探偵(興信所)の用語集

尾行とは[意味/説明/解説]

尾行とは、簡単に言うと人の後を「つける」という行為です。探偵会社に尾行を依頼した場合、探偵は調査対象者に気づかれないように慎重に後をつけて証拠を残します。

探偵にとって、尾行とは最も基本的な技術が必要であり、なおかつ重要視される技術でもあります。尾行の優劣は探偵として優秀かそうでないかの分かれ道と言ってもいいでしょう。

もし、調査対象者に尾行していることを気づかれてしまっては、調査自体が打ち切りになってしまう事もあります。そのため、調査対象者が用心深い場合には、複数の調査員が交代で尾行をするケースもあります。

さて、探偵は尾行をしている際に調査対象者の事を「マル秘」と呼んでいます。周りの人間に探偵同士の会話を聞かれてしまっても調査対象者をマル秘と呼ぶことで「この人は何者!?」等と怪しまれる心配が少ないのです。

まず尾行の基本は、前述したように対象者に「気づかれない事」です。また、対象者を「見失わない事」です。

調査対象者が尾行されている事に気づいている場合には、撒かれる可能性がありますが、気づいていないのなら、探偵の尾行技術なら見失うということはめったにありません。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ