浮気調査にかかる期間と平均日数はどれくらい?

パートナーが残業で遅くなる日が増えた、休日1人で出掛けることが増えたなどがきっかけで、浮気を疑っているあなた。一度浮気を疑ってしまったら、パートナーが仕事に行っている時はもちろん、スマホを触るなどの何気ない仕草も気になってしまいますよね。

自分で調べても浮気の証拠は見つからず、どうしていいかわからない・・・そんな時は、探偵に浮気調査を依頼しようと考えるでしょう。

ただ、探偵に浮気調査を依頼しようと思っても、調査がどれくらいの期間かかるのかわからない方は多いはず。浮気調査を依頼するということは、人生で何度も経験することではないため、わからないのが普通です。調査期間が長くなれば、その分料金も高くなるため、できるだけ短期間で調査を終えたいものですよね。

ここでは、浮気調査にかかる期間と平均日数、目的別に見る調査の期間と内容、探偵に依頼する前に自分でしておくべきこと、について解説していきます。

浮気調査の期間と平均日数

浮気調査の期間は、探偵に浮気調査を依頼してから、浮気調査が完了するまでのことで、調査をしない日も含みます。調査期間の間、探偵は対象者と浮気相手に関する情報を収集していきますが、期間中に毎日調査するわけではありません。その理由は、浮気相手と会う回数は、1週間に1回、月に3~4回という場合が多く、毎日会うわけではないからです。

平均日数は、実際に調査をして、不貞行為の証拠を見つけるまでにかかる日数のことです。調査期間中、不貞行為の証拠を見つけるまでの平均日数は5日です。5日調査すれば、不貞行為の証拠を最低1つ見つけることができるということです。

浮気調査の期間は目的によって変わる

浮気調査の期間は、目的によって変わります。目的が定まらなければ調査方針が立てられず、どの程度の調査をしたらいいのかわからないため、無駄に調査期間を延ばすことになりかねません。

浮気の有無を確認するだけであれば、一度でもラブホテルに出入りする写真を撮影できれば調査終了のため、期間は短くなります。

一方、離婚や慰謝料請求を考えている場合、裁判になった時に有利に進められるよう、不貞行為があったという証拠を複数そろえる必要があります。ただし、同じ日に撮影された写真が複数あっても意味がありません。別の日に撮影されたものでなければ、裁判の証拠としては不十分なのです。

浮気の有無を知りたい場合

浮気調査を依頼する方の中には、「パートナーが浮気をしているのかあるいはしていないのか、はっきりさせたい」という方がいます。この場合、対象者が浮気相手と1回でもラブホテルに入る写真や動画を撮影できれば調査終了になるため、調査期間は1週間、不貞行為の証拠をつかむまでの平均日数は3日と、短期間で終える場合が多いです。

パートナーの行動記録や浮気相手とのLINEのやりとりなどから、会う日が特定できていれば、1日で調査を終了することができます。費用も10万円以内におさまったというケースもあります。

離婚・慰謝料請求をしたい場合

調査の目的が離婚や慰謝料請求の場合は、より多くの調査が必要になります。その理由は、浮気相手と「継続的な肉体関係がある」という証拠を3つ以上集めなければならないからです。

たとえば、浮気相手とラブホテルに入る写真を1回撮れたとしても、パートナーは「酔った勢いで、一度だけ肉体関係を持ってしまった」と言い逃れすることができます。裁判でも、1回の不貞行為の証拠だけでは、離婚はほとんど認められません。

継続的な不貞行為を決定づける証拠が3つ以上あれば、パートナーも言い逃れができず、裁判で離婚が認められます。

こういった調査では、調査期間1~3か月、平均日数は2~4週間となります。

浮気相手にも慰謝料を請求できる

パートナーだけではなく、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。その場合、浮気相手の情報(名前、年齢、住所、勤務先など)が必要です。

さらに、浮気相手が「対象者が既婚者と知っていたのか」「性交渉を積極的に楽しんでいたか」という情報も集めましょう。これらの情報は、慰謝料額に大きな影響を及ぼします。そのため、浮気相手が言い逃れできないような写真や動画の証拠を集める必要があるのです。

探偵の調査報告書は裁判で有力な証拠になる

探偵は調査終了の証として、調査報告書を作成します。調査報告書は、「誰が、いつ、どこで、何をしたのか」が写真付きで詳細に書かれています。

この調査報告書は、裁判で不貞行為の証拠として使うことができます。離婚や慰謝料請求を有利に進めるためは、この調査報告書で浮気の実態が詳細に記されていることが重要です。

調査期間を短くするため、探偵に浮気調査を依頼する前にやっておくべきこと

浮気相手の情報が何もない、会っている頻度などが全くわからないといった場合、探偵も一から情報収集をしなければならず、調査期間は長くなってしまいます。

調査期間が長くなれば、費用がかかるだけではなく、対象者に調査を行っていることがばれる可能性が高くなります。

浮気に関する情報を収集する

浮気調査の期間を長引かせないためにも、自分で浮気に関する情報を集めておくことが大切です。具体的に調べるものは、

  • スマホのメールや通話履歴
  • パソコンの検索履歴
  • 財布の中のレシート
  • クレジットカードの明細・WEBで取引履歴

これらを調べることで、浮気相手の情報(名前、年齢、住所など)や次に会う予定などがわかることがあります。情報があれば探偵も調査がしやすくなります。さらに、パートナーと浮気相手のメールやLINEのやりとりは、裁判でも重要な証拠となります。

しかし、自分で情報を集めようとすれば、パートナーにばれる可能性があるので気をつけてください。浮気を疑っていることがパートナーにばれてしまえば、警戒されてしまい、探偵に依頼しても浮気の証拠をつかみにくくなります。

情報収集を行う際は、下記の記事を参考にしながら慎重に行ってください。

自分で情報収集をすることで、探偵への依頼時に調査してほしい日を具体的に伝えられるだけでなく、調査期間を短くすることでき費用をおさえることができます。

パートナーの行動をチェックし、記録しておく

調査期間を短くするためにも、調査を依頼する前にパートナーの行動を記録に残しておきましょう。たとえば、

  • 残業で帰りが遅い日や曜日がある
  • 会社の付き合いや友人と遊びに行くことが増えた
  • 休日に1人出掛けることが増えた

遅くなる曜日や出掛ける日時が事前にわかっていれば、それに基づいて調査を行うことができます。些細なことでも、パートナーの様子や行動で気になったことは、記録しておくべきです。記録から浮気相手と会う時間や場所を絞り込むことができるからです。

成果条件を決めておく

探偵に依頼する前に、浮気調査の成果条件を決めておきましょう。たとえば、1度でも浮気相手と不貞行為をしたという写真や動画を撮れば十分なのか、離婚・慰謝料請求をするため、継続的な不貞行為を決定づける写真や動画が必要なのか。

探偵に依頼する時に成果条件をはっきり伝えることで、調査しやすくなり、必要な期間が具体的になります。

はっきりとした調査期間が知りたい方へ

浮気調査は個々のケース・目的によって期間が異なります。はっきりとした調査期間が知りたい方は、無料相談を行っている探偵に相談してみましょう。

探偵に調査の目的や成果条件、パートナーや浮気相手の情報を伝えれば、調査にかかる具体的な期間だけでなく、費用も教えてくれます。

まだ調査目的が決まっていないという場合であっても、安心して相談してください。調査員があなたの現状を把握しながら、わかりやすい言葉で丁寧に聞き取りをしてくれます。ぜひ一度相談してみてください。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

原一探偵事務所
【業界トップクラスの圧倒的な浮気調査の実績】調査力、信用力が他の探偵とは違います。浮気調査専門の探偵チームが迅速かつ低料金で「浮気証拠」をご提出します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ