浮気を発見できるアプリとその危険性

夫・彼氏が浮気しているかもしれないと思ったら、本当のところはどうなのかを知りたくなりますよね。もし、夫・彼氏のスマホに浮気を発見できるアプリを入れることができたら…と考えていませんか?

確かに、実際に浮気発見に使えるアプリは存在していますが、実はこれ、相手にバレバレな場合もあるのです。浮気を疑ってアプリをこっそり相手のスマホに入れたら、それがバレて別れることに!なんてことになったら目も当てられません。

そんなことにならないように、まずはどんな浮気発見アプリがあるか、そしてどれくらいリスキーなのかを解説していきます。

相手のスマホにこっそり仕込むタイプのアプリ

※後でも書いてますが、他人のスマホにアプリをインストールするのは違法です!

iPhoneの場合

iphoneを探す

もともとiPhoneに入っているアプリで、相手のApple IDとパスワードがわかっていれば、いつでもどこでもスマホの位置情報がわかっちゃいます。これがあれば、夫や彼氏がラブホで浮気していたりすると、すぐにわかるというわけです。なんという便利なアプリ…!と思いますよね。

ただし一つ問題があって、自分が位置情報を見ようとすると、相手のスマホにお知らせ通知がいきます。ということは、あなたが確認していることが相手に思いっきりバレるということになります。

Prey Anti Theft

こちらのアプリもGPSを利用して相手の位置情報を知ることができるアプリになります。アプリ自体は英語なので、最初の設定がちょっと面倒ですが、浮気を暴きたいという気力があればそんなものは簡単に乗り越えられるはず。

一旦設定してしまえば、いつでも相手の位置を検索することができます。ただし、アプリのアイコンは隠すことができないので、「普段見慣れないアプリがあるな?」と彼氏にバレる可能性は大きくあります。

Androidの場合

ケルベロス

iPhoneと違い、相手の携帯がAndroidの場合はかなりいろいろなことができます。
例えばこのケルベロスの場合、

  • カメラの遠隔操作(浮気をしていそうなときに、勝手にカメラを起動して写真を撮れる)
  • 音声録音ができる
  • 位置情報を取得できる
  • 写真データをメールで受け取ることができる
  • アプリのアイコンを非表示にすることができる

本来は自分のスマホにインストールしておいて、盗難されたときにこれらの機能を使って対応するという目的のアプリです。遠隔操作でいろんなことができるので、浮気発見アプリとしても有名なケルベロス。ほかにもこういったアプリはありますが、これが最強です。

これならほぼバレることはないですし、知りたい情報を確実に知ることができます。ただ、相手の知らない間にこのアプリをインストールした場合、相手に訴えられたら裁判で負けてしまうとは思いますが…。

アプリを仕込む危険性

先程も簡単に説明しましたが、アプリを仕込む危険性は大きく分けて2つあります。
ひとつは、「アプリを入れたのが相手にバレる危険性」もうひとつは「相手に訴えられたときの違法性」です。

浮気を発見するために一番大切なことは「探っているのを相手に気付かれない」ということ。もし相手にバレてしまったら、いままで以上に浮気の証拠を見つけることが困難になってしまいます。

浮気発見アプリは入れたことが相手にバレてしまいやすいものがほとんどなので、オススメできません。そもそも、アプリを入れなくても浮気を調べる方法なんていくらでもあります。(この記事の後半で解説していきます。)

そしてもうひとつの理由がかなり重要なのですが、「相手のスマホに勝手にアプリを入れると違法」だということ。いきなり逮捕されることはないと思いますが、相手に逆ギレされて裁判になった場合、損害賠償を支払わなければならなくなるかもしれません。なかなかそういう流れにはならないかと思いますが、実際に裁判になった方もいますので心しておくようにしましょう。

相手のスマホにこんなアプリが入っていたら気をつけて!

先程と違い、相手がこんなアプリを持っていたら浮気の可能性大!というものを紹介していきます。簡単に言うと、「浮気をするために入れたっぽいアプリ特集」ですね。

メッセージが自動的に消えるチャットアプリ「TonTon」「Snapchat」

LINEのようにチャット履歴が残るのではなく、時間が経つと消えていくチャットアプリです。わざわざ履歴が消えていくアプリを使っているということは、浮気をしている可能性が非常に高いですよね。

あらゆる履歴を消すアプリ

アプリを起動してボタンを押すだけで、あらゆる履歴を削除するアプリがあります。通話履歴、web閲覧履歴などなど…。普通、スマホを使用していて履歴を消したいときってそうそうありませんよね。履歴を消したいということは、バレたくない何かがあるということです。

「履歴消しゴム」「OPTIMIZER」「かんたん!履歴クリーン」などがインストールされていたら要注意です。

画像データなどをこっそり隠すアプリ

秘密にしておきたい画像をこっそり隠しておくアプリもあります。見た目は電卓のようなアプリですが、電卓画面で秘密のパスワードを入れると、隠しておいた画像を見ることができるという仕組み。

「プライベート計算機」や「秘密の電卓pro」などがあります。電卓っぽいアイコンがいくつかあったら、そのうちのどれかは画像を隠すアプリの可能性が大です。

出会い系アプリ

出会い系アプリが入っていたら言い逃れはできませんよね。
「ペアーズ」「マッチドットコム」「マッチブック」「ハッピーメール」「ワクワクメール」などが入ってないかチェックしてください。

Googleマップのタイムライン機能

Googleマップというアプリがもし相手のスマホに入っていた場合、相手が過去にどこに行ったのかが克明にわかる「タイムライン」という機能があります。これは相手が自分で「場所を追加」して履歴を残している場合になります。

パソコンで、相手のGoogleアカウント(Gmailアカウントと同じです)にログインして、グーグルマップを開き、タイムラインを表示すれば、何日にどこに行ったかなどがわかりやすく表示されます。ただし、これは完全に違法ですので(そもそも他人のスマホを覗き見た時点で違法ですが)、実際にやったのがバレると逮捕されてしまうこともあります。

浮気している人のLINEの使い方

浮気相手とLINEでやりとりしている人達には、ある共通点があります。
それは、

  • LINEの通知音を消している
  • LINE通知を非表示にしている

という2点です。

LINEの通知音を消しているのは、あなたと一緒に居るときに浮気相手からLINEが来てもバレなくするため。そしてLINE通知を非表示にするのも同じ理由です。そもそもLINE通知は、トークが見える状態にしている人が多いですよね?それなのに、わざわざ通知を非表示にしているということは、やはりあなたに見られたくないものがあるということなのです。

浮気をしている人の連絡方法

もし浮気を本当にしているとしたら、その連絡手段を見破ることは重要なポイントになります。とはいえ、連絡手段って結構多いんですよね。例えば…。

Facebookメッセンジャー

浮気相手も社会人の場合はこれを使っている確率がちょっと高め。逆に浮気相手が大学生とかだと、あまり使っている人はいません。Facebookで浮気相手を探す場合、投稿にいいねをしてる人を全員チェックしていくと手がかりが見つかりやすいです。

LINE

コミュニケーションツールとしてもはや定番となったLINE。もちろん浮気でも大活躍です。メッセージ履歴だけではなく、画像やアルバムも要チェック。

LINEは、表示される相手の名前を自由に変えることができます。相手が女性だったとしても、社名や男性の名前などに変えられるので、パッと見ではわかりません。とくに名前が男性っぽいのに、会話がやたらと女性っぽい場合は要注意です。

スマホのメール

@ezweb.ne.jpや@docomo.co.jpなどのキャリアごとのメールアドレスです。今はあんまり使う人はいませんが、浮気相手のときだけこちらを使用するという人も。メールを定期的に消す人でも、ゴミ箱フォルダの中はうっかり残ったまま、という場合があります。

Yahoo!メール(ヤフーメール)

意外と使っている人が多いYahoo!メール。Amazonなどのネットショップでの登録で使ったメールアドレスをそのまま浮気用に使うという人もいるようです。つまり、夫や彼氏がネットショップを利用している場合は持っている可能性が非常に高いということです。

Gmail

ホワイトカラー系の仕事をされている方以外にはなじみがないかもしれませんが、Gmailも非常に使っている人が多いです。Gmailのアカウントを一つ作ると、いくつものメールアドレスを持てるようになるため、浮気がしやすいツールと言えます。

TwitterのDM(ダイレクトメール)

Twitterが浮気の発端というパターンも今では少なくありません。特に使い慣れている人は、アカウントを一つだけにせず、いわゆる「裏アカ」を複数持ちます。メインのアカウントで意識高いことばかりつぶやいておきながら、裏アカのほうではせっせと浮気相手を探しているなんてことも。

最初は、ツイートに対するリプライ(返信)などで距離を縮めて、浮気段階になったらDM(ダイレクトメール)を送り合うというのが定番です。

Twitterを知らない方のために軽く解説しておくと、ツイートというつぶやきをすると、それに対してほかの人が返信できます。つまり、かわいい女の子のツイートに対して、夫・彼氏が返信を返していたりしたら浮気の可能性があるということですね。

ツイートは誰でも見ることができる状態になっていますので、そこから探してみてください(鍵がかかっていて見れない場合もあります)それに対して、DM(ダイレクトメール)というのは、当事者2人だけしかみることができないものになります。

電話

昭和・大正の時代から続く通信手段、電話です。電話で浮気の連絡を取ることのメリットは、会話内容が残らないということ。もちろん着信履歴や発信履歴は残りますが、スマホの履歴を消去してしまえばそれも見つけることは困難になります。

ほかにもありますが、以上が浮気をしている人のよくある連絡方法になります。こんなに見なきゃいけない項目が多いと、いったいどこをどう見ればいいの!?ってなりますよね。
特にITに詳しくない方ならなおさらです。

見るべきポイントは2つ。
「アプリ」と「webブラウザ」です。

  • アプリ系・・・LINE、Gmail、YahooMail、Twitter、Facebook
  • webブラウザ系・・・Gmail、YahooMail、Twitter、Facebook

例えば、Twitterアプリが入っていて、それを開いてもなにも浮気の証拠はなかったとします。でもwebブラウザのほうからTwitterにログインすると、アプリとは別のアカウント(裏アカ)でログインできて、そっちのほうで浮気相手とメールしてた、なんてことも。

そういうこともあるので、かならずアプリとwebブラウザの両方を確認してください。webブラウザの履歴を確認すれば、普段使っているサイトがわかります。

浮気の証拠を完璧に掴むためには

浮気の証拠を発見する方法は、先程紹介した他にもいろいろとあります。とはいえ、どの方法も法的にグレーだったり、張り込みなどの忍耐力が必要なものだったりと実際にやろうとするとかなりの労力が必要になってきます。

いろいろと浮気の証拠をつかもうとやってみたものの、まったくうまくいかない…なんてこともあります。もし浮気を疑っていて、でも自分ではどうしようもないというときは思い切って探偵に頼んでみてはいかがでしょうか?相談をするだけなら無料なところも多いですし、なにより他人の意見を聞くことで、自分が思いつかなかったベストな答えが見つかるかもしれませんよ。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアでシェアお願いします。
浮気調査に関する記事

浮気調査に強い探偵事務所【相談無料・24時間・全国対応】

総合探偵社TS
浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。女の直感は当たります。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社AMUSE
ご相談・見積りは無料でご提出します。依頼者の方が私たちに調査を頼んで良かったと言って頂けるように丁寧で誠実な調査サービスを心がけています。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ