探偵(興信所)の用語集

面取りとは[意味/説明/解説]

面取りとは、面を取るという事、すなわち顔の確認をするという意味です。

探偵は、特定の人物を追跡して調査をする事が仕事です。浮気調査や素行調査など、まず調査対象者の顔が分からないと追跡する事が不可能になります。

そのため、依頼主から写真を預かるとそれをしっかりと頭のなかに入れて記憶することから調査がスタートとなります。

探偵は尾行や張り込みの際に、多くの人が行き交う街中で対象者を追いかけるケースがあります。

その際には、この面取りからくる記憶を便りに調査することになりますので、記憶力というのは探偵にとって必要な能力と言えます。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ