浮気をする妻の心理とは?女性の浮気は本気になりやすい

浮気をする妻の心理とは?妻の浮気は本気になりやすい

妻が浮気をする一番の原因は「夫や家庭への不満」です。妻は夫といても寂しさを感じ、満たされない心理状態にある時に、心の隙間を埋めるために浮気します。

そのため、女性の浮気は「心の浮気」と呼ばれ、浮気相手に本気になるケースが多いのです。夫が妻の浮気に気付いた時には、完全に気持ちが浮気相手に向いており、夫婦関係が破たんしている可能性があります。

ここでは、浮気をする妻の心理について解説していきます。

浮気をする妻の心理状態を知っていれば、妻の態度や行動の変化に気付きやすくなるでしょう。早めに妻の浮気に気付くことができれば、夫婦関係を修復することができる可能性があります。

離婚や慰謝料請求をすることになっても、浮気(不貞行為)の証拠を集め、有利に裁判を進めることができるでしょう。

どちらの場合にしても、浮気をする妻の心理状態を理解し、早めに対処することが肝心です。

浮気をする妻の心理

浮気をする妻の心理状態を理解できなければ、夫婦関係を修復することも、浮気(不貞行為)の証拠をつかむこともできません。

まずは、浮気をする妻の心理がどういう状態なのか知ることが大切です。

浮気をする妻は夫や家庭に不満がある

妻が浮気をする場合、「夫や家庭に不満がある」というのが一番の理由です。

たとえば、夫が仕事で忙しい、飲み会や趣味にばかり時間を使っているなどの理由で、妻とコミュニケーションが少なくなると、妻は夫に対して不満を持つようになります。

こうした不満が大きくなると、妻は「自分は本当にこの人と一緒にいていいのか・・・」といった心理状態になり、夫以外の男性に目が向いてしまうのです。

寂しい気持ちを紛らわしたい

浮気をする妻は、夫や家庭に不満を持っていると同時に「寂しさ」も抱いています。

夫は仕事で外にいるため、妻は家の中では1人で過ごすことが多くなります。残業や飲み会で夫の帰りが遅くなれば、1人で過ごす時間はさらに増えるでしょう。

家の中で1人家事をしていれば、孤独や寂しさを感じる時があります。妻が感じる孤独や寂しさは、外で働く夫にはなかなか理解できないでしょう。たとえ理解できたとしても、仕事をしているため、常に妻のそばにいてあげることはできません。

妻は、この寂しい気持ちを「何かで紛らわそう」という心理が働いてしまい、他の男性と浮気をしてしまうのです。

退屈な日常から抜け出したい

結婚した当初、夫に対して抱いていたときめきやドキドキは、時が経つとともに少なくなっていきます。

浮気をする妻は毎日、炊事、洗濯、掃除などの家事をこなすといった繰り返しに退屈しています。特に専業主婦の場合、自分の趣味や好きなことに使えるお金がほとんどないため、生活がマンネリ化しがちなのです。

マンネリ化した日常を抜け出して「刺激的な生活を送りたい」という欲求が、妻を浮気へと駆り立ててしまうのです。

自分の魅力を確かめたい

女性はいつまでも「魅力的でありたい」という願望を持っています。しかし、女性は結婚して家庭に入ってしまうと、家の中では「妻」や「母親」として見られることが多くなります。

すると妻は「自分は女性としての魅力がなくなってしまっているのではないか」と不安な心理状態に陥ることがあるのです。

そんな時に、自分の事を「1人の女性」として扱ってくれる男性が現れたとしたら、妻は喜びを感じ、恋愛の快感を思い出してしまいます。

女性の浮気は本気になりやすい

女性の浮気は「心の浮気」と呼ばれ、浮気相手に本気になってしまうことが多いのです。その理由として、

  • 家庭で感じる寂しさを埋めてくれるから
  • 夫への不満から浮気相手が魅力的見えるから
  • 退屈な生活に刺激を与えてくれるから
  • 1人の女性として扱ってくれるから

最初は本気でなかったとしても、夫に隠れながら浮気相手と重ねることで、楽しみに感じていき、忘れていた恋心を抑えきれなくなってしまうのです。

こうなってしまえば、全てを失ってでも浮気相手と結ばれたいといった心理状態になり、妻の浮気が原因で家庭が崩壊することもあるのです。

夫は妻の浮気に気づきにくい?

妻が浮気をしていれば、簡単に気づくことができると思っていないでしょうか。

実は、妻の浮気はなかなか気づくことができず、気づいた時にはすでに手遅れ・・・という場合も多いのです。

なぜ夫は妻の浮気に気づきにくいのでしょうか。

「自分の妻は大丈夫」だと過信している

「私たちの夫婦は仲が良いから、妻は浮気なんてするわけない」と思っていませんか?

自分の夫や家庭にまったく不満がない人はいません。あなたが仲良くしていると思っても、妻は人知れず様々な不満を抱えているのです。そうした妻の不満に気づいてあげられないことが、妻が浮気へと走る原因だと言っても過言ではありません。

妻が「おとなしい性格だから」といって安心もできません。こういうタイプの女性は、断り下手な人が多く、他の男性にアプローチされると押し切られてしまいます。

さらに、優柔不断なため、夫も浮気相手も傷つけたくないという心理が働き、結果として夫を裏切って浮気を続けることがあるのです。

妻が家のお金を管理しているため

夫が仕事をして、妻が家事全般を担っている場合、家計の管理は妻がすることになります。

そのため夫は、家計がどうなっているのかを把握しておらず、妻が浮気相手とデートするためにお金を使っていても気づきにくいのです。

たとえ夫の稼ぎから流用していなかったとしても、妻のパート代やへそくりから浮気するための費用を捻出している場合もあるので、安心できません。

妻は証拠隠滅を徹底している

妻が浮気をした場合、浮気の証拠隠滅をしっかりと行います。

女性は男性が気づきにくい「外見の少しの変化」や「香り」などに敏感です。だからこそ、男性では見落としてしまうような所まで気づくことができ、浮気がバレないように徹底的に証拠を消します。

さらに、浮気相手と連絡する時も、バレる可能性が高いLINEやメールは使用せず、無料でメッセージ交換ができるゲーム型アプリなどを使う場合があります。

もしあなたが妻のスマホを見たとしても、LINEやメールに浮気相手とのやりとりした形跡を見つけられない・・・というように、浮気の証拠が残らないように徹底しています。

浮気をしている妻の変化を見逃してはいけない

妻は浮気の証拠が出てこないように、徹底して証拠隠滅をします。そう簡単には、浮気の証拠をつかむことができないと思った方がいいでしょう。

しかし、浮気の証拠が見つからなくても、妻の様子や行動から浮気の兆候をつかむことができます。

外に出かける用が増える

妻がフルタイムで働いている場合を除けば、外出する用事が増えることは考えにくいことです。そのため、以前よりも妻の外出機会が増えたとしたら、浮気を疑った方がいいでしょう。

特に、出掛ける前に化粧に時間をかけたり、買ったばかりの服を着ているなど、外見に気を遣っていれば、浮気相手と会っている可能性は極めて高いのです。

妻がパートや仕事をしていれば、「休日出勤や残業を頼まれた」という口実で浮気相手とデートを繰り返しているかもしれません。

服装や化粧が変わる

女性は好きな人ができると、「相手によく見られたい」という心理状態になるため、おしゃれをするようになります。たとえば、流行のファッションやアクセサリーを取り入れたり、入念に化粧をするのです。さらに、下着を新しいものに買い替えることもあるでしょう。

今まで外見に無頓着だった妻が急におしゃれをし始めたのであれば、浮気していると言って間違いないでしょう。

夜の生活を拒むようになる

妻が浮気すると、夫との夜の生活を拒否するようになります。

夜の生活は、夫婦のコミュニケーションとして大切なものです。
妻が「体調が悪い」「そういう気分じゃない」などの理由を付けて性交渉を嫌がっている時は、浮気相手で性欲を解消している可能性があります。

夫婦喧嘩をしているなどの理由もないのに、妻がキスや手をつなぐことすら拒むなら、夫から気持ちが離れてしまい、他の男性を好きになっているかもしれません。

夫の予定を詳しく聞くようになる

これまでは夫の仕事や予定に関して、気にしていなかった妻が、夫の予定を詳しく確認してくるようになったら要注意です。

その場合、妻は浮気相手と会うために、夫の帰りが遅い日や出張の日を選んでいる可能性があります。

夫への態度が変わる

浮気をしている妻は浮気相手に気持ちが傾いているため、夫のことには無関心になりがちです。

たとえば、妻が次のような態度を示すようになったら、浮気をしている疑いがあります。

  • 夫に不平不満を言わなくなる
  • 態度がそっけなく目を合わさなくなる
  • 夫婦間の会話がなくなる

逆に、「夫への罪悪感」からこれまで以上に優しくなることもあります。浮気相手と恋愛気分を楽しむことで、心理的に満たされていると考えられます。

どちらにせよ、妻の態度に明らかな変化があったら浮気を疑ってみるべきです。

妻の浮気に気づいた時には手遅れかもしれない

あなたが妻の行動や様子の変化から、「浮気している」と気づいた時には、すでに妻は浮気相手に夢中になっているかもしません。

そうなってしまったら、夫婦の関係を修復することは難しくなります。浮気相手に心を奪われた妻が、再び夫を愛する可能性は低いでしょう。

慰謝料を請求するため、妻の浮気を調査しようとしても、「いつから浮気していたのか」、「浮気相手がどこの誰なのか」といったことを、一から自分で調べ上げることは簡単ではありません。ましてや、仕事をしながらでは不可能です。

妻の浮気について探偵に相談するべき理由

妻が浮気する時間は、昼間夫が仕事をしている時間です。昼間の時間に夫が浮気調査をすることは、仕事があるためできません。

何より妻の浮気の場合、浮気(不貞行為)の証拠を集めるのは簡単ではないのです。

妻が浮気している場合、証拠集めが難しい

夫は昼間仕事をしているため、妻が浮気相手と会うのは昼間の時間帯が多いです。夫は仕事がある以上、仕事を抜けて妻を尾行するわけにはいきません。そのため、妻は目撃される心配がないと考え、安心して浮気相手と会っています。

さらに、妻は家の中をよく把握しており、どこに浮気の証拠を隠せばバレないのかよくわかっています。夫は家の中を把握してないだけでなく、妻の持ち物にも無頓着のため、新しい妻のアクセサリーが増えているといった浮気の兆候に気づけない場合が多いのです。

自分で調査するのは肉体的も精神的にも辛い

妻の浮気を自分で調査しようと思っても、平日の昼間は仕事があるため、思うように調査できません。さらに、妻が休日に浮気相手と会っているのであれば、貴重な休みを1日潰すことにもなります。そこまでしても不貞行為の証拠がつかめるとは限りません。

妻の浮気(不貞行為)の証拠をつかむまでは、調査していることが妻にバレてはいけません。バレてしまえば、浮気(不貞行為)の証拠は見つけにくくなります。妻を問い詰めるなどはもってのほかです。

いくら調査しても、不貞行為の証拠が出てこないこともあるでしょう。愛する妻に裏切られたかもしれないという悲しみや怒りを抱えたまま、あなたは冷静に浮気調査を続けることができるでしょうか。

妻の浮気を疑っているあなたへ

「自分の妻が浮気している」と気づいても、状況証拠だけでは浮気(不貞行為)を証明することはできません。

一般的に、女性は男性よりも嘘をつくことがうまいと言われています。あなたが状況証拠だけで妻を問い詰めたとしても、シラを切られてしまう可能性が高いのです。

まずは事実関係を知ることから始めましょう

妻が浮気をしていても、やり直すのかあるいは離婚するのかは状況によります。妻とやり直す場合、妻がどんな心理状態なのかを把握する必要があります。

たとえ妻が夫以外の人と肉体関係を持ってしまったとしても、妻がまだ夫のことを愛していれば、関係をやり直せる可能性はゼロではありません。

やり直すつもりがなく、離婚や慰謝料を請求する場合は、妻が言い逃れできない浮気(不貞行為)の証拠を集めなければなりません。状況証拠だけでは、裁判で妻の不貞行為を証明することはできないからです。

まずは事実関係をはっきりさせる必要があります。妻の浮気を疑っている状態では、仕事にも集中できないだけではなく、家庭でも気が休まりません。

妻が浮気している場合、探偵なら浮気の証拠を必ずつかんでくれます

浮気をする妻の心理状態がわかっても、実際に浮気(不貞行為)の証拠を集めるのは簡単でありません。

妻の浮気(不貞行為)の証拠を集めたいのであれば、探偵に浮気調査を依頼するのが一番確実です。昼間仕事で調査ができない人こそ、浮気調査のプロである探偵に頼むべきです。

探偵はあなたに代わり、妻の行動を調査すると同時に、浮気(不貞行為)の証拠を集めてくれます。

「妻がまだ浮気しているとは限らないし、探偵に依頼するのは・・・」と思っているあなた。疑っているからこそ、気持ちをすっきりさせるために探偵に浮気調査を依頼すべきなのです。決して自分1人で悩まず、探偵に相談をしてみてください。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

原一探偵事務所
【業界トップクラスの圧倒的な浮気調査の実績】調査力、信用力が他の探偵とは違います。浮気調査専門の探偵チームが迅速かつ低料金で「浮気証拠」をご提出します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ