探偵(興信所)の用語集

盗聴器発見器とは[意味/説明/解説]

盗聴なんて映画や小説の中だけの話だと油断していませんか?実は、あまり知られていませんが盗聴器は年間で30万個も販売されているのです。

誰でも簡単に手に入れることができて、それだけ利用してる人がいる機材なのです。

盗聴器と聞くとスパイ映画や警察の調査をイメージしますが、実際にはこの他にも様々な用途で使われていますし、悪用もされています。

代表的なのは、ストーカー、浮気調査、人物調査などでしょうか。

要するに、盗聴の被害者になる可能性は誰にでもあるという事です。もし、誰かに自分の行動が筒抜けになっているように感じたら盗聴されている可能性があります。

盗聴器を発見する方法はいろいろあるのですが、「盗聴器発見器」を使う事で家の中に仕掛けられている盗聴器を自分自身で見つける事が出来ます。

盗聴器発見器は、基本的に電波の出力が強ければ発見しやすいと言われています。反対に電波の出力の弱い物は盗聴器を発見しにくいという事になります。

盗聴器発見器には値段の安いものから高いものまでさまざまな種類があるのですが、あまり安いものでは上手く盗聴器を発見出来ない場合も多々あります。最低でも3万円から10万円程度の盗聴器発見器を選ぶようにすることです。

ホームセンターで売られている盗聴発見器はおもちゃのような代物が多いです。

確実に盗聴器の発見をしたいなら、自分で盗聴器発見を行わずに、探偵会社に盗聴器発見調査を依頼するのが一番だと思います。

こちらで探偵の盗聴器の発見を詳しく解説しています。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ