浮気相手を知りたい時に身元調査を探偵に安く依頼する方法

配偶者の浮気を知ったときにはグッと怒りがこみ上げてきますが、それと同時に気になるのが浮気相手のことです。「どんな相手なのか?」「どこで知り合ったのか?」、「容姿は」、「年齢は?」、「独身・既婚?」など、いろんなことが頭をよぎります。

見たことがない相手に対して怒りがわくとともにその人物が誰なのか知りたい欲求にかられます。配偶者が正直に浮気相手について話さない限り相手の身元は明らかになりませんが、大抵ははぐらかされることになります。

もしも「浮気相手のことが知りたい」、「慰謝料請求したい」という場合には、探偵に身元調査をおこなってもらう方法がベストです。ここでは探偵に身元調査を安く依頼する方法について解説します。

身元調査とはどんなこと?

身元調査とは、調査対象者の個人情報やバックグラウンドについて調べることです。浮気相手の身元調査をする場合には、主に相手の本名、年齢、住所、家族構成、勤務先について調べることが優先されます。

調査方法は主に張り込み、尾行を駆使しておこなわれますが、浮気調査との大きな違いは「聞き込み調査」や「潜入調査」などを取り入れるケースがあることです。

浮気相手の身元調査では、はじめに浮気相手との接触現場の確認から始めることが一般的です。浮気調査をおこないながら相手の身元調査を平行しておこなう流れになります。

浮気された人が知りたいのは相手の身元

浮気をされた人はとにかく浮気相手の身元について知りたくなるものです。特に女性の場合は浮気相手に対する怒りとともに、浮気相手と自分を一人の女として比較したいと考えるようです。

「相手がどんな人間なのか?」、「どこが自分よりも優れているか?」、「容姿」や「年齢」が気になります。また、男性なら「職業」、「年収」など相手の社会的地位などが気になるものです。つまり、浮気相手は憎むべき相手でもありますが、それ以上に自分にとってのライバルとして見る傾向があるのです。

探偵に身元調査を依頼するメリットとは?

身元調査で相手を特定できれば、自分の気持ちや感情というものを満たせるだけでなく、慰謝料請求もできますので「経済的」な満足度や「懲らしめてやった」という達成感も得られます。

浮気相手のことが分からずに鬱々としているようなら思い切って探偵に相談してみると良いでしょう。身元調査をおこなうことメリットには以下のようなものがあります。

慰謝料請求ができる

配偶者の浮気相手を懲らしめたいと思うのは自然な感情です。自分が受けた精神的な被害つまり慰謝料を支払って罪を償って欲しいものです。

しかし慰謝料請求するためには相手の身元が分からなければできません。身元調査により、相手の氏名・住所が特定できれば内容証明郵便を郵送して慰謝料請求することができます。

ただし、気をつけたいのが慰謝料請求する場合には配偶者あるいは浮気相手のどちらが浮気に積極的だったかを知っておかなくてはなりません。もしも配偶者の方が浮気を主導していたら浮気相手からは慰謝料は取れない可能性が出てくるためです。

探偵に身元調査をしてもらうとともに浮気相手が積極的である証拠も合わせて写真・動画・音声などで残す必要があります。

話し合いをするための浮気相手の連絡先が分かる

浮気相手に「浮気の理由を問いたい…」、「怒りをぶつけたい…」など、話し合いの場を持ちたいと考える浮気の被害者は少なくありません。その場合、相手とコンタクトを取るために、フルネーム、電話番号、メールアドレスなどの連絡先の情報が必要です。

身元調査をおこなえば相手の個人情報が分かるとともに、浮気相手がどんな人間なのかある程度分かりますので話し合いも自分のペースで有利に進めやすくなります。ですので「配偶者と別れさせる」、「慰謝料請求する」いずれにしても身元調査が必要です。

ただ念のため付け加えておくと、浮気相手と話し合うのは浮気の証拠を残した後がベターです。先走って浮気相手と会っても、「浮気はしていない」、「ただの友人関係」だとシラを切られる可能性が高くなるためです。相手の家庭環境、所得を調べるとともに浮気の証拠をつかんで言い逃れ出来ない状態で交渉するのがよいでしょう。

自分で浮気相手の身元を調べる方法

身元調査の費用を安くして探偵に依頼したいなら自分で可能な範囲で浮気相手の身元を調べることです。自分で調べる方法としては次の三つがあります。

配偶者に浮気相手の連絡先を聞く

浮気をしていることが確実であるなら配偶者を問い詰めて浮気相手の連絡先を聞き出すことが一番です。これなら探偵に依頼する必要もありません。

ただ、配偶者も浮気相手を気遣うためか本名や連絡先など簡単には教えてくれないケースがほとんどです。特に相手が既婚者の場合にはトラブルを大きくしたくないためかその傾向が強くなります。

【配偶者が浮気相手の身元を教えてくれない理由】

  • 相手に迷惑をかけたくない
  • 相手の家族を巻き込んだトラブルにしたくない
  • 自分の問題だけにしたい
  • 話しを複雑にしたくない
  • 浮気相手と別れたくないため

このように配偶者から身元が聞けなければ秘密裏に探偵に身元調査を依頼して調べるほかありません。

携帯電話を勝手に調べる

配偶者が教えてくれなければ次におこなうべきは携帯電話の調査です。携帯電話の中には浮気相手に関する情報が詰まっています。電話番号やメールアドレスなど、浮気相手の個人情報を手に入れることができれば、そこからさらに相手の住所や本名、勤務先についても分かるかもしれません。

電話番号は分かったけど、そこから先の住所、勤務先などは分からないという場合には、続きを探偵に頼めば比較的低料金で身元調査をおこなってくれるでしょう。

ちなみに配偶者の携帯電話を勝手に調べても違法行為にはあたりません。

SNS(LINE、Facebook)をもとに調べる

LINEやFacebookなどにも浮気相手の情報が詰まっています。とくにLINEは浮気の証拠の宝庫です。いつどこで会っていたか、不貞行為があったかなど分かるメッセージ交換が残っているケースがあります。

ただし、LINEは相手の本名・住所などの個人情報はほとんど得られません。むしろ、Facebookの方が個人情報を探すには有利です。アカウントには、氏名、出身学校、大まかな住所などを記載している人も多く、顔写真も判明することが可能です。

ただし正確な住所となると分かりませんので、これらの情報を持って探偵に身元調査を依頼すれば比較的早く費用も安く浮気相手を特定することは可能になります。

身元調査をしたいなら探偵に依頼するのが最も早い

携帯電話を調べたけど浮気相手の身元が分からなかったならば、後は探偵に依頼したほうが効率的かつ安全に身元を調べることができます。

身元判明のためには尾行をよぎなくされる

相手の住所を調べる場合にはどうしても尾行が必要になります。勤務先あるいは浮気現場から家路に着くまでを尾行により調べるしかありません。

しかし、普通の人では尾行や張り込みといった複雑な監視作業を一人でこなすのは難しく、さらに警察の目を避けて法律を守りながら調査を行うのはもっと難しいことです。

一方、調査のプロである探偵は尾行や張り込みの専門家であり、相手の警戒レベルに応じて調査員を増員したり、尾行方法を車からバイクに切り替えるなど柔軟かつ適切な対応ができます。結局は、費用を払ってでも探偵に頼んだほうが効率が良いのです。

身元調査なら探偵に相談する

身元調査とは浮気に限らず、就職、結婚、相続など様々な重要なシーンで必要になる個人情報に関する調査です。探偵は浮気調査とともに最も得意としている分野の調査と言えます。

配偶者の浮気の問題をどのように解決すればいいか分からないという人は多いと思います。しかし、浮気相手が誰なのかだけは事前に知りたいと考える人は少なくありません。

探偵は調査するだけが仕事ではありません。より良い解決のためのアドバイス、メンタル面のサポートなどもおこなってくれます。

まずは無料相談して、お手持ちの情報を開示してどれぐらいの金額で身元調査ができるか聞いてみると良いでしょう。予め予算を伝えておけばその範囲内で調査してくれる探偵事務所もあります。探偵リンクで紹介する会社は優良な探偵ばかりです。お気軽にご相談ください。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ