探偵(興信所)の用語集

守秘義務とは[意味/説明/解説]

守秘義務とは、その名の通り「秘密を守る義務」の事です。探偵に調査依頼をした場合には、必ず契約書に守秘義務の条項があります。これは、業務上知りえた依頼主や対象者の情報は決して外部に漏らさないということです。

依頼主にとっては、もっとも知られたくないプライベートな情報を探偵に伝えることになります。探偵にとっても、信用・信頼が調査ビジネスをする上で最も重要ですので、個人情報は厳重に管理されます。

守秘義務は徹底して守られますので、探偵に依頼したことにより、個人情報が漏れるということをあまり心配する必要はありません。

もし、万が一個人情報が漏れるようなことがあれば、それは守秘義務契約にも記載されていると思いますが、探偵に対して損害賠償請求ができます。

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ