浮気した相手に復讐や仕返しがしたいときは浮気調査が最も有効な手段です

浮気されて腹の虫が収まらないという状況になっていませんか?浮気されたら配偶者やその浮気相手に対して復讐や仕返しなどして懲らしめてやりたくなるものです。

しかし、些細ないやがらせは効果がないですし、ましてや犯罪行為はNGです。では、合法的な方法で相手にダメージを与える方法は何でしょうか?それは金銭的なダメージを与えること。つまり浮気調査して慰謝料請求することです。

浮気相手に対する、「復讐」、「仕返し」したいときに浮気調査するメリットについて解説します。

浮気で復讐、仕返ししたくても、まずは冷静な対応が必要

浮気をされて復讐したいと考えるのは特別なことではありません。人間らしい普通の心をもっている以上、浮気をされた側は大きく心傷つきますし、それは愛情の深さに比例しています。

また、傷ついた心を復讐によって癒そうと思うことも人としては当然の思考です。

「復讐は心を癒さない」という人もいますが、事実、あらゆる復讐行為は人の心を癒す働きをもっており、多くの動物も精神的損害を受けた場合、復讐によって精神を癒しています。

しかし、復讐、仕返ししたいのが人情である

復讐をしたいと考えるのが人として普通の反応であり、それを留めているのは人間が進化の上で作り出した「理性」のおかげです。

理性とは、人間にとって最大の武器です。自らの安全を守りながら、なおかつ非力な人間であろうとも復讐を行うことは理性なくてはできません。理性は決して「復讐」をストップしているわけではありません。理性はあくまで、自らの身が危険に晒されるような行為を留め、なおかつ復讐行為によって生まれる社会的なデメリットを避けるために備わっています。

そのためには「復讐」という言葉を使うのは良くないでしょう。例え胸の内で復讐を誓っていても、理性を働かせて言動そのものをコントロ―ルしなければなりません。

浮気されて、復讐、仕返しの効果的な方法とは

復讐そのものは、決してデメリットばかりの行動ではありません。前述の通り、復讐や仕返しによって精神的損害、経済的損害を取り戻せるのは事実です。

しかし、復讐をしようと考える人間の殆どは、復讐の方法として一方的、かつ違法な行動にでてしまいがちです。その結果、復讐は果たせたとしても本人はその後の人生を棒に振ってしまいかねません。

そんなことにならないように、復讐をするためには冷静になり、法を守って安全に行う心構えを身に着ける必要があります。

やっても効果がない復讐、仕返し-いやがらせの例

「浮気をするなんて許せない!絶対に復讐をしてやる!」と思った人は、かなり短絡的な行動に出がちです。

例えば、2ちゃんねるの「サレ妻」「サレ夫」スレなどでは浮気相手を脅迫したり、違法性すれすれの嫌がらせを行っている様子が描かれていますが、冷静に考えるとその大半が殆ど意味がない行為です。

また、現実世界でも浮気の復讐として次のような安易な行動に出てしまったせいで、結局はわだかまりが残ったまま、和解も復讐もできない状態に陥ってしまう人が多いのです。

浮気をされた文句をネチネチと言い続ける

浮気をされた過去を持つ人は、そのパートナーを本当の意味で許せる日はそう簡単にやってきません。しかし、その結果毎日の様にパートナーに浮気をされた過去の話をし、その事実についての文句を言い続けるような人もいます。

これは、復讐は良くないとわかっていても、軽い復讐を毎日の様に行ってしまうパターンです。これは夫婦関係が最も中途半端な状態のまま永遠と続いていく関係性を自らの手で作ってしまうことに他ならず、こうなってしまう位なら離婚したほうが幸せになるという典型的な無駄な復讐です。

浮気相手に別れろと告げ口論になる

浮気相手に直接別れろと言う場合、その大半はただの口論になって終わってしまいます。しかも、相手は貴方の罵詈雑言を黙って聞いているわけがありません。当然反論が飛び出るばかりか、貴方を非難しはじめ、いわれのない誹謗中傷を浴びせられるでしょう。

こうなると、あとは互いに怒りや不満をため込み、ストレスが増えるだけで終わります。 言葉の喧嘩というのは決着がそう簡単につくものではありません。ただ精神的損害を互いに増やすだけで終わることが多く、その後復讐がエスカレートする可能性が高くなります。

やってはいけない復讐、仕返し-犯罪行為

復讐の中でも一番やってはいけないのは、法律に反する行為です。違法行為による復讐は、復讐の中でも最も原始的かつ直接的であり、例え子供であろうが行えてしまいます。

また、簡単なだけではなく、相手に与える損害も大きいため、復讐を考えた人間は真っ先に違法行為が脳裏をよぎるはずです。

しかし、違法行為を犯せば当然逮捕され、罰金や懲役、重大な犯罪をおこなえば時には死刑すら待っています。たとえ精神的損害を癒せたとしても、その後の人生を棒に振ってしまっては共倒れでしかありません。

無言電話を繰り返す

浮気相手に対して無言電話を繰り返し、永遠と嫌がらせを繰り返す人がいます。この手法は嫌がらせとしては定番であり、なおかつ直接相手と争う必要がないため、老若男女問わずこの方法で嫌がらせをしています。

ただし、無言電話によって相手に危害を加えることは、つきまといなどの迷惑防止条例、ストーカー規制法反、脅迫や傷害罪など、あらゆる違法行為として認められる可能性があります。

復讐メールの大量送信

復讐のために誹謗中傷文を相手に送り続けることは、迷惑電話と同じく迷惑防止条例違反やストーカー規制法違反や脅迫、障害の罪に問われます。

また、誹謗中傷メールを不特定多数の人間に送り付けた場合、名誉棄損として損害賠償を請求されるでしょう。

会社への通報など

浮気の事実を会社に知らせることは、相手側から名誉棄損として訴えられる可能性があります。浮気はあくまで夫婦間での違法行為であり、その復讐のために不特定多数の人間にその事実を知らしめる行為は、悪意によって社会的地位を奪うものだと判断されます。

浮気相手を脅す

浮気相手に対して危害を加えることほのめかし脅す行為は脅迫罪にあたります。脅迫として認められるのは、実際に相手に対して暴力を振るう、若しくは命の危険や社会的地位を奪うという内容の言葉を発した時点で違法行為となります。

また、脅迫により金品を要求すれば強要罪となります。強要罪は相手に対して具体的な金額を述べて要求するか、身の危険を感じるような脅迫のもと財産を要求するような文言を発した時点で成立します。

傷害と殺人

傷害と殺人は言うまでも無く立派な犯罪行為です。しかし、驚くことに日本で発生する殺人事件の内、その半数近くは痴情のもつれによって発生しています。

特に浮気による傷害事件は意外ですが女性が多く犯してしまう犯罪と言われています。

例え非力な女性であろうとも凶器を使えば簡単に男性を傷つけることが可能です。激情にかられてその場にあった包丁やハサミを振り回して傷害を追わせてしまったり、計画的犯行により相手を殺してしまう可能性は誰にでもあることを知っておきましょう。

「浮気されたことで殺したいほど憎い」という思いもあるでしょうが、ここはグッと我慢しなければあなた自身が犯罪者になってしまいます。

復讐、仕返しで浮気調査が最も良い理由

もし浮気による復讐や仕返しを考えているなら、一番おすすめなのが浮気調査をすることです。

浮気調査を行う目的は、あくまで不貞行為の証拠を手に入れることであり、探偵は直接復讐を手伝うわけではありません。しかし、探偵が浮気調査によって集めてきた証拠を使えば、慰謝料請求を行うことができます。

慰謝料請求とは、精神的損害に対する賠償請求です。つまり、心の傷を埋めるために金銭を要求するこができる権利であり、不貞行為さえ立証すれば誰にでもこの権利が与えられます。

慰謝料請求は安全かつ効率的な復讐方法

法律の専門家や探偵は決して言わないでしょうが、事実慰謝料請求は人々の復讐の手段の一つとして使われています。

慰謝料請求することで、相手は自分たちの犯した過ちに真摯に向き合わなくてはなりませんし、金銭という対価を支払わなくてはなりませんので精神的にも経済的にも痛手です。

一方で請求する側は相手側から精神的に傷つけたお詫びとして支払われる慰謝料(金銭)を受け取れる経済的なメリットもあります。損害を与えるなら慰謝料請求ほど効果的かつ合法的な手段はないのです。

夫(妻)だけでなく浮気相手にも慰謝料請求できる

慰謝料請求は浮気をした配偶者だけでなく、浮気相手にも請求することができます。

例えば、離婚に至らなくとも受けた精神的損害が大きいのであれば、浮気相手にのみ慰謝料を請求できます。これなら離婚せずとも心の傷も癒せるため、夫婦関係改善の役にも立ちます。

また、元配偶者が専業主婦などで慰謝料が少額しか取れない場合、その浮気相手とセットで慰謝料を請求することでより多くの金額を受け取ることができます。

浮気が一方的なら慰謝料も大きく取れる

慰謝料請求により受け取れる慰謝料の相場はおよそ100万円前後と言われています。

これだけでも大金ですが、もし不貞行為の回数が多く、それにより夫婦関係が破綻し自分の将来が奪われてしまった場合、慰謝料の金額はさらに増額し300万円を超える可能性がでてきます。

慰謝料は相手の収入にも依存しますが、他にも浮気のせいで一方的に家庭を破壊された場合にも金額が上がります。ひどい浮気をされて傷ついている人ほど多くの金額を請求できる権利があることを忘れないようにしましょう。

内容証明が送付されて相手は大いに困る

慰謝料請求は通常、内容証明郵便により請求書を相手に送ることから交渉がスタートします。この内容証明郵便は「法的手段に訴えるぞ、本気だぞ」というサインですので受け取った側は精神的なプレッシャーを受けます。

しかも、浮気相手が家庭を持っている場合、その郵便が配偶者に知られることにより、間接的に浮気を暴露することが可能になります。これは名誉棄損に当たらず、相手側から損害賠償は請求できません(ただし、事実をしった相手の配偶者が、今度は貴方の配偶者に対して慰謝料請求をしてくる可能性は十分にあります)

また、内容証明郵便の送り先を相手の勤務先にすることもできます。普通は自宅に送りますが、その住所がわからない場合は勤務先に本人宛で内容証明郵便を送り付けることが可能なのです。

まとめ-浮気調査なら慰謝料が回収できて復讐、仕返しもできる

浮気調査をして不貞行為の証拠を手に入れれば、慰謝料請求ができます。慰謝料請求は心の傷を金銭によって充当させることが目的の権利です。合法的に損害を被らせた相手に対する仕返しも復讐もできるのですから、これ以上の方法はありません。

ただし、慰謝料請求のためには不貞行為を立証しなければなりません。そのためには探偵を雇って浮気の証拠を集め、さらにはその証拠を使って弁護士が交渉し、出来る限り大きな金額を請求できるようにしなければならないのです。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

原一探偵事務所
【業界トップクラスの圧倒的な浮気調査の実績】調査力、信用力が他の探偵とは違います。浮気調査専門の探偵チームが迅速かつ低料金で「浮気証拠」をご提出します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ