたい時などに利用されます。

行動調査で調べられること

行動調査では、調査対象者の氏名や勤め先、交友関係や対象者の素行、独身か既婚なのかの確認など、探偵が調べることができる情報は基本的に、全て行動調査で知ることが可能です。

そのため、浮気相手の特定や勤務先の特定だけでなく、調査対象者の日常的な行動に関する調査であれば、行動調査で対応することができるということになります。

たまに個人で行動調査ができるアプリやスマートフォンの機能はないかと探されている方がいらっしゃいますが、相手に勘づかれることなく情報を集めるには、多くのノウハウが必要です。

何より個人の行動調査は、調査対象者との関係悪化や、勘づかれることによって調査が困難になる可能性が高いので、そういったリスクを軽減する意味でも探偵に依頼することを推奨します。

ただし、行動調査で調べることができる情報の質と量は探偵の技量に左右されるため、依頼する探偵はよく比較検討する必要があります。

行動調査で調べられないこと

行動調査は相手の日常の行動を監視して記録する調査方法であるため、調査対象者の基本的なプロフィールから日常の行動に関することであれば多くの情報を得ることが可能ですが、次のような行動調査は基本的に調べられません。

・調査対象者の差別につながる調査
・調査対象者に何らかの不利益を与えることを目的とした調査
・DVやストーカーなど事件性があり、調査対象者に被害が及ぶ危険性が考えられる調査
・依頼者に反社会勢力が関わっているなど、反社会団体に関係した調査

また、探偵は違法行為による調査を禁止されています。各種法令に違反しない範囲で対象者の行動や素行などを調査するため、他人の住居や敷地内への侵入や、盗撮カメラや盗聴器のなど設置して情報収集を行うなど、法令や条例に違反する行動を伴う調査はできません。

こういったことから、調査対象者のアイフォンなどのスマートフォンから何らかの方法でデータを抜き取ることも条例違反に触れる可能性があるため、基本的に応じることはできないと考えてください。

一般的な行動調査の依頼内容

個人からの行動調査依頼では、浮気や普段の行動の変化に関連したものが一般的です。そこで、次によくある行動調査の依頼内容をご紹介します。

配偶者の行動調査

離れて暮らしている夫や妻の生活実態や、配偶者の帰宅時間が最近遅く、仕事場から自宅までの時間帯が合わないなど、浮気に関連した行動調査が最も多く依頼されます。

交際相手の行動調査

交際相手の行動調査も浮気に関連した依頼が最も多い傾向があります。

その他にも、ネットで知り合った交際相手の素性を知りたいといったことや、復縁したい相手や好きな人に交際相手がいないか確認したいなどといった依頼もあります。

こどもの行動調査

最近こどもの外泊が増えたり、急に言葉遣いや態度などが変わったので、交友関係や何か悪いことに巻き込まれていないか調べて欲しいといった依頼や、離れて暮らすこどもの様子を知りたいなどといった依頼があります。

基本的にこどもの行動調査では、こどものことを心配しているからこそ調査によって状況を把握したいという心情が見て取れます。

特殊な行動調査の依頼内容

先にご紹介した一般的な行動調査とは違い、自分が何らかの被害に遭っていることを証明するために行動調査を依頼するケースがあります。

もし、あなた自身も同様のことで悩んでいるのであれば、次に挙げる依頼内容に似たものがないか確認してみてください。

・嫌がらせの犯人を特定したい
近隣住民による嫌がらせや勤務先での嫌がらせの犯人を特定するために、行動調査の依頼を受けることがあります。

ストーカー被害の証拠が欲しい

待ち伏せやつきまとい、監視や尾行など、ストーカー被害に遭っていることを証明するために、探偵による行動調査で怪しいと思われる人物を調査することがあります。

企業による行動調査の依頼内容

行動調査は個人からの依頼だけでなく、企業から依頼されることもあります。

なぜならば、企業は多くの人材の採用や多くの取引先と業務提携をするため、できる限り人材リスクや企業間のリスクを避ける必要があるからです。

そういった企業からの依頼の中でも、よくある依頼内容を抜粋してご紹介します。

取引先の実態を知りたい

取引先が不正を働いていた場合や、万一反社会勢力と何らかのつながりを持っていた場合は、業務上の契約を交わすことで自身の企業が巻き込まれる形で不利益が発生する恐れがあります。

そのようなリスクを防ぐために、取引先の実態を知るための行動調査が利用されます。

従業員の普段の行動を確認したい

営業で外回りをしている従業員が仕事をさぼっていないかといったことや、横領など企業の不祥事に発展する問題を起こしていないかなどといったことを、従業員の普段の行動から調査します。

コンプライアンス違反がないかどうか調べたい

企業で働く際には、法令や規則を遵守して公正公平に業務を行うことが求められます。

そうであるにもかかわらず、コンプライアンス違反が発覚すると、社員個人だけでなく企業にも悪影響を与える恐れがあります。

そのため、コンプライアンス違反の疑いがある時などは、行動調査を行うことによって事態を把握するケースがあります。

探偵の行動調査の費用相場

探偵 行動調査 費用相場
行動調査のような個人調査は基本的に探偵に依頼することになります。探偵以外に証拠を素早く確実に残す仕事ができる人はいないからです。

行動調査の料金体系は探偵事務所によって様々であり、1時間単位で計算されるプランや、8時間パックや15時間パックなどがあるうえに、調査に必要な車両費や機材費などの必要経費がかかる場合もあるため、依頼内容によって行動調査の費用は異なります。

以上のことから、行動調査の費用相場はこれといった特定のものはないというのが実情ですが、次に挙げる調査者対象者の行動パターンを参考にすると、調査費用の目安になると考えらえます。

浮気を行動調査するパターン

浮気を行動調査する場合は、調査対象者の浮気の頻度で費用が変動することが考えられます。

例えば、毎日浮気を行っているのなら1日で証拠を掴むことが可能ですが、月に1度の浮気であればその分調査期間も長くなるため、依頼によって適した料金プランが異なります。

ただし、浮気が疑われる調査対象者は仕事帰りに浮気を行うなど、行動パターンが決まっているケースがほとんどなので、比較的短時間で証拠を掴むことが可能です。

従って、5時間パックを7日間などといった具合に見積もりを取るなどといった方法が考えられます。

内勤の会社員の行動調査をするパターン

内勤の会社員は勤務時間が決まっているので、比較的簡単に行動調査することができます。

このことから、行動調査期間を1週間と設定するなら土日などの休日を考慮して、勤務時間×5日間などといった見積りが考えられます。

営業マンの行動調査をするパターン

営業マンは勤務時間が不定であるうえに行動範囲が広いため、内勤の会社員よりも行動調査の難易度が上がります。

このことから1時間単位制の料金プランより、1時間の料金が比較的安く設定されている8時間パックなどの料金プランの方が、調査費用を格安に抑えられる可能性があります。

自営業の行動調査をするパターン

自営業の方は勤務時間も行動範囲も自由であることから、営業マンよりもさらに行動調査の難易度が上がるため、根気強く行動調査することが必要となります。

従って自営業の方を行動調査する場合も、営業マンの場合と同様にパック料金制の方が調査費用を格安にできると考えられます。

行動調査を格安にする、かつスムーズに進めてもらうポイント

行動調査を依頼する際には料金を格安に抑えるために、次に挙げるポイントを押さえることを推奨します。

また、このポイントを押さえることで調査の手間が省けるため、比較的スムーズに調査を進めてもらうことが可能になります。

調査対象者の基本情報を提供する

行動調査では事前に知っている情報が多い方が調査の手間が省けて、格安で効率的に情報を入手することができます。

このため、調査対象者の顔が分かる写真や氏名、勤務先など、知っている基本情報はできる限り多く伝えるようにしましょう。
この時に自分で調査しようとはせずに、覚えている範囲の情報を伝えていただくだけで十分です。

調査対象者の移動手段を伝える

行動調査では尾行が主な調査方法となるので、調査対象者が通勤する時は徒歩や公共機関を使うなど、移動手段を知っておくと効率的に調査することができます。

もし調査対象者が車を使用しているのなら、使用車両の車種やナンバーも伝えておくようにしましょう。

調査の開始場所や開始時間を決めておく

行動調査は調査対象者の行動パターンや依頼内容によって、調査の開始場所や開始時間が異なります。

例えば、勤務先から調査して欲しいといった依頼や、自宅周辺から調査して欲しいという依頼など、依頼内容によって調査の時間帯や調査の開始場所は様々です。

調査時間は調査費用に直結していることから、できる限り短い調査時間で済むようにすることが調査費用を格安に抑える秘訣です。そのため、探偵にアドバイスをもらいながら調査の開始場所や開始時間を決めておくと良いでしょう。

まとめ

配偶者や交際相手の浮気などの疑惑を晴らすために、アプリやスマートフォンの機能で解決しようとするのは得策ではありません。なぜなら、そのような手段は確実性に欠けるために情報収集が思うようにできないリスクや、調査対象者との関係悪化のリスクが高いからです。

このような理由から、行動調査は専門知識とテクニックを持っている探偵に依頼する方が、安全かつ確実に行うことができます。ただし、探偵による行動調査は、多くの日数と費用をかければ良いというわけではありません。

効率よく調査することができれば格安かつ、比較的短い期間でスピーディーに納得のいく結果を手に入れることが可能です。

そのためにも、探偵の費用相場や行動調査を格安にするポイントをぜひ参考にしていただき、探偵にスムーズに調査を行ってもらうことに役立ててください。

Top