浮気調査1日当たりの料金とスケジュールを解説

浮気調査の平均単価は年々下がりつつあり、最近の平均単価は1時間調査員2名で1~2万円となっています。

浮気調査1日当たりの料金

調査員は基本2名から

浮気調査では常に調査員は2名一組で動きます。そのため、この平均単価は調査員2名での金額となっているので、調査員1名ごとの1時間の単価は5000円~10000円が相場となっています。

その「1時間の単価」×「調査時間」=「1日当たりの料金」となっています。

ネットで探してみると、最低単価が「4000円~」となっている格安探偵事務所もありますが、こうした探偵事務所は調査員1名で計算しています。もし2名つけた場合には料金は2倍になると思ってください。

諸経緯が別途必要な場合も

浮気調査の費用は、別途諸経費が必要になることもあります。

大手探偵事務所では、交通費や機材費用などが全て調査費用の中に含まれている料金体形となっている事務所が多いので、料金体形はとても見やすくなっています。

一方、中小の探偵事務所では調査料金そのものを安く設定し、その他の諸経費は依頼内容ごとに発生する仕組みの事務所が多いです。

平均単価1~2万円は正直安い?

1時間の平均単価1~2万円で調査ができるのは正直にいって「相当安いな」と感じます。

かつては1日ごとに調査料金10万円や20万円なんていう料金設定が当たり前になっていましたが、ここ数年の間でインターネット上で様々な探偵事務所の料金が比較検討できるようになってから、各探偵事務所ごとに次々と値下競争を繰り広げた結果、ついに1時間調査員2名で1万円という時代にまでやってきました。

調査員2名で1万円としたら、1人5000円でプロが確実に調査をしてくれるわけです。時間制度なので短くしようと思えば3時間だけのプランも可能という事務所もあります。

1時間の単価 1万円×調査時間 3時間=1日当たりの料金「3万円」となっています。

また、それだけではなく調査報告書の作成からアフターケア、カウンセリングまで一括して行ってくれるのですから驚きです。

浮気調査1日の動きは張り込みに始まり張り込みに終わる

もし浮気調査を依頼するなら、自分がどんな調査に対して費用を支払うのかも知っておかなくてはいけません。

ただし、お金を支払うからといって、探偵が行う浮気調査は費用相応に見えるような派手さははありません。回りから見ても探偵と気が付かれず、当然対象者には気配すら感じ取らせないのが浮気調査のメソッドです。

調査開始/張り込み開始

調査開始時間になると、探偵はまず張り込みから調査をスタートします。

張り込みでは、複数の調査員で調査開始場所となる建物の周辺を固めます。基本は建物の出入り口が見えて、なおかつ建物の窓からこちらを見られず、出てきても気が付かれにくい位置を取ります。

面取り/尾行スタート

建物から対象者が出てきたら、そこから尾行がはじまります。

しかし、そこで重要となるのが『面取り』という作業です。

面取りとは、乗り物や建物から出てきた人物が調査対象者かを確認する作業です。自宅から出て来る人間なら誰でも面取りはできますが(しかしそう油断もできません)オフィスビルから退勤してくる人物となるとそうはいきません。一時間ほどの間に何百人というスーツ姿の男女が出てくるので、その中から本人を見つけ出すのも探偵の腕の見せ所です。

面取りにより調査対象者を見つけたら、続いて尾行がスタートします。尾行では最低でも2名以上がローテーションを組み、後続の調査員を的確に入れ替えながら尾行を続けていきます。

ここでは個人の能力より、チーム全体のコンビネーションがものを言います。徒歩でも車でも同じようにローテーションを繰り返し、尾行者がついていると気が付かせないように慎重にあとを追っていきます。

浮気相手との接触を確認

尾行を続けたあと、浮気相手との接触を確認したら、すぐに浮気相手の容姿を撮影します。

撮影する写真は顔のアップと体全体を映したもの。身に着けているものや乗っている車などについても詳しく撮影します。

不貞行為の確認

調査中の探偵にとって最大の任務は、不貞行為についての確認です。

不貞行為とは法律上の浮気を定義したもので、一般的に『配偶者以外の異性との好意に基づく性行為』とされています。

調査中によく出くわす不貞行為は、ラブホテルや浮気相手の自宅、もしくは車内で行われています。つまり、これらの建物や部屋、車の中に出入りする様子を確認・撮影することが探偵の最大の仕事となるのです。

帰宅まで尾行

不貞行為の証拠を得たからといって探偵の仕事は終わりません。浮気相手と別れたあと、調査対象者が自宅に戻るまでは尾行が続きます。

帰宅まで尾行を続けるのは、報告書の精度を高めるためです。不貞行為の前後の行動についてもきちんと監視していることにより、証拠としての能力が高まるのです。

また、浮気相手の自宅についても調べることができます。後で話し合いをしたり慰謝料請求をするためには浮気相手の自宅や本名、勤務先についても調べるのが大切です。

解除

調査の契約時間が過ぎるか、もしくは依頼者との協議により調査は解除されます。

解除時間は依頼者の任意の時間に設定できます。もし帰宅する様子を確認する必要がないと判断したり、浮気相手と会うとは思えないような時には早めに解除し、別の日の調査時間にまわすと良いでしょう。

浮気調査は1日で解決する事はほとんどない

浮気調査の殆どは1日では終わりません。

浮気調査を一日で終わらせるとしたら、まずは依頼者が自分の配偶者がいつ、どのタイミングで浮気相手と会っているのかを事前に知っておく必要があります。もしこれが可能であれば、あとは浮気相手と会いそうな日に調査を行うだけで簡単に証拠が手に入るでしょう。

ただし、そうは簡単にはいきません。浮気をしている人間は配偶者に怪しまれないように様々な努力をしています。例えば、普段から残業を増やしておき、その中の一つに浮気デートを紛れ込ませることで疑いの目を反らそうとします。出張も頻繁に行く人間なら、その中のどこかに不倫旅行を織り交ぜてくるかもしれません。

浮気調査1日から見られる探偵の凄さ

では、探偵はどのようにして浮気調査をしているか?その方法について詳しく見て行きましょう。

朝から張り込みを開始

朝は早くから調査を行います。

探偵は夜動くものと思われがちですが、朝方にも調査をおこなっています。目的は、夕方の退勤時間から行う浮気調査の下調べであったり、その日朝早くから不倫旅行にでかける対象者を追いかけるためです。

調査時間は相手の出勤時間より1~2時間は早く現場に到着していなければなりません。そのため、朝6時か7時にはすでに調査がはじまっています。

昼は事務所に戻り報告書の作成

昼間何も調査がない状態なら、会社で報告書を作ります。

報告書の作成は前日の調査のものが多く、調査で得られた映像などを整理し、メモやボイスレコーダーの記録、そして立ち寄った場所の住所などを調べながら分刻みで行動を記録していきます。

夕方から浮気調査

多くの会社が退勤時間となる夕方5時位から浮気調査のピーク時間になります。

現場にはやはり1時間前ほどに到着し、対象者が調査開始場所から出て来るのを待ちます。調査時間は依頼内容や対象者の行動によって変わりますが、浮気相手との接触を確認したら、そのまま日付を跨ぐまで調査が続くのが普通です。

入念な準備と調査の精度が重要

この様に、探偵は1つの調査のために様々な努力をしています。優れた探偵事務所ほど一つの調査に対して入念な準備を行い、報告書の作成にも時間を掛けてるので忙しくはなりますが、その努力がなければ報告書の精度は完璧にまで高くならないのです。

浮気調査1日当たりの料金とスケジュールなどみてきましたが、実際に探偵に依頼する場合は、1日あたりの料金よりも短時間で調査の精度が高く信頼できる探偵事務所を選ぶことが大切です。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

原一探偵事務所
【業界トップクラスの圧倒的な浮気調査の実績】調査力、信用力が他の探偵とは違います。浮気調査専門の探偵チームが迅速かつ低料金で「浮気証拠」をご提出します。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ