浮気調査を依頼する際にクレームやトラブルにならないよう心掛ける事とは?

浮気調査のために探偵を雇う時、もしトラブルになったらどうしようと心配になっていませんか?探偵に調査を依頼するのは不安ですし、実際には依頼者と探偵にどんな問題が起こっているのか気になりますよね?そこで、まずは探偵事務所では良く起きるクレーム内容についてご紹介します。

浮気調査で良く起きるクレームや探偵事務所とのトラブルとは?

浮気調査の時に良くあるクレームやトラブルは、依頼者の知識不足によって起きてしまいます。もし依頼の前に知るべき知識を手に入れ、十分に警戒していれば、多くの人がトラブルを避けて通れるのです。

トラブルについて知っておけば回避できる?

もし多くの依頼者が浮気調査にまつわるトラブルについて知っていれば、将来起こり得るトラブルについて身構えることができます。それにより、探偵への依頼を慎重に行うようになりますし、調査の成功を確かめることができます。

そこで次の項から実際にあったトラブルについて紹介するので、依頼前にどの様な危険があるのか知っておいてください。

違約金のトラブル

探偵事務所に寄せられるクレームとして最も多いのは違約金に関するトラブルです。調査を依頼したものの、その後考えなおして調査を解約したいと思う人が多いのです。ところが、いざ解約しようとなると「契約書通りの違約金を払ってください」と言われてトラブルに発展するのです。

依頼者からすれば、違約金など払いたくありませんから、当然クレームを入れることになります。

調査対象者に契約がバレてしまう

依頼者の中には、調査対象者に調査が事前にバレてしまい、調査そのものが失敗に終わってしまうことがあります。この手のトラブルが発覚した場合、探偵事務所は当然調査を中止します。
しかし、依頼者からすれば契約をした以上調査を続行してもらいたいですし、対象者の証拠をなんとか掴みたいとしてトラブルになることがあります。

成功条件による行き違い

探偵事務所の多くは成功報酬制度を使っていますが、その成功条件も依頼者とのトラブルになりやすい一因となっています。成功報酬制度では、浮気調査が成功した場合にのみ全額を支払う仕組みなっています。
しかし、依頼者は探偵事務所が失敗したと思える案件でも、契約書の条件では成功となっているためにトラブルになってしまうのです。

浮気調査の現場に依頼者が乗り込んでしまう

浮気調査をした結果、浮気の現場に依頼者が乗り込んでしまい、調査対象者と事件を起こしてしまうことがあります。探偵事務所ではできるだけ依頼者が現場にやってこないように気を付けていますが、相談員を脅すなど様々な方法で現場にやってきて、恐ろしい修羅場に発展してしまうことも少なくありません。

浮気調査のクレームやトラブルは依頼者の損にしかならない

浮気調査のクレームやトラブルは依頼者にとって損でしかありません。探偵事務所とのトラブルは金銭問題がメインとなりますが、事前に契約書に記されている内容にサインした時点で探偵事務所側が圧倒的に有利となってしまいます。その結果消費者センターに訴えてもお金が戻ってくることは殆どありません。一方、調査対象者とのトラブルでは精神的、肉体的に大きな傷を負うばかりではなく、せっかく得られるはずだった不貞行為の証拠を逃すことに繋がります。

探偵事務所とのクレームやトラブルは契約書を良くみることで回避できる

探偵事務所とのトラブルを回避するためには、契約書の内容をしっかりとチェックしておくことで、お金にまつわるトラブルの大半は回避できます。

契約書にサインさえしなければトラブルは起きない

金銭関係のトラブルは、探偵事務所側に有利な契約を結んでしまったせいで起きてしまいます。そして問題なのは、悪徳探偵事務所の契約書をしっかりとチェックせずに契約してしまう依頼者の油断なのです。探偵事務所と依頼者の関係は契約書によって縛られています。たとえ、どんな悪質な契約書であろうと、契約書の内容は探偵事務所側へ有利に動く様作られています。その為、法的効力は十分にあります。契約書はすべて読み、重要事項説明をきちんと確かめた上で契約してください。
この様なトラブルが起きるのは、正直中小の探偵事務所がほとんどです。(決して中小の探偵事務所全てが悪徳ではないですのでご了承ください。)その為、探偵事務所を選定する場合は信頼性の高い「大手探偵事務所」や「弁護士事務所との関係性が深い探偵事務所」がより重宝されているのです。

もし契約書にはないトラブルが起きたら消費者センターへ

契約書はしっかりとチェックしたのに、契約書には記されていない違約金や成功条件を探偵事務所が迫ってきたら、すぐに国民生活センターに連絡してください。 国民生活センターでは探偵事務所と依頼者のトラブルの間に立ち、円滑な問題解決を促してくれます。

国民生活センターHP

しかし、それでも探偵事務所側が違約の事実を拒否してきたら、あとは弁護士に依頼して示談交渉を行いましょう。

探偵事務所との契約は細心の注意を

探偵事務所の契約には、常に緊張感を持って行いましょう。信頼できる大手探偵事務所ならともかく、中小の探偵事務所では時折、契約を急ぐ探偵事務所側の説明不足により依頼者とトラブルがおきています。前述で説明した通り、一度サインしてしまえば解決は難しいので、隅々までチェックした上で契約するようにしてください。

調査相手とのクレームやトラブルは慎重さで回避できる

調査相手(対象者)との間に起きる問題は、依頼者が慎重に動き、契約から調査までの時間を過ごすことで十分に回避できます。慎重さとは、すなわち強い意志を持った冷静さです。感情的になりすぎず、目的意識をしっかりと持ち調査に挑みましょう。

対象者に警戒させなければトラブルは避けられる

浮気調査を依頼する時には、調査相手を絶対に警戒させてはいけません。この記事において慎重に行動してほしいと伝えているのは、全て対象者の警戒心を解くためです。調査の目的とは、あくまで証拠を集めることにあります。依頼者は証拠を得るために探偵にお金を支払いますが、対象者と最も近い場所にいるのは探偵ではなく、依頼者自身です。

調査相手を甘くみない

調査相手に事前に調査の内容が漏れてしまうのは、相手も探偵を雇われることを警戒しているからに他なりません。契約書は相手にみられない場所にしまい込み、ネットの検索履歴やメール、通信履歴の削除、さらに探偵事務所との連絡には細心の注意を払ってください。

証拠を手に入れることを最優先する

例え浮気現場を抑えたという経過報告が入ったとしても興奮してはいけません。依頼者は証拠を手に入れるために探偵に調査を依頼していますし、もし現場に乗り込んでしまう事で下手をしたら不貞行為(異性との性行為)の証拠を抑えられないかもしれません。特別な理由でも無い限り現場は探偵に任せ、報告書を冷静に待ってください。

もしも調査を知られてしまったら期間を開ける

もしも調査相手に探偵を雇ったことを知られてしまったら、なるべく期間を開けて相手が油断するのを待ちましょう。調査に気が付いた人間は恐怖心のあまり、最低でも1週間は周囲の状況に気をくばり、尾行者がいないか確認しはじめます。期間を開けて相手が油断した頃に再調査を依頼するしかありません。

調査は依頼者の協力が欠かせない

浮気調査は探偵の力だけでなく、依頼者の協力も重要になってきます。特に情報を調査相手にもらすことは十分に気を付けてください。最近は浮気をしている人間はインターネットを介して調べるなどして探偵に関する知識を付けています。激情にかられて行動せずに、目的を最優先して冷静に動いてください。

探偵事務所と依頼者は強力なタッグとなる

探偵事務所と依頼者の間にはトラブルの危険性はあるものの、互いに信頼関係を築くことができれば、浮気調査においてこれだけ強力なタッグはありません。お金にまつわるトラブルは契約書をチェックすることで防げますが、反対に契約書がしっかりとしていて、依頼者を大切にする探偵事務所なら必ず依頼者と良い関係が築けます。

浮気調査は、探偵と依頼者がいがみ合うのではなく、信頼し合うことで成り立っています。互いに信頼できると思った相手と巡り合うことこそ、浮気調査の成功率を上げる秘訣でもあるのです。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ