既婚者の浮気のきっかけで職場不倫が多い理由

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。

夫(妻)が不倫しているかもしれない!?…そんなときにまず知りたくなるのは「浮気相手は誰か」「浮気のきっかけ何か」の2点ではないでしょうか。

「どこで、どのようにして出会ったのか?」「何がきっかけで夫(妻)が浮気に走ったのか…」浮気の事実を知りたい気持ちは、ますます強くなります。

実は、既婚者の不倫が始まるきっかけとして最も多いのが「職場不倫」によるものです。大人になると異性との出会いの場が少なくなるものですが、職場はある意味“出会いの宝庫”と言えます。

どんな職場で不倫が起きやすいのか?夫や妻が職場不倫している場合の適切な対応方法について解説します。

夫や妻の浮気は、まずは職場不倫を疑うべきである

「職場恋愛」、「職場結婚」という言葉もある通り、会社の中はある意味、男女の出会いの発展場ということが言えます。

職場が同じならば、ほぼ半日近くをオフィスの中で一緒に過ごすことになります。しかも、会社という同じ共同体の一員として、同僚、先輩、後輩という強い関係性が生まれますので、自然と親密になるものです。自分好みの魅力的な異性がいたなら、相手が既婚者であっても強く興味を持つというものです。

気になる存在だった同僚や部下と、いつの間にか深い関係に発展しやすいのが「職場不倫」です。そのため、配偶者が浮気している…と感じた場合には、まずは職場に不倫相手がいないかを疑う必要があるのです。

職場不倫に発展するきっかけは?

職場不倫に発展するきっかけとして多いのが、飲み会や社内レクリエーションなどです。アットホームな会社では社内行事も多いため、そこで働く男女が恋に落ちるケースはよくあります。

どんなケースで職場不倫に発展するのか見ていきましょう。

働く部署が同じ

働く部署が同じで毎日顔を合わせていると、相手の家族の事情や生活の変化なども分かるものです。同僚や後輩女性が「最近、元気がない…」「悩みを抱えていそう…」という時に、先輩男性が相談を受けているうちに親密な関係になるというのはよくある話しです。

女性が幸せオーラを出していれば男性もアプローチするのを控えるものですが、タイプの女性が不幸せそうなら、下心を持った男性なら近づこうと考えるのは普通です。

また、逆に先輩の既婚男性が結婚生活に悩みを抱えているようなら「略奪したい」と考える肉食の独身女性もいます。男女関係はある意味、需要と供給ですので、同じ職場の中でその“自由恋愛”のタイミングがピタリと合えば不倫は起こりやすいということが言えます。

飲み会が多い

会社の飲み会は、お酒の勢いもあってオープンにいろんな話しができますのでお互いのことを深く知るきっかけになります。特にお酒が好きな男女ならすぐに意気投合することでしょう。例え既婚者であっても、お酒が好きで気が合うなら「次回はプライベートでも飲みに行こう」となるのは自然な流れです。

実際に飲み会が多い会社はありますが、夫(妻)が「今日は会社の飲み会だ」と言って頻繁に帰宅が遅くなるようなら、「不倫相手と親密になっている」、「こっそり二人で会っている」という可能性は高いかもしれません。

レクリエーション活動が多い

社内活動が活発な会社の中には、「勉強会」、「研修会」などがあります。また、社員同士で週末にバーベキューをしたり、社員旅行をしたりとレクリエーションやイベントが多い会社もあります。

そこで、一緒に企画をしたり、買い出しに行くなど、連絡を取り合ううちに一体感が生まれて、そのまま不倫関係に…ということもよくあります。

また、夫(妻)が「今日は社外活動だ」と言って出かけたけど、実は不倫密会していたという可能性は否定できないでしょう。

どんな職種に職場不倫は多いのか?

職場不倫に発展しやすい業態・職種というものがあります。コミュニケーションが活発な営業系の仕事や、上司と部下が密接に連携するような仕事は不倫に発展しやすい職種と言えます。

あなたの夫や妻が働く会社は該当しないでしょうか?

営業系の仕事

営業系の仕事でよくあるのが、男性の営業マンと女性の営業アシスタントの不倫関係です。上司と部下、あるいは先輩と後輩という関係により男性がリードしているうちに不倫関係に発展するということがあります。また、これは男性社員と派遣の女性という立場でもよくある話です。

営業系の男性は押しが強い人が多く、女性も押されるがままに関係を受け入れてしまうというパターンがよくあります。また、営業系の仕事は総じて飲み会も多いため、そこでお酒を通じて親密な仲になるというのはよくあります。

妻が働いている会社が、広告代理店、不動産会社、販売会社など、男性が多い営業系の会社なら不倫には要注意です。

クリエイティブ系の仕事

クリエイティブ系の仕事は才能を持つ人が尊敬の対象になります。デザイナー、建築家、編集者など、才能豊かな人なら、既婚男性であっても構わないという独身女性は少なくありません。

また、お互いの仕事の実力を認めあった既婚者同士がダブル不倫に発展するというのもよくあるパターンです。

医師、弁護士など上下関係がはっきりしている仕事

職場で上下関係がはっきしている仕事も不倫関係に発展しやすいと言えます。立場が上の男性から誘われたら部下である女性はなかなか断りにくいものです。

それで言うと、医師と看護師、歯医者と歯科衛生士、パイロットとキャビンアテンダントなどはそれに該当します。また、妻の不倫相手の弁護士に恨みを持った男がその弁護士の急所を切り落とすという事件がありましたが、弁護士と事務員(パラリーガル)というのもよくある不倫のケースです。

また、零細企業のオーナー社長と経理の女子社員の不倫というのも定番です。

職場不倫する夫と妻

では、どんなタイプの男女が職場不倫しやすいのでしょうか?もし、あなたの夫や妻が以下のようなタイプなら疑ってみるべきかもしれません。

職場不倫しやすい夫

真面目な男性なら不倫という一線は超えないものです。職場不倫をする男性は概ね女性大好きの好色家です。また、相手を食事に誘うのは男性からのアプローチが一般的です。ですので、積極的で女性好きというのがキーワードと言えるでしょう。

【職場不倫しやすい夫】

  • 社長、管理職など社内で権力を持っている上司
  • 好色家(不特定多数の女性とのセックスが好きなタイプ)
  • 女性心をくすぐるような甘えん坊タイプ
  • おしゃれでイケメンタイプ

職場不倫しやすい妻

女性の場合には専業主婦以外なら誰でも職場不倫におちいる可能性はあります。パートや派遣、契約社員など勤務日数が少なくても、魅力的な女性を男性は放っておきません。

例え既婚女性であっても、社内にいる男はあなたの妻を女として見ています。女性的な魅力を兼ね備えている人に対してはいろんな男たちがアプローチしてくるものです。既婚女性も「夫婦生活がうまくいってない」「夫へ不満がある」という状態なら、社内の男性からの誘いに乗るというケースは珍しくないでしょう。

【職場不倫しやすい妻】

  • 若々しい容姿
  • よく気がつくタイプ
  • 男好きするタイプ
  • 魅力的な肉体を持つタイプ

夫(妻)に職場不倫の疑いがあればどのような対応が良いのか

夫(妻)が職場不倫していたとしたら我慢できないものです。本人を直接問い詰めて浮気を白状させるというは最も手っ取り早い方法です。

しかし、感情的な対応を取ることが不適切な場合があります。それぞれケースごとに見ていきましょう。

やってはいけないこと-会社に訴えかける

本人に不倫を問い詰めるのは結構ですが、感情的になって職場に押しかけたり、電話したりするのはイケません。配偶者は会社の中での立場が悪くなりますし、不倫相手からも恨みを買うケースもあります。

また、配偶者のほうが不倫に積極的だった場合には、逆に不倫相手の配偶者から慰謝料請求されることも考えられます。不倫の全容が分かるまでは軽率な対応を取るのは避けたほうが良いでしょう。

やってはいけないこと-そのまま見過ごす

職場不倫していることに気づいている人の中には、「まぁ、そのうち別れるだろう」「もう少し様子を見よう」と解決を先延ばしにする人がいます。しかし、その行為はリスクが伴います。不倫カップルの関係がどんどん深まっていく可能性があるからです。

特にダブル不倫で熱を上げるのはどちらかというと男性側です。また、男性は既婚者で女性は独身という場合には、女性の方が入れあげるケースもよくあります。いずれにしてもそのまま見過ごすことで、絆が深まって別れないということにつながります。また、その二人の間に子供ができてしまったら取り返しが付かないことになります。

やるべきこと-身元調査

不倫相手が誰で、どういう人なのかを身元調査するのは有効な方法です。特に不倫相手も既婚者なら、相手にも妻や夫がいるはずです。「家族構成」、「住んでいる場所」、「職業・収入」など、相手の情報をいち早く知ることでいろんな対策を練ることができます。

相手側にも慰謝料請求する場合には、これらの身元調査の情報が有効になります。

やるべきこと-浮気調査

浮気(不倫)されたあなたは被害者です。もし、配偶者との夫婦関係が冷めている、愛情が無いという場合には、「離婚する」、「慰謝料請求する」のは、あなたの権利でもあります。

職場不倫していることが分かったら、まずは自分で浮気調査をすることが大切です。可能な範囲で浮気の証拠を集めて、それらの情報を探偵に託せば、低料金で浮気調査が実行できます。

その証拠を「離婚や慰謝料の材料として使う」「復縁するために使う」のは、もちろん自由です。ただし、どちらの手段を選ぶにしても、思い立ったら早めの行動が良いでしょう。なぜなら、配偶者の方から別れを切り出してくる可能性があるからです。

不倫の全貌をいち早く抑えて、さらに不貞行為の証拠という法的に絶対有利な情報を集めるためには探偵に依頼するのが最も確実な方法です。

配偶者の職場不倫でお悩みなら、探偵リンクで紹介するような優良な探偵会社へ相談してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ