探偵(興信所)の用語集

携帯メール(浮気メール)[意味/説明/解説]

探偵会社には「携帯の浮気メールは証拠になりますか?」という問い合わせがよくあります。その際に、浮気かどうかをメールで判定する場合には、「メール内容」、「メール回数(頻度)」で判断されます。そこに、浮気(交際)していると思われる内容、回数があれば証拠になります。

例えば、異性との普通のメールのやり取りだけでは浮気の証拠とするのは無理がありますが、メールの回数が多いとなると話しは変わります。

いくら、内容が普通でもやりとりの回数が多いとなると、それは相手との接触頻度が高いということで、交際しているという風にも取れます。そのため、浮気の証拠となる可能性があります。

また、内容が具体的に「好き」、「愛してる」、「次はいつ会える?」、「昨日はありがとう、楽しかった」など、浮気していると分かる内容であれば証拠の一つの材料として有力です。

但し、浮気かどうかの決定的な判断材料は性行為があったかどうかです。慰謝料請求の際もセックスの回数により請求金額は大きく変わります。

メール内に、性行為をおこなったと思われる文章があれば、それは十分な証拠となるでしょう。

こちらで浮気調査の携帯調査方法を解説しています。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ