浮気調査を格安にする探偵事務所との賢い交渉術

探偵事務所に浮気調査を依頼したい方にとって、最も心配なのは料金ではないでしょうか。

大丈夫です。浮気調査の料金を格安にする方法はあります。オススメしたい方法が、優良な探偵事務所の絞り込みと、無料相談システムを上手に活用することです。

これを実行すれば、たった1回だけの浮気調査で、しかも短時間で調査が完了できるでしょう。探偵事務所との賢い交渉術と、浮気調査を格安料金にする隠れたテクニックをご紹介します。

浮気調査したいなら遠慮せずに探偵に相談すること

「浮気調査したいなぁ…」と思っても、多くの人が探偵事務所に依頼することをためらいます。探偵にうかつに相談すると「個人情報をバラされる」「強引な営業をかけられる」など、トラブルを心配する声がよく聞かれます。

悪質な探偵にダマされないかと心配する気持ちはよく分かります。しかし、悪質な探偵商法はひと昔前の話しです。

2007年に探偵業法が施行されてからは、探偵として営業活動をするためには、監督官庁である警察への届け出が必要になりました。そのため、悪質な探偵事務所は、ほぼ一掃されました。

今では、一般企業と変わらない健全経営をモットーにする探偵事務所も多くなりました。そのような、事務所なら依頼人の希望に沿って調査をしてくれるでしょう。格安で浮気調査をしたいなら、いくつかの探偵に相談してみることをオススメします。

探偵事務所を絞り込んでいく方法

さて、ここからは本題の「探偵事務所の絞り込み」「格安料金」で探偵に依頼する方法です。優良な探偵事務所を絞り込んで行きましょう。

探偵事務所の料金表のチェック方法

浮気調査の料金を格安にするためには、探偵事務所の料金システムについて理解しておく必要があります。

探偵事務所の料金はほとんどが「調査員×調査時間」で算出します。一般的に1名(1時間)の基本料金は15,000円が多いようですが、これよりも低く金額設定している探偵事務所もあります。1時間あたりの基本料金も安いに越したことはありませんが、そこにばかり目を取られてはいけません。

【探偵事務所の料金のチェックポイント】

  • 初期費用の有無(高くないか)
  • 見積り金額以上の追加料金がないか
  • 機材費(車、バイク、光学カメラ、GPSなど)も料金に含まれるか
  • 実費(交通費、調査報告書など)も料金に含まれるか

また、依頼者にとってベストな料金形態が「後払い制(成功報酬)」ではないでしょうか。明瞭な料金形態で、「機材費・実費も込み」、「追加料金なし」、「成功報酬」という3つが、料金を格安にする方法です。

探偵事務所によっては、この3つをクリアしていない事務所も多いですが、交渉すれば可能になることもあります。探偵も商売ですので、お客さんから相談を受けたら、料金の条件を変えてくれる可能性がありますので、遠慮せずに聞いてみることです。

探偵事務所はどこも24時間、365日無料相談ができる

ほとんどの探偵事務所が、24時間、365日、電話、メールで無料相談ができます。個人事業主の探偵ではなく、調査員が数名以上いる会社ならば、必ず交代で調査員が待機していますので、深夜や休日であっても、気軽に相談にのってくれます。

ですので、優良な探偵事務所を絞り込むための最初の一歩として、いくつかの探偵に電話相談して、当たりをつけておくと良いでしょう。

優良な探偵事務所とは?

ここで、優良な探偵事務所の定義をしておきます。それは以下のような事務所です。

  • 公安委員会(警察)に届出済
  • 営業年数が長い
  • 明瞭な会計システム
  • 誠実な営業スタイル

このような「会社の信用」「料金システム」も優良な探偵の目安ですが、それとともに、重要になるのが「高い調査力」です。

いくら調査料金が格安であっても、肝心の調査能力が低ければ「再調査」が続いて料金は跳ね上がります。また、最悪のケースでは「浮気調査していることが対象者にバレる」ことだってあり得ます。

優良な探偵事務所の見極め方
しかし、調査力が高いかどうかは、外部の人間には分かりません。ネットの口コミ情報や評判などをチェックする人もいますが、探偵が自作自演で書いている可能性があるためオススメできません。

ですので、まずはいくつかの探偵事務所をピックアップして、前述したように無料の電話相談を利用してみることです。そして、電話対応、事務所の説明などを聞いてみて、ピンときたら面談に行ってみることです。

探偵事務所を訪問時に確認すべきこと

訪問したら、公安委員会に届出済のチェックと事務所に実態があるかのチェックです。事務所の内観は、その会社の社風を表します。清潔でシンプルなオフィスなら合格点です。

また、料金システムについての説明を受けるとともに、「調査報告書」をサンプルとして見せてもらうと良いでしょう。

「浮気の証拠」である、画像や動画がどのようなものかが分かります。また、探偵の調査に関する「考え方」や「こだわり」などの話しを合わせて聞くことができるからです。

探偵事務所との賢いコンタクト方法

良い探偵事務所だと思っても、必ずしもその場で契約する必要はありません。もちろん、「調査を急いでいる」「信用できそう」「料金も格安」ということなら、契約しても問題ないでしょう。

浮気調査を格安料金にするためには、その場では、探偵の調査の考え方や実績などを聞くともに、料金システムについて理解しておけばそれで良しです。ただし、料金について不明瞭な説明があれば、しっかり聞いておきましょう。

料金で聞いておくべきポイントは、以下の5つです。

  1. 調査員1名あたりの料金
  2. 追加料金のある無し
  3. 実費は料金に含まれるか
  4. 成功報酬(後払い)は可能か
  5. 何名で調査するのか

依頼者に求められること

浮気調査の料金を格安にするためには、依頼する側にも求められることがあります。それは、浮気する日時を高い角度で予測することです。

夫(妻)の「普段の言動」「スマホの履歴」などを調べて、浮気する日時について目星をつけておかなくてはなりません。浮気現場が分かれば尚良しです。

ここで浮気している日の読みを誤ってしまうと調査は無駄になります。料金も余計にかかってしまいますので注意が必要です。

浮気調査を格安で実行するための条件

さて、浮気する日の確証が取れたら、次は目星をつけておいた、いくつかの探偵に再度のコンタクトです。

調査日の前日にでも、探偵に以下のようなコンタクトメールを出してみると良いでしょう。

「明日の○○時頃から、夫が浮気する可能性が高いので見積りが欲しい、他の探偵と比較したいので格安料金を希望します。まずはメールにて返信が欲しい…」

このようなメールが来たら、探偵事務所も目の前にある仕事を放っておくことはありません。証拠が確実に残せる状況なら、料金も値下げする可能性が高いでしょう。

ひんぱんに営業電話がかかって来ることもありませんので安心です。

そして、メールでそれぞれの探偵事務所の見積りを確認して、最も条件が良い探偵事務所を再度訪問して契約書にサインすればOKです。

あらかじめ浮気調査をする日が分かっていれば、調査は1回で、しかも短時間で完了する可能性が高いでしょう。

仮に調査時間を5時間、探偵3名、1時間10,000円としても、15万円という格安料金で確実な証拠が得られます。

まとめ

浮気調査を格安にする方法はご理解頂けましたか?

繰り返しますが、浮気調査を格安料金にするポイントとなるのは、優良な探偵をいくつかピックアップすること、夫(妻)が確実に浮気する日の目星をつけることです。

探偵事務所の料金は、調査回数が増えれば増えるほど料金が高騰します。ですので、探偵に相談する前に、できるだけ自分で証拠を集めて浮気調査をすることです。

優良な探偵事務所探しなら、探偵リンクで紹介する事務所なら安心です。お気軽に電話相談してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ