探偵(興信所)の用語集

探偵業法とは[意味/説明/解説]

探偵業法が施行されたのは平成19年の6月1日です。それまで、探偵会社は誰でも開業する事が可能でした。また、開業の届け出も一切必要ありませんでした。

探偵業務がそのように曖昧な位置付けだったこともあり、詐欺行為をする悪徳な探偵会社も数多く存在しました。もちろん、依頼主が詐欺に対して黙っている訳がないので探偵会社と依頼主との間でトラブルも頻繁に起こっていました。

探偵業法は、消費者保護の観点でこのような悪徳な探偵会社を無くすという目的により「探偵業法」が施行されました。

探偵業者の施行に伴い、いくつかルールが変更されましたが、最も大きな変更は公安委員会への届出制になったことです。

全国に支店を持つ探偵会社がありますが、この場合も各都道府県の営業所毎に公安員会に届出をする事が義務付けられています。

また、調査員に「教育の義務」が課せられるようになりました。これまで、人権侵害にあたるような調査員の行き過ぎた調査があったりしました。また、守秘義務を守らない調査員も多かったため、教育義務が徹底されるようになりました。

さらに、依頼主へ重要事項の書面での説明義務があります。調査内容や料金・見積りについて丁寧な説明が求められるようになりました。

「探偵業法」は探偵業の健全化という意味で、探偵会社にとっても依頼者にとっても良い方法に進んだ制度改革と言えます。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ