浮気現場を押さえる方法と目撃した場合の対処法

浮気調査では、浮気現場という実際に不貞行為がおこなわれる場所を特定することが重要になります。

浮気現場が分かっていれば、そのケースによっては探偵に依頼せずとも自分で張り込みをおこない不貞行為の証拠を残すことが可能になりますし、もし探偵に依頼した場合でも、浮気現場が特定されていることで、調査は短時間かつ低料金で終了できる可能性が高くなります。

このように浮気現場が分かれば浮気調査を合理的に進めることができますので何としてでも特定したいところです。

ここでは、浮気現場を確実に押さえるポイントと調査中に「浮気現場を目撃したり」、「ばったり相手と遭遇してしまったり」、トラブルやハプニングが起きた場合の対処法などについて解説します。

浮気現場を特定して押さえなくてはならない理由

浮気とは一般的な考え方で言うと、配偶者やパートナー以外と、「デートしている」、「頻繁に連絡している」、「手をつないだりキスしたりしている」などの行為を指します。しかし、男女問題や離婚を解決する場である家庭裁判所では、不貞行為の証拠がなければそれを浮気とは認めません。

その証拠とは、浮気現場となる場所に出入りする写真や動画、さらに浮気の事実を裏付けるその他の周辺情報をもとに判断されます。裁判所の離婚調停の場で「有利な解決を目指す」、「慰謝料を1円でも多く請求したい」なら、浮気現場を押さえて不貞行為の証拠を残さなくてはなりません。

また、浮気現場を押さえるメリットのひとつに探偵の浮気調査を依頼した場合に調査がスピーディーに終了するということがあげられます。浮気調査は調査時間と調査員の人数に料金が反映されますので、調査が早く終わればそれだけ探偵に支払う料金が安くなります。この点も見逃せません。

この浮気現場が特定できれば、浮気調査も最終段階となり、後は張り込みをおこない証拠を残すだけです。浮気現場が特定できていれば、自分で写真撮影するかあるいはカメラに詳しい知り合いに頼んで写真撮影することもできます。

いずれにしても、浮気現場が分かれば浮気調査において多くのメリットがありますので何としでも押さえたいものです。

不貞行為がおこなわれる浮気現場はどこか?

不貞行為の証拠を残すためには浮気現場がどこなのかを特定してなくてはなりません。一般的に不貞行為をおこなう人たちは浮気する場所を頻繁に変えるようなケースはまれです。「目立ちたくない」、「安心して楽しみたい」という気持が働きますので、たいていの不倫カップルは慣れ親しんだ同じ場所で浮気行為をおこないます。

この不貞行為がおこなわれる浮気現場の場所と利用時のパターンや傾向について解説します。

ラブホテル

ラブホテルは手軽に性交渉を持てる場として多くのカップルが利用します。料金もシティホテルなどと比較すると安価で泊まり1万円~、日中などは2時間で3千円~利用できるラブホテルもあります。また、中には日中は休憩も2時間の料金で3時間利用できるホテルもあり昼間からたくさんの利用客がいます。

ラブホテルは誰が見ても明らかに性交渉を持つための場ですので、そこに出入りする姿は他人に見られたくないものです。そのため、都市にあるラブホテルは繁華街からやや離れた場所にまとまって作られています。(風営法の影響もあり作れる場所も限られます)また、ローカルな地域では郊外の道路沿いに点在しており、車でサッと入れるようなつくりになっています。

ラブホテルを利用する人の心理としては「出入りするところを見られたくない」、「知人と遭遇したくない」という考えが働きますので、たいていが自宅から離れた場所を利用します。もし、ラブホテルが浮気現場になっている可能性があれば自宅からやや離れたエリアが疑わしいかもしれません。

シティホテル・ビジネスホテル

シティホテルやビジネスホテルの場合は、ラブホテルと比べて料金が高かったり、事前の宿泊予約が必要だったりします。また、ホテルの受付でスタッフと対面しなくてはならず、本名・住所などの宿泊名簿への記帳も必要です。このように手軽さが少ないため、浮気相手との密会に利用する人の割合はさほど多くありません。

しかし、お金に余裕がある人なら別です。夫やパートナーがお金持ちなら、ラブホテルのようなチープであまり清潔感がない場所は好まない可能性があります。そのような人たちなら、いつも利用するお気に入りのシティホテルがあるはずです。配偶者の財布の中を調べてみたら会員カードや領収書が出てくるかもしれません。

相手の家

浮気相手が独身ならその相手のマンション・アパートが不貞行為の場所になっている可能性があります。その場合には、ラブホテルやシティホテルなどを使う必要はありませんので、頻繁にその相手の家へ通うことになるでしょう。その場合には、浮気相手の家に訪問する一定の行動パターンが生まれやすくなります。

自分で調査する際には具体的な場所が分かればベストですが、浮気相手のマンションが浮気現場だということが分かるだけでもOKです。その後の、浮気調査が進めやすくなります。携帯アドレス、SNSなどから手がかりを得ましょう。

ちなみに相手の家が浮気現場の場合には、その家に出入りする証拠写真は1枚だけでは証拠としては弱くなります。「仕事の打合せだった」、「お茶をご馳走になった」などと言い逃れができるためです。ですので、相手の家が浮気現場の場合には、目安として3回以上出入りする写真を残したいものです。

相手の家が浮気現場の場合には、複数回の張り込みと写真撮影が必要になるため、その分、浮気調査の手間もコストもかかるということを覚えておきましょう。

自宅

浮気現場が自分の家だったというのはショックな出来事です。しかし「夫が仕事で外出中に妻が浮気相手を連れ込んだ」あるいは「妻が妊娠中で実家に帰ったときに夫が浮気相手を連れ込んだ」というように自宅が浮気現場となるのはよくある話しです。

配偶者に浮気の兆候が見られたら自宅での浮気を疑ってみる必要もあります。もし浮気現場が自宅の場合には、何らかの痕跡が残っているはずです。

  • 髪の毛が落ちていた
  • ベッドやシーツが乱れていた
  • 残り香がする、香水の匂いがした
  • 便座が上がっていた(男性の場合、便座を上げて小便をする人が多いため)

後ほど解説しますが、自宅が浮気現場の場合には探偵に依頼せずとも自分で浮気の証拠をつかみやすくなります。

自動車内

自動車内も不貞行為がおこなわれる場所としてよく利用されます。自動車内ならお金がかからないこともあり、特に若い男女は郊外の人気のない場所に行き車内で性交渉を持つケースがあります。

自動車内も隅々を調べると「長い髪の毛が落ちていた」、「たばこの吸い殻やゴミが落ちていた」など証拠となるものが発見できる可能性があります。さらに車内での不貞行為や移動ルートなどを詳しく知りたい場合には、GPSを活用すれば具体的な浮気現場を特定することができます。

出張先

営業マンなど出張が多い人の場合、出張先に現地妻がいたり、あるいは出張先のホテルに浮気相手を呼び寄せるようなケースも見られます。その場合には、毎回泊まっている出張先のホテルが浮気現場になりますので、事前にホテル名を特定しておいて、あらかじめホテル周辺で張り込みをおこなえば不貞行為を押さえることが可能になります。

また、ホテル名がどうしても分からない場合には、夫の会社に電話して急用があるのでホテル名を教えてほしいと言えば簡単に聞き出すことができるでしょう。

浮気現場を押さえるための方法

浮気現場を押さえるためには、痕跡や証拠を積み重ねて場所を特定していくことになります。そのためには、自分である程度の調査が必要です。

配偶者の発言や態度、さらに携帯電話など浮気相手との連絡ツールなどをもとに浮気現場を探し出す作業をおこないますが、それでも判然としない場合には、素人にはあまりオススメはできない方法ではありますが、尾行により浮気現場を押さえることになります。

浮気現場の手がかりは携帯から探す

今や携帯電話は個人の情報伝達手段として、また情報を取得するツールとして欠かせないものとなりました。そのため、携帯電話の中には「誰といつ連絡を取り合った」、「何を調べた」など個人情報の宝庫と言っていいほどです。

携帯電話の中には、以下のような浮気相手と連絡を取れる手段と情報を探す手段があります。これらの中から浮気相手や浮気現場を特定することが可能です。

  • 電話の通話履歴
  • 携帯電話のSMS(ショートメッセージ)
  • 携帯キャリアのメールアドレス
  • Gmail、Yahooメールなどフリーメール
  • LINE、FACEBOOK、TwitterなどSNS
  • 写真、動画履歴
  • インターネット閲覧履歴
  • Google、Yahooなどの検索履歴

ただし、最近のスマホには、「パスワード」、「パターン」を設定して第三者に見られないようにすることができます。もし携帯がロックされているようなら、、パスワードの場合には、相手の「誕生日」、「好きな番号」などを入力しみる。パターンの場合には、相手が操作している動きをチェックしてその通りにパターンを入れてみることで解除できるかもしれません。

GPSロガーを活用する

車で浮気している可能性があれば浮気現場の特定にオススメなのがGPSロガーです。GPSロガーは実際に探偵も浮気調査で使用している機器です。ネット通販などで1万円程度で高機能のGPSロガーを購入することができます。

使い方は簡単で、車の裏側にこの機器を取り付ければ、移動ルート、停止した場所などの情報が残る仕組みになっています。浮気後にこのロガーをパソコンにつなげば、Googleマップなどに移動した場所の住所が正確に示されます。Googleストリートビューと合わせて使えば建物(ラブホテルの看板)なども見ることができます。

車の裏側に装着するだけですのでバレにくいのでおすすめです。

浮気GPSアプリを活用する

GPSアプリは、相手の携帯に浮気調査用のアプリをダウンロードすることで相手の動きがリアルタイムで分かるという優れものです。中には遠隔操作で写真や動画が撮影できるアプリもあります。しかし、浮気アプリの中には遠隔操作の際に勝手にソフトが起動したり、シャッター音が出るなど、完成度に問題があるアプリも多く見られます。

また、このGPSアプリの問題点は相手がアプリをダウンロードされたことに気づく可能性があることです。相手に見つかったら一大事なのは言うまでもありません。

勝手にダウンロードするのは違法スレスレの行為であり、バレるリスクが高いためオススメはできません。

自分で尾行して浮気現場を押さえる

携帯などの情報から浮気する日時が特定できたら、次は実際に「浮気相手と会っていないか」、さらに「不貞行為がおこなわれていないか」を確認するための尾行調査が必要です。しかし、素人がいきなり配偶者を尾行するのは危険極まりません。顔、かたちを知られておりバレる危険性が高いため、大胆な尾行はできません。

【自分で尾行するときの注意点】

  • まずは冷静な気持ちを保つ
  • 目立たないような変装をほどこす
  • 20~30メートルは離れて適当な距離を保つ
  • 相手と目が合わないようにうつむき加減を保つ

試しに尾行してみてバレなかったからといって深入りするのはやめましょう。特に相手が「まわりをキョロキョロ見回す」など警戒している素振りを見せたら、そのときは無理をせずにその時点で尾行を中止することです。

自分で張り込みして浮気現場を押さえる

もし浮気現場である「ラブホテル」、「相手の家」が特定できたとします。そうなると浮気調査も最後の局面となり張り込みをおこない不貞行為の証拠を残すだけです。

しかし、この張り込みにより証拠写真を残すという作業が素人には非常に難易度が高いものです。以下のような張り込みと不貞行為の証拠を残すことが自分でできるならば、探偵に頼む必要はありません。

もし浮気現場は特定できたけど、張り込みは難しい、写真撮影にも自信がないということなら、できるだけ早めに探偵に依頼するのが確実です。浮気現場が特定できているなら、低料金で調査が完了する可能性も高いからです。

【張り込み調査に必要な条件】

  • 不規則な時間帯に長時間張り込みできるか
  • 周囲から怪しまれずに長時間張り込みできるか
  • 対象者にバレずに写真撮影できるか
  • 夜間や遠くから正確な写真撮影ができるか

自宅が浮気現場の場合の証拠の残し方

もし、自宅が浮気現場として使われているようなら、証拠を残すためにいろいろな仕掛けをおこなうことができます。

例えば、盗聴器、ビデオカメラを部屋の中に設置すれば音声の録音、画像、動画などの撮影ができます。この2つがあれば不貞行為の証拠としては十分有力です。

部屋が浮気現場になっていた場合-盗聴・録音する

自宅の中に録音機を設置する場合は、何も仰々しい高級な盗聴器材を設置する必要はありません。市販の1万円程度のICレコーダーで十分高品質の音声録音ができます。ただし、録音時間やバッテリーの持ち具合などはレコーダーによってピンきりですので注意しましょう。電池、録音ともに24時間ていど使用可能な機器の購入が良いでしょう。

あとは、ベッドの下、タンスの中など相手の目に入らないような場所に設置しておくだけでOKです。

部屋が浮気現場になっていた場合-盗撮する

不貞行為の証拠としては、音声よりも画像や動画のほうがより強力な証拠となります。もしベッドルームにカメラが仕掛けられるようならそのほうが録音機よりもベターです。

選び方が分からない場合には、「隠しカメラ」、「小型カメラ」というキーワードで検索してみれば「探偵も使用しているカメラ…」などのうたい文句でたくさんのカメラがネット通販で販売されています。

それらの中には、掛け時計型、置時計型、ライター型、ペン型など多様なタイプのカメラが販売されています。いきなり部屋に新しい掛け時計や置き時計が置いてあったら「これは何?」と疑われますので部屋のつくりに合った隠しカメラを選ぶ必要があります。カメラの機器も盗聴器どうようにバッテリーと撮影可能な時間をチェックの上、選ぶ必要があります。

また、間違っても家庭用のビデオカメラなどを代用品として使うのはやめましょう。こっそり隠していたとしても、バッテリーが切れる際に音が出たりするため盗撮していることがバレてしまいます。

浮気現場を目撃してしまった場合の注意点

自分で浮気調査をしていると意図する、意図しないに関わらず浮気現場を目撃してしまったり、バッタリと遭遇してしまうケースがあります。そんな時はたいていの人が動揺して取り乱しますが、事前に心の準備ができていれば、「慌てたり」、「怒ったり」することもなく、また無用なトラブルを回避できます。

浮気調査はつねに冷静かつ慎重におこなうことが成功の秘訣です。気持ちのコントロールとハプニングに対する心がまえとなるものを解説します。

怒らない

配偶者やパートナーの浮気現場を目撃してしまったら怒り心頭になる気持は分かります。だからと言って怒りに任せて文句を言っても始まりません。ましてや暴力行為をおこなっては、一転して被害者から加害者になりあなたが不利な立場に立たされます。

夫(妻)も結婚しているのに浮気しているのには何らかの理由や考えがあるはずです。浮気現場を目撃しても、その後の家庭生活も冷静にいつもと変わらず相手に対応すべきでしょう。そして密かに浮気調査を進めて有利な問題解決方法を見つけていくのが賢い対応と言えます。

脅さない

浮気現場を目撃してしまい、腹立ちまぎれに妻やその浮気相手を脅してしまうような夫の事例がよく聞かれます。「会社に言いつけるぞ…」、「金を払え…」など脅したり脅し取ろうとするような行為は犯罪と取られかねません。脅迫、恐喝などで逆に相手に訴えられるようなことになるでしょう。

妻とやり直したい場合でも離婚が前提の場合でも、脅すような行為はいずれも逆効果です。浮気した妻が一方的に悪い場合でも、この脅すような言動により相手の過失が相殺されてしまうことにもなりかねません。もし、相手現場を目撃しても脅すような行為は取らないのはもちろん、相手に悟られずに浮気調査を進めていくべきです。

すぐに別れを切り出さない

怒りや悲しみにより、つい感情的になってすぐに別れを切り出すような突発的な言動も避けるべきです。配偶者によっては「その言葉を待っていた」という裏目に出るような結果になりかねません。離婚したいと思ったり、離婚するのが前提の場合でも、浮気調査を重ねて有利な条件を積み重ねてから離婚の手続きに踏み切るするべきです。

ここはグッと怒りを飲み込み、相手の不貞行為となる証拠を残す、浮気相手が誰なのかを調べた上で交渉をおこなうべきでしょう。

浮気現場に乗り込まない

配偶者が楽しそうに浮気相手とデートしている姿に腹を立てて、その場に乗り込んで当たり散らすというケースも浮気の現場では珍しくありません。これも百害あって一利なしです。このように相手を追いつめても、2人の間で火がついていれば浮気を止めるという可能性は低いでしょう。浮気している当人たちの間で結束が生まれ、単なる浮気だったのが本気になることさえありますので復縁を考えている場合にはNGな行為です。

また、浮気現場を見られた2人はこれ以降の密会は用心深くなります。これ以降は浮気現場を押さえたり、浮気の証拠を残すのは至難の業となります。むやみに浮気現場に乗り込むことで、あなたは配偶者に裏切られたまま有利な離婚もできずに2重の苦しみとなる可能性があります。

浮気現場を目撃した場合のシーン別対処法

浮気現場を目撃し焦る気持ちは分かりますが、その時にすべき行動は今後重要になってきます。ここでは浮気現場シーン別の対処法について解説します。

町中で目撃した場合はどうする

テレビの不倫ドラマではありませんが、町中で浮気現場を目撃してしまうということは実際に起こりえる話しです。

もしも町中で偶然に浮気現場を目撃したとしたら、できるだけ速やかにその場を離れるのが賢明な対応です。ただし、浮気相手の容姿などはしっかりインプットしておきましょう。その後の浮気調査に役立ちます。間違っても、そのまま尾行したり、証拠を残そうとその場で携帯を取り出して写真を撮ろうとしてはいけません。

精神的に動揺している状態で尾行しても上手くいかずに見つかってしまう可能性が高くなります。また、デートしている現場の写真だけでは不貞行為の証拠にはなりません。また、携帯内蔵のカメラで遠く離れた相手を正確に写真に残すのは難しいことは言うまでもありません。

配偶者が気づいた場合はどうする

相手が急に急ぎ足になったり、顔をそむけて逃げるような姿勢を取ったら、あなたの存在に気づいている可能性があります。そのような場合には、相手に目線を向けずに、何もなかったかのようにその場を離れたほうが良いでしょう。

あなたは浮気現場を目撃していないと思わせたほうが、その後の浮気調査が進めやすくなります。

部屋でばったり遭遇した場合はどうする

「急な用事ができて自宅に戻った」、「忘れ物を取りに自宅に戻った」そんな時に配偶者が浮気相手を連れ込んでいた。不貞行為をおこなっていた。そんな修羅場のようなシチュエーションも実際にあります。

自宅で不貞行為をしている姿を見たら冷静でいられないのが当然です。しかし、感情的な対応はできるだけ避けるべきです。まずは浮気相手を家から追い出して、浮気が本気なのか、浮気を辞める意志があるのかを確認するとともに、あなた自身がそれに対してどうしたいかを冷静に考える必要があります。

しばらく様子を見るにしても、別居するにしても、将来的な浮気調査や有利な離婚を見すえて以下のような情報を聞き出しておくことが必要です。

  • 浮気相手の名前
  • 浮気相手の住所
  • 知り合った場所
  • 交際期間

話し合いを持ちかけ解決を図る場合

浮気現場に遭遇してしまい、今後どうするか話し合いの場を持ちたいという場合にも、あくまで相手が一方的に悪くあなたは被害者であるという立場を明確にして話し合うことが重要です。その際に浮気がバレたことに対して相手がどのように思っているか本音を確認する必要があります。開き直った態度を取るなら話しは別ですが、反省している態度を示したり、浮気は止めると言う場合には、「本気で言ってるのか」、「反省はうわべだけなのか」を確かめなくてはならないでしょう。

浮気した当事者は、バレてしまったことで気まずさもあり、その場は反省の色を見せるものの、その後もこっそり浮気相手と会っていたというのはよくある話しです。

許す場合でも、やり直しを図る場合でも、配偶者に「今度浮気をしたら慰謝料を○○○万円支払う」などの念書、誓約書を書いてもらうというのも一つの方法です。この誓約書は公正証書化することにより法的な効果が高くなります。もし、その後やはり離婚することになったという場合に効力を発揮します。

別居により冷却期間を置く

「怒りがおさまらない」、「これからどうすればいいか分からない」、「離婚も視野に入れる」ということなら冷却期間をおくために別居するのも一つの方法です。配偶者の浮気を理由に別居生活に入るのは、法的にも決して不利にはなりません。

その際には婚姻費用という別居後の生活費の支払いについての取り決めも忘れてはなりません。また、別居したことをいいことに浮気がエスカレートする可能性もありますので引き続き浮気調査は必要です。

浮気現場の特定と証拠集めはプロに任せる

「浮気現場を押さえた」、「不貞行為をおこなっている場所を突き止めることができた」そして、あなたの気持ちとしては「離婚したい」、「離婚することに決めた」、「慰謝料請求したい」なら、次は不貞行為の証拠を集めることに全力を尽くすべきです。

ラブホテルに出入りする写真、浮気相手の家に出入りする写真など、不貞行為の証拠をどうやって残すかを考えなくてはなりません。

その際に、自分1人で尾行、張り込みをおこない浮気現場の証拠写真の撮影ができればそれに越したことはありません。また、恥をしのんで友人・家族に協力してもらうという方法もあるでしょう。しかし、浮気というプライベートな問題に関して他人を巻き込むのは難しいものがあります。

また、この証拠を残すという写真撮影は素人には簡単ではありません。

「浮気相手とラブホテルに入るときの写真、出てくるときの写真を撮影すればいいだけだろう」と素人の人は安易に考えがちです。しかし、そのラブホテルの近くには「隠れて撮影できる場所がない」、「夜になると周囲が真っ暗でフラッシュを焚いて撮影したらスグにバレてしまう」などの問題があったらどうでしょうか。

浮気の証拠集めは、高度な写真撮影テクニックとバレない張り込み調査が求められます。

【こんな写真撮影ができますか?】

  • 対象者とはっきり分かる写真の撮影
  • 夜の暗闇の中で撮影、暗視カメラの活用
  • 遠くから望遠レンズを使っての撮影、光学ズームを使っての撮影
  • バッグにカメラをしのばせ、ラブホテル、シティホテルでの撮影

家庭裁判所では、公平性の観点から何よりも証拠というものを重視します。そして、その浮気の証拠が確かならば被害の状況により妥当な慰謝料の金額を提示します。その証拠は当人だとハッキリ分かるものでなければ不貞行為の証拠として認めてくれません。

浮気調査費用をケチって素人が撮影までをおこなおうとすると「せっかくのシャッターチャンスを逃す」、「相手に見つかってしまう」などの問題が起きてしまいます。自宅が浮気現場ならともかく、ラブホテルやシティホテル、浮気相手のマンションが浮気現場の場合には、浮気調査に強い探偵に相談することをお勧めします。

まとめ

浮気調査では、事前に対象者の浮気動向などの下調べが重要なのはお分かりいただけたと思います。そして、可能ならば浮気現場を突き止めることで合理的な浮気調査が実現できるということもご理解できたのではないでしょうか。

しかし、かならず浮気現場を突き止めなくてはいけないということではありません。人それぞれ浮気の状況は違います。配偶者が用心深い、なかなか尻尾を出さないということであれば、無理して調査したり、深追いすることで、あなたが浮気調査していることがバレる可能性が高くなります。

ですので、なかなか浮気現場の証拠はつかめないけど、浮気していることが確信できたなら、いちど探偵に相談してみるのも良いでしょう。相談は無料ですので、自分が望む解決へ向けてより良いヒントが得られるかもしれません。

多くの人の問題や悩みの早期解決のため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
浮気調査に関する記事

あらゆる調査に実績のある探偵・興信所

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

探偵さがしのタントくん
あなたのやりたい調査に合わせて優良な探偵を無料で紹介します。匿名での相談もOKです。個人情報が漏れることは無い安心システムなので利用者も急増中です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
総合探偵社TSは浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ