浮気防止に効果的な方法!浮気されたらと心配症の方必見

既婚者にとって、配偶者(夫あるいは妻)の浮気は、永遠のテーマです。結婚後数年を経過した夫婦であれば、浮気を疑ったり、浮気を知って悩んだりしたことは珍しいことではないでしょう。

浮気をされたらどうしようかと心配するよりは、夫や妻の浮気を未然に防ぐに越したことはありません。そのためには、普段から何をどうすべきか、考察してみましょう。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。

妻が普段から気をつけるべきこと

夫から妻へのDV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)は、離婚の原因としてよく話題になりますが、案外、言葉の暴力が報道されることはなく、また気づいている方も多くはありません。言葉の暴力は体には残りませんが、癒やしがたい心の傷となって、相手に蓄積されていくことを知っておきましょう。

特に男性は、単純な面がある反面、非常にプライドの高い生き物です。特に心の通じ合った妻の前では、格好良く振る舞っていたい、常に男として立ててもらいたいという願望を持っています。それを強く否定されると、夫には憎しみの感情が芽生えます。

そんなことが積み重なると、夫の関心は外の女性に向かい、浮気に走る可能性が出てくるでしょう。では、どんな言葉が夫を傷つけるのでしょうか。

(1) 収入をけなす

これは、夫が妻から最も言われたくない言葉です。サラリーマンであれ自営業であれ、夫は精一杯仕事をして収入を増やし、家族を養いたいと思っています。

しかし実際の収入は、なかなかそうはいきません。工場なら繁忙度合いによって残業時間は変わってきますし、営業職や管理職なら、長時間働いても収入はほとんど変化しません。

おそらく、ほとんどの奥さんもそれは知っているでしょう。しかし、夫婦喧嘩の折に感情的になって、「だったらもっと稼いで来なさいよ」や「安月給のくせに」などと言おうものなら、夫は直前まで反省していた気持ちも吹っ飛んでしまいます。

収入や給料とは、妻からけしかけられたぐらいで増えるものではないのです。

(2) 夫と他者を比べる

夫は妻の前では一番でありたいと思っているので、それを否定されると、非常に不愉快になります。

例えば、
「○○さんは来月課長に昇進らしいわ。あなたはまだ平社員よね」
「隣の旦那さんは、よく家事を手伝ってくれるらしいけど、あなたは何もしないわね」
などです。

他者と比べて見下されると、夫は自分の存在価値がないとすら感じてしまうのです。

(3) 外見をけなす

外見には、努力で改善できるものと、どうにもならないものがあります。
「太ったわね」と言われても、夫は平気です。普段の食生活に主な原因があるからですね。しかし、「髪の毛が薄くなったわね」と言われるとカチンときます。

また「臭い」という言葉も、外見をけなすのと同様です。帰宅後の夫が汗臭かったり、わきがや加齢臭がしたりしても、黙っていることです。
なぜなら、臭いと言われても、夫には対処しようがありません。その場を去るほかないのです。

こうした妻の何気ない言葉が、夫を怒らせ、ひいては浮気の遠因となってくることを知っておきましょう。

(4) その他の言葉

およそ男としてのプライドを傷つける言葉は、NGワードです。上にあげた他には、次のような言葉があります。

男として否定する「男のくせに」、「小さい男」
「あなたの実家の家族って、○○よね」と、夫の家族をけなす。
「だからあなたは駄目なのよ」と人格を否定する。

これらの言葉には、共通している要素があります。それは、夫には直接責任がないことと、すぐにはどうにもならないことです。

「そんな高いゴルフクラブ、要らないでしょう」と言われても、もっと安いクラブにすればいいだけですから、夫は何とも思いません。しかし、「ゴルフやっても、どうせあなたは上手くならないでしょう」と言われたら、腹立ちますよね。

同じことを言うにも、逃げ道を作ってあげるか、期待しているという気持ちを込めて言うと、夫が受ける印象はかなり違ってくるものです。

給料のことを言うときでも、
「いつもお疲れさま。あなたの給料でみな生活しているんだから、頑張って」
と言えば、夫は俄然やる気も出てくるというものです。ただし、「もっと頑張って」と言ってはなりません。

(5) 綺麗でなくても、清潔な身なりを

結婚して夫が妻に幻滅することの一つに、身なりがあります。結婚生活とは日常の連続であり、かつて付き合っていたときのときめきは日々薄れていくものですが、あまりに日常に埋没してしまうと、身なりに気をつかわなくなってしまうことがあります。

そうなると、いつしか寝癖がついたまま朝食を食べていたり、休日は化粧もせず一日部屋着でゴロゴロしていたり・・・ということが普通になってしまいます。

実は夫は、妻のだらしない姿を見ると、大変に幻滅します。「百年の恋も冷める」のは簡単なことなのです。

「結婚して家にいるときも、綺麗にしていなければならないの?」
と思われるかもしれませんが、答は「イエス」です。

夫は、妻にはいつも綺麗でいてもらいたいと思っています。
「そんなの面倒だわ」
と思われるかもしれませんが、結婚後もある程度の緊張感を持っていることは、夫婦ともに大切なことです。

【ワンポイントアドバイス】

  • 夫のプライドを傷つけないこと
  • 家の中でも、だらしない格好はやめる

夫が普段から気をつけるべきこと

夫へ言ってはならない言葉のキーワードは「プライド」ですが、妻に対する場合は「女として扱わないこと」です。
もともと女性は男性よりおしゃれで、外見に絶えず気をつかっています。そんな妻を、太った動物に例えたり、「ばあさん」などと呼んだりしてはなりません。

プライドを傷つけられること、頭にくる言葉を繰り返し言われると、人はまず怒り、それでも繰り返し言われると感情を殺し、やがて無関心になります。
そういうとき、仕事先や趣味のサークル等で優しくしてくれる男性が現れたら、妻の気持ちは彼になびいてしまいます。

妻の浮気を防止するためには、普段から、妻の些細な変化に気づき、褒めることです。
「今日、髪の毛を切ってきたのに、あなた全然気づかないようね」
と言われたら、黄色信号です。妻にそう言われる前に、
「髪の毛切ったんだね。そのほうが、顔が明るく見えていいよ」
と褒めれば、彼女も浮き浮きすることでしょう。

また女性に特徴的なのは情に流されやすいことで、昔の恋人にばったり会った、お酒を飲みに行って男性から誘われるままにホテルに行ってしまったなど、その場の雰囲気で行動し、あとで後悔することがあります。

ただそうした行為の裏には、夫の無関心であったり言葉で蔑まされていたりという事情があることが多いものです。
そうした意味でも、日頃から妻を気にかけ、声をかけるということは大切であると言えます。

【ワンポイントアドバイス】

  • 女として侮辱することは言わない
  • 妻の些細な変化に注意し、気づいたら褒める

状況別 浮気を防止する方法

夫婦として一緒に生活する期間が長くなると、途上には様々な障害や問題が起きてきます。
次に、夫や妻が思わず浮気したくなる状況を考え、そこでどうやって浮気防止を図るかを考えてみましょう。

(1) 夫婦喧嘩のあと

夫婦喧嘩をしたあとは、浮気がぽっかりと口をあける一つの危機です。
そもそも喧嘩とは、お互いの意志や考えがぶつかり合うことですが、その過程で夫婦の意見がかみ合わないことはよくあります。

男性が論理的なのに対して、概して女性は感情的です。
「あなたのその理屈っぽいところが嫌いなのよ」
「お前はいつもそう言って、話を聞こうとしない」
という会話を経験したことのある方は多いでしょう。夫は論理を展開しても、妻は感情が先走ってしまい、話を聞かない、聞いても言葉尻をとらえて反撃してしまうことが多いです。

それを防ぐためには、喧嘩したときのルールを作っておくのがいいでしょう。
喧嘩をしていないときに、【冷静に、テーブルに座って、相手の話を聞く、翌日まで持ち越さない】などのルールを作り、それを実践することです。

(2) 妻の妊娠・出産

妊娠や出産も、夫が浮気したくなるときです。
男性の性欲は一種の排泄欲ですから、一定時間が経つと、どうにかして排出したくなります。

ただし妊娠中のセックスが時によくない場合があるのは、夫も分かっています。そこは浮気でなければ良しとして、夫を多少なりとも寛容に見たり、夜の生活について話をしたりしておくといいでしょう。
妊娠中だから、出産後だからセックスは絶対拒否、となると、夫は嫌気がさして外にはけ口を探してしまいます。理由が分からなければ夫は苛立ちますが、きちんと理由を言えば、夫も納得してくれるはずです。

浮気防止に効果的な言葉

しかしそうは言っても、結婚後も異性を好きになってしまうことは、あるものです。
恋愛感情とは理屈で割り切れるものではありませんし、結婚しているから誰も好きにならないと心に箍を掛けることもできません。

夫が、あるいは妻が怪しい行動をしていると気づいたときは、まずは、そっと観察していましょう。ここで取り乱したり、感情的に相手を責めたりしてはなりません。
ここでは、浮気防止に効果的な言葉をかけてみましょう。

「あなたのこと、信じているから」 これを、夫あるいは妻の目を見ながら言うのです。これは、浮気防止に最も効果的な一言でしょう。

信じていると言われれば、誰もが、その心に感謝するとともに、期待に応えようと思うものです。飲み会もダメ、職場旅行もダメと縛られると、夫も妻も窮屈に感じてしまうものですが、ある程度自由を許されたうえで「信じているから」と言われたら、悪い行動はしなくなります。
これは、相手の良心に訴える方法です。
それでも浮気したら、その程度の男(女)だったと諦めるほかありません。

また、探偵事務所や興信所をちらつかせて無言のプレッシャーをかける方法もあります。
パソコンでわざとそれらのホームページを見えるように開いておけば、浮気している夫や妻はぎくっとするに違いありません。聞かれたら「友達に頼まれて」と答えておけばいいのです。

まとめ 浮気防止に一番効果的なのは、普段からのコミュニケーション

このように、浮気防止の方法はいくつもありますが、未然に防ぐための第一の方法は、普段からコミュニケーションを取ることでしょう。
それは、特別難しいことではありません。
「おはよう」
「お帰りなさい、お疲れさま」
という会話をすること、普段から相手の話をよく聞くことです。

そのうえで、夫に対しては彼のプライドを尊重すること、妻に対しては些細な変化でも褒めることを怠りなく続けていれば、誰もが、「うちの妻(夫)は世界一」と思えてくるものです。
日本では、結婚して子供ができると子供中心の家庭になってしまい、夫婦関係は二の次になってしまうことが多いですが、夫婦双方への気遣いや、緊張感を持ち続けることも大切なことです。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ