どこからが浮気(不貞行為)と認められるのか?法律上有効な証拠を集めるために

どこからが浮気(不貞行為)と認められるのか?法律上有効な証拠を集めるために

「どこからが浮気だと思いますか?」という質問に、あなたならどのように答えますか。
異性と2人で食事に行ったくらいは「問題ない」と思う人もいれば、「2人で会った時点で浮気」だと思う人もいるでしょう。人それぞれ浮気に関する認識は異なります。

法律上では、浮気は「不貞行為(肉体関係を持つこと)」と定義されています。この不貞行為を証明できなければ、裁判では慰謝料を請求することが認められません。

裁判では、誰が見ても「肉体関係があった」とわかる証拠が必要になります。そのため、「浮気(不貞行為)となる行動」について知らなければ、浮気調査をしても証拠をつかむことができません。

ここでは、法律上、「どこからが浮気(不貞行為)になるのか」、そして「どのような証拠があれば裁判で有利に交渉を進められるのか」について解説していきます。

法律上の浮気(不貞行為)の定義

「どこからが浮気になる」という基準は人によって異なります。

「パートナーが異性と2人で会った時点で浮気」だと考える人もいると思いますが、これだけでは法律上、浮気とは認められません。

法律では「どこからが浮気(不貞行為)になるのか」という基準があります。

浮気(不貞行為)とは

法律上の定義では、不貞行為とは「配偶者(パートナー)以外の異性と肉体関係を持つこと」とされています。

パートナーがあなた以外の異性と肉体関係を持った場合、離婚や慰謝料を請求することができるのです。

「心の浮気」は法律では認められない

心の浮気は、法律では「浮気」とは認められません。

法律上、浮気と認められるのは、パートナーと浮気相手が「不貞行為を行った場合」です。そのため、裁判で争われる場合は「浮気相手と不貞行為があったのか、あるいはなかったのか」が問題になります。

「パートナーが浮気相手を本気で好きなのか」といった「心の浮気」については、問題になりません。気持ちの部分については、本人にしかわからない問題であって、裁判で証明することができないからです。

2人きりで仲良くデートしていても「浮気」とは認められない

パートナーが異性と「2人きりで仲良く」デートや食事をしていれば、裁判で「浮気」と認められると思っていませんか?

たとえパートナーと浮気相手が手をつないだり、ハグする写真や動画で撮影できたとしても、「不貞行為」にはあたらないため、法律上の浮気にはなりません。重要なのは、不貞行為(肉体関係)があったという証拠です。

【浮気(不貞行為)と見なされないケース】

  • 2人きりで食事やデートをしている
  • デート中に手をつないだり、腕を組んでいる
  • メールやLINEで親密な内容のやりとりしている
  • 合コンなどで不特定多数の異性と会っている

キスは不貞行為にあたらない?

「どこからが浮気になる?」と聞かれた場合、いくら心の広い人でも「異性とのキス」は浮気だと考えるでしょう。

キスをすることは「不貞行為(肉体関係)」と言えそうですが、「キスのやり方」によっては浮気(不貞行為)の証拠にならない可能性があります。

「やり方」次第では不貞行為の証拠にならない可能性も

「頬にキスをした写真」では、外国人が行うあいさつと見なされてしまう可能性が高く、不貞行為の証拠にはなりません。唇に軽くキスした写真であっても、「偶然口があたっただけ」と言い逃れができてしまいます。

パートナーが浮気相手と「長く濃厚なキスを何度もしている写真や動画」があれば、キスの後に性行為をしていると考えられるため、裁判でも有効な証拠となります。

裁判では「肉体関係の確実な証拠ではないが、肉体関係があったと推測できる」と判断できる写真や動画が必要になるのです。

浮気相手と「不貞行為」がなければ離婚や慰謝料請求はできない?

パートナーと浮気相手が不貞行為をしていれば、確実に離婚や慰謝料を請求することができます。

では、夫と浮気相手が「肉体関係を持たずに交際」していた場合、離婚や慰謝料請求はできないのでしょうか。

浮気相手との「継続的な交際関係」を証明できれば可能

不貞行為がなかったとしても、パートナーと浮気相手が「継続的に交際」していれば離婚や慰謝料を請求することは可能です。たとえば、

  • メールやLINEで親密なやりとりを半年以上続けている
  • 浮気相手と何度もデートや旅行をしている
  • 数か月に渡り、ビデオチャットなどでお互いの裸を見せ合っている

こういった場合、裁判所は「パートナーにせいで、夫婦の関係を続けることできない」と判断するでしょう。

パートナーと浮気相手の間に肉体関係がなくても「継続的な交際関係」があり、それをあなたが辛いと感じているのであれば、裁判で離婚が認められる可能性が高いでしょう。

離婚はできても慰謝料請求はできない可能性が高い

パートナーと浮気相手に肉体関係がない場合でも、裁判所が離婚を認める可能性があります。

この場合、慰謝料を請求することもできますが、その理由は「浮気(不貞行為)」ではなく、「夫婦関係を破たんさせたから」ということになります。慰謝料の額も、不貞行為の場合に比べて少なくなります。

裁判では不貞行為(肉体関係)がなければ浮気は認められないのです。

どのような証拠があれば裁判で有利に交渉が進められるのか

どのよう証拠があれば、裁判で離婚を認めてもらい、多くの慰謝料を請求することが認められるのでしょうか。

「不貞行為」があったことがわかる写真や動画が必要

法律上、「どこからが浮気?」という質問に対する答えは「不貞行為(肉体関係)があれば浮気」となります。

そのため、裁判で離婚や慰謝料を請求したいのであれば、「不貞行為の証拠」を集めなければなりません。下記のようなケースは、「不貞行為」があったと認められます。

【浮気(不貞行為)と見なされるケース】

  • 2人でラブホテルに出入りする
  • 異性と2人きりで同じ部屋に宿泊した
  • 異性の家に泊まった

このような写真や動画が撮影できれば、裁判を有利に進めることができます。

さらに、証拠写真を3枚以上集めれば、「継続的な不貞関係」を証明することができ、200万以上の慰謝料が認められるケースもあるでしょう。

法的に有効な証拠がなければあなたは「不利な立場」のままです

浮気(不貞行為)の証拠がなかったとしても、パートナーに対して「浮気してるでしょ!」と問い詰めることはできます。

問い詰めて浮気を認めてくれればいいですが、多くの場合「じゃあ証拠はあるの?」などと反論されてしまいます。あなたが一度でも浮気を疑えば、パートナーは今まで以上に慎重に行動し、徹底的に浮気(不貞行為)の証拠を隠滅するでしょう。

感情に任せて行動すれば、浮気(不貞行為)の証拠を1つもつかむことができず、慰謝料を請求することができなくて泣き寝入りする・・・という結果になりかねません。

1人で浮気(不貞行為)の証拠を集めることは困難な道のり

パートナーの浮気を疑っているのであれば、「言い逃れできない証拠」を集めなければなりません。しかし、1人で浮気調査をすることは大変難しいことです。

不貞行為の証拠を集めるために「するべきこと」はたくさん

裁判で、浮気があったと認められるためには、「不貞行為(肉体関係)があった事を証明しなければなりません。

不貞行為の証拠となる「ラブホテルなどを出入りする写真や動画」を撮影するためには、

  • 浮気相手と会う日を特定する
  • バレずにパートナーを尾行する
  • ラブホテルの前で何時間も張り込みをする
  • 夜であっても顔が鮮明に写っている写真や動画を撮影する

これらのことを1人で行わなければなりません。もちろん、パートナーに調査していることがバレてしまえば、台無しになってしまいます。

仕事や家事をしながら、不貞行為の証拠を集めることは不可能に近いのです。

プライバシーの侵害(違法調査)には要注意

浮気(不貞行為)の証拠を集めるためには、何をしてもいいわけではありません。

夫婦であっても、相手のスマホを勝手に見たり、鞄の中にICレコーダーを入れて盗聴すれば、プライバシーの侵害にあたります。

プライバシーを侵害して集められた浮気(不貞行為)の証拠は、違法な証拠と判断される可能性があります。違法だと判断されてしまえば、裁判で有効な証拠として認められないのです。

逆に、あなた自身がパートナーから「プライバシーを侵害した」として、訴えられてしまう可能性すらあるのです。「どこからが違法調査となるのか」は、素人で判断することは難しいでしょう。

浮気をするパートナーを冷静に調査することができますか?

法律上、浮気は「肉体関係がある場合」に限られてしまいます。

しかし、パートナーが隠れて他の異性と仲良くしている、と考えるだけで不安になるものです。その上、他の異性と肉体関係があるとわかったら、何も考えられなくなって、パニックを起こしてもおかしくはありません。

そんな精神状態の中、1人で冷静に浮気調査を続けることができるでしょうか。

不貞行為の証拠を集めるなら探偵に依頼するのが一番

不貞行為の証拠を本気で集めたいと考えているのであれば、探偵に浮気調査を依頼してください。

探偵は「どんな証拠」が法的に有効なのか熟知しています

探偵は浮気調査のプロです。探偵は「どんな証拠」を集めれば裁判で有効なのか、慰謝料請求を有利に進めるためにはどうすればいいのか、を熟知しています。

さらに、浮気調査を数多くこなしているため、離婚などの法律についても知識を持っています。だからこそ、浮気調査だけではなく、離婚や慰謝料に関する様々な相談も受けることができるのです。

まずは事実把握から始めませんか?

パートナーの浮気を疑っていれば、どこにいても精神的に休まることはないでしょう。こうした状態が続けば、体調を崩してしまい、仕事や生活にも影響が出てしまいます。

考えているばかりではなく、行動を起こして「事実をはっきりさせる」ことが一番です。どこから手を付ければよいのかわからないからこそ、探偵に浮気調査を依頼して、証拠を集めることから始めてください。

当サイトでご紹介している探偵事務所は、無料電話相談やメール相談を行っています。1人で疑ったり悩んだりするのではなく、まずは探偵にあなたの悩みをお聞かせください。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

原一探偵事務所
【業界トップクラスの圧倒的な浮気調査の実績】調査力、信用力が他の探偵とは違います。浮気調査専門の探偵チームが迅速かつ低料金で「浮気証拠」をご提出します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社MR
浮気調査5年連続国内No.1の探偵事務所です。配偶者の浮気で困っていませんか?「調査力」「調査費用」「サポート体制」ともに高い顧客満足度をご提供します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

HAL探偵社
配偶者の浮気・不倫問題は、1人で悩んでいても解決しません。まずはあなたのお悩みを聞かせてください。匿名での相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で浮気調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ