警察OBがいる探偵会社なら浮気調査を相談しても安心なのか?

探偵会社の中には「警察OB・警察OG」の人たちが調査員として働いている会社があります。浮気調査では、どこの探偵会社に依頼すればいいのか、よく分からないことが多いため、警察OBが調査員だと聞けば安心感は得られます。

では、警察OBがいる探偵会社に浮気調査を相談するメリットはあるのでしょうか?ここでは、探偵会社に警察OBが多い理由と探偵選びの注意点について解説します。

警察OBとは

警察官と言ってもその仕事は多岐にわたります。事務方もいれば現場で働くお巡りさんや刑事もいます。また、刑事事件の犯人を検挙する人、交通事故を取り締まる人、議員や外国からの来賓など要人を警護する警察官もいます。

警察組織は全国にありますが、交番にいるお巡りさんや刑事などは地方公務員で、警察庁に入庁した人たちや警視正以上のキャリア警察官は国家公務員の身分になります。

いわゆる警察OBとは、これらの警察という公務員を辞めた人たちの総称です。警察を辞める理由は、「定年退職」、「自主退職」、「懲戒処分による免職(解雇)」などさまざまですが、辞めた後は警察時代に培った経験や人脈などを活かして新たな仕事に就くケースが多くみられます。

定年後の天下り先として有名なのが、パチンコ店、警備会社、不動産会社などがありますが、警察を何らかの事情により辞めた人が第二の就職先として選ぶケースで最も多いのが探偵会社なのです。

なぜ探偵には警察OBが多いのか

探偵会社には警察OBがたくさんいることは有名です。

その理由は、探偵を監督する官庁が警察(公安委員会)だからであり、また警察官の仕事内容が探偵の仕事に似ているからです。警察OBがどのようにして探偵になるのかそれぞれ見ていきましょう。

定年後に探偵会社の顧問をする警察OB

一つは、警察組織の中で出世した人が定年を機に引き抜かれるかたちで探偵会社の顧問をするケースです。

OBを引き抜きする探偵会社の目的は、「調査活動をする上で警察から目を付けられないようにする」「警察が持つ情報ネットワークを教えてもらえる」「有力警察OBがいることで依頼者の安心感が得られる」などがあります。

顧問になる人は名義貸しのようなかたちで収入が得られるため金銭的なメリットがあります。

探偵会社への転職・独立

また、もう一つは何らかの事情で警察を辞めた人が再就職のために探偵会社に転職したり、独立開業するケースです。警察という固い組織で仕事をするのに嫌気がさして自由を求めて探偵会社に転職する人もいれば、警察官時代にさまざまな調査や尾行・張り込みを経験して、それを活かせる仕事が探偵だから開業したという人もいます。

また、この中には警察官時代に懲戒処分を受けて辞めざるを得なくなり、新たな人生の再スタートとして探偵になったという人がいるのも事実です。

警察OBなら浮気調査を依頼しても安心か?

では、警察OBがいる探偵会社なら浮気調査を依頼しても安心かどうかを見ていきましょう。

警察時代に培った高い調査力

探偵に最も必要なのは何よりも「調査力」です。元刑事であれば、「尾行・張り込み」、「聞き込み調査」などを日常的におこなっていたのでプロの調査力という下地ができています。警察という厳しい組織で受け継がれた調査ノウハウをたくさん持っていますのでそれが何よりも強みになります。

また、警察時代に培った人間観察力や行動予測も優れているため、対象者の行動パターンを察知しての尾行・張り込みはお手の物です。浮気調査の対象者を追跡する際にもこれらの勘と経験が生かされます。

警察時代には犯人を検挙することがその人の手柄でしたが、探偵の浮気調査では証拠を残すことに変わります。しかし、成果を出すという強いプロ意識はどちらも同じですので確実に浮気調査の結果を残してくれるでしょう。

元警察官ゆえの高い倫理観

警察OBは元警察官ですから、探偵になる前は「違法調査をする探偵」「依頼者を騙す探偵」「個人情報を悪用する探偵」を逆に逮捕する側でした。ですので、これらのやってはいけない調査について熟知しています。個人情報を悪用すると今度は自身が逮捕される側になることを理解しています。

警察OBが運営している探偵会社、顧問をしている探偵会社は「元警察官がいる探偵会社」というものを宣伝文句にしている以上、悪質な営業活動をすると警察にマークされます。倫理に反する調査活動はおこなわないと考えて問題ないでしょう。

元警察官の身分を名乗らない探偵

このように警察OBがいると名乗る探偵会社は安心なことが多いのですが、逆に元警察官がいるのにそれを名乗らず営業活動をする探偵会社はやや心配です。

前述したように懲戒処分を受けて警察を辞めたとしても探偵になることはできるからです。探偵業法では、探偵になれない人(暴力団員、禁固刑を受けて5年以内のもの)が定義されていますが、不祥事を起こした元警官は探偵になれないとはどこにも書いてありません。

元警察官なのにそれを宣伝文句として使わないのは何かやましいことがあるかもしれません。

また、探偵会社の中には警察OBがいないにも関わらず「元警察官がいる探偵会社」と名乗る会社がごく稀にあります。ですので、探偵会社との面談のときには「元警察官がいるのか?」念のため聞いてみるのもいいでしょう。

まとめ

警察という特殊な組織に属していた人たちは、「尾行・張り込み」、「対象者の調査」に関して高い実地訓練を受けてきています。探偵になってもその能力は生かされますので、警察OBの探偵は調査に関しては信頼できると言えるでしょう。また、元警察官を名乗る以上、悪質なこともできません。

警察OBの探偵会社は優良な可能性が高いということが言えます。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ