浮気調査で離婚慰謝料を有利にする

離婚の理由が夫(妻)の浮気が原因であり、夫(妻)に非がある場合には慰謝料を請求することが可能です。但し、浮気の場合には明確な離婚理由となる証拠が必要になります。

浮気調査の目的は、この離婚慰謝料を請求するためという人も少くありません。

配偶者の不貞行為とは

民法770条では離婚するためには以下の原因が無い場合には認められないとされています。
(夫婦間で話し合って離婚を決める協議離婚は別として)

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

浮気の場合には1の「不貞行為」に該当しますが、この不貞行為を立証するためには明確な証拠が必要になります。ここで言う不貞行為とは浮気における「肉体関係の有無」です。

キスは不貞行為にならないのか

例えば、「頻繁にデートをしていた」、「手をつないで歩いていた」、「キスをしていた」などの証拠写真があったとしても、離婚理由となる不貞行為の証拠にはなりません。

「キスをしていた」ことが不貞行為にならないとは、意外な気もしますが、その理由は「恋愛感情は無いけど何となくキスをした」、「偶然ぶつかってキスをしてしまった」など言い逃れができてしまうためなのです。

キスをしていた写真を不貞行為の証拠としたいならば、日付が違うキス写真がたくさん必要です。また、その他に性交渉を持ったことが分かる浮気証拠が必要になります。

慰謝料請求するための不貞行為の証拠

前述の通り、離婚理由が浮気で慰謝料請求する場合には、肉体関係を持ったという事実がはっきり分かる証拠が必要です。

例)
・ラブホテル、シティホテルに2人で出入りする写真、動画
・肉体関係を持ったことが分かる音声
・肉体関係を持ったことが書かれたメール

上記の中でも、ラブホテルに出入りする写真・動画が最も高い証拠になります。これが1つだけでなく、違う日の写真・動画いくつか存在すればさらに有力です。

*浮気相手の家に出入りする写真や動画も証拠としては弱いです。ラブホテルと違って家で性行為がおこなわれるかは分からないためです。

浮気調査で高額慰謝料を

離婚と言うのは重い決断です。例え、それが夫(妻)の浮気が原因であってもです。今までの生活を変えなくてはなりませんし、特に女性の場合は経済力が不安定になります。

子供がいる場合は養育もしなくてはなりませんのでお金が必要です。当然、慰謝料や養育費は少しでも多く貰いたいものです。

そのため、離婚を決意したら探偵への調査費用が掛かっても、離婚調停のために証拠固めをしなければなりません。

一般的に離婚の慰謝料の平均額は120万円~240万円ぐらいと言われています。金額の開きが倍ほどありますが、これは配偶者の年収や資産などによるものです。

よく芸能人やプロ野球選手の離婚慰謝料が数億円から数十億という話しがニュースで報道されますが、これは稼ぎや資産、有名人の元妻という知名度が加味されてのものです。

もし、あなたの夫が高収入であれば多くの慰謝料や養育費が貰えるという事になります。
また、夫がたとえ低収入でも、離婚訴訟で勝てば毎月の給料から一定額を養育費、慰謝料として支払わせることが可能です。

浮気相手への慰謝料請求

慰謝料とは、相手の行為により被った精神的被害・肉体的被害に対する請求ですので、配偶者の浮気相手に対しても慰謝料請求はできます。

この場合、浮気相手と配偶者の関係性により金額は変わってきます。また、浮気相手の資産や収入、浮気相手の配偶者の資産や収入によっても変わります。

●慰謝料を多く取れる例

  • この浮気が原因で離婚になった
  • 浮気相手が積極的に夫に交際を求めた
  • 浮気相手が資産家

●慰謝料が少なくなる例

  • 離婚にならなかった
  • 浮気相手が専業主婦で収入がない
  • 浮気相手が資産家
  • 浮気相手の配偶者が低収入で資産がない

気を付けたいのが、自分の夫が浮気相手の女性対して積極的に交際を求めた結果の浮気の時です。この場合は、逆に浮気相手の夫からあなたの夫に慰謝料請求される可能性があります。

もし、あなたが夫と離婚しない場合には、家計に大きなダメージを受けることになります。

しかし、浮気している双方がデートを楽しんでいる写真や連れ立って何度もラブホテルに入店している写真があれば、浮気相手の女性も浮気行為を楽しんでいることになりますので、相手方からの慰謝料請求は回避できます。

いずれにしても、浮気相手への慰謝料請求は、相手の配偶者と訴訟対決になるということも覚悟しておかなくてはなりません。

相手方と揉める可能性が高ければ、まずは浮気相手方の身辺調査も必要ですし、いち早く浮気調査をおこなって、夫の浮気相手にも非があることを証明する証拠を残しておく必要があります。

浮気調査で離婚慰謝料交渉を有利にする

浮気調査のメリットは、離婚するにしても復縁するにしても証拠があることで自分に有利な解決が図れることです。離婚慰謝料を多くもらいたい場合には、夫の不貞行為を立証する確実な証拠を残すことが有利な離婚交渉となるのです。

探偵リンクでは、浮気調査に強く離婚交渉のアドバイスやサポートまでできる探偵を紹介しています。無料相談ができますので、一度電話で相談してみませんか。

多くの人の問題や悩みの早期解決のため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
浮気調査に関する記事

あらゆる調査に実績のある探偵・興信所

東京探偵社AI
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

探偵さがしのタントくん
あなたのやりたい調査に合わせて優良な探偵を無料で紹介します。匿名での相談もOKです。個人情報が漏れることは無い安心システムなので利用者も急増中です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
総合探偵社TSは浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ