浮気調査で集めるべき証拠とは?離婚する時に有利に使える証拠

浮気調査をする人の目的は、「事実を知ってどうするか検討したい」、「離婚するための材料にしたい」、「慰謝料請求したい、増額させたい」と大きく3つに別れます。

いずれにしても相手が浮気していることを証明すためには証拠というものが必要です。この浮気の証拠も、浮気相手とのメールの履歴や通話履歴なども浮気の証拠の一つではありますが、「離婚する」、「慰謝料請求する」となったら、この程度の証拠では不十分と言えます。

協議離婚の交渉の際にも、はっきりした浮気の証拠がないため「相手が浮気を認めない」、「慰謝料を払おうとしない」など、話し合いが平行線となるケースがよく見られます。

もし話し合っても解決できなければ「離婚調停」という家庭裁判所で争うことになりますが、ここで何より重要になるのが不貞行為の証拠なのです。

離婚を有利に進めたいと考える方に役立つ「使える証拠」と「使えない証拠」について解説します。

集めるべき浮気の証拠とは

相手の一方的な浮気が原因で、「精神的に追い詰められた」、「裏切られて苦しんだ」、「だから相手が悪いに決まっている」と浮気された当事者なら、そのように考えます。しかし、第三者から見れば、どちらか一方が悪いわけではなく、浮気される側にも何らかの問題があったのではと推測します。また、浮気というのは事実ではなく、勝手な思い込みによるものではないかと考える人もいるでしょう。

ですので、浮気を証明するためには誰が見ても相手側に非があることが分かる証拠というものが必要なのです。この証拠も「仲の良い異性と連絡を取り合っていただけ」と取られるような証拠では不十分です。いくらでも言い逃れできるような証拠は必要なく、不貞行為があったという事実が分かる証拠が必要です。

あきらかに不貞行為と判断できないような証拠はゴミと一緒だと考えて結構です。

浮気の不貞行為とは

離婚は一方が望んでも相手が同意しなければ簡単にはできません。しかし、民法第770条で定める以下の項目に該当する場合には認められます。

第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

夫婦の間で協議離婚が成立しなければ、家庭裁判所で決着させることになります。つまり法的判断に委ねることになりますが、そこで浮気していたかどうかの判断基準となるのが不貞行為の事実です。不貞行為とはズバリ性交渉のことですが、その不貞行為を証明するために証拠を集めなくてはなりません。

浮気の証拠で離婚を有利に進める

配偶者の浮気が原因で離婚すると決めたら、当然ながら離婚条件を有利に進めたいものです。その場合には、不貞行為を証明するために「浮気調査」をおこない証拠を集めることが必要です。ただし、この証拠集めでは、裁判所が不貞行為と認めるような証拠に絞って集める必要があります。

「浮気しているかもしれない…」、「浮気はしているが不貞行為の事実が見られない…」というような曖昧な証拠では、離婚を有利に進める決定力としては不足しています。

例えば夫の携帯アドレスに、浮気相手とのメールのやり取りで不貞行為を匂わす文章が残されていたら、当事者である妻としてはこれは確実な浮気の証拠だと考えると思います。しかし、裁判所は中立・公平な立場から「単なる友人同士の会話かもしれない」と別な可能性を考えます。

つまり、裁判所がこれは「不貞行為(浮気)で間違いない」と判断する証拠を残さないといけないということになります。

一般的に裁判所が不貞行為と認めてくれる「使える浮気の証拠」と、そうでない「使えない浮気の証拠」について解説します。

離婚調停・裁判で使える浮気の証拠

離婚、慰謝料請求時に裁判所を介して手続きを進める際には、肉体関係をともなう浮気が確実におこなわれたという証拠が原則として必要になります。

いわゆる不貞行為を証明するものですが、具体的には、ラブホテル、シティホテルへ出入りする写真、相手の家に頻繁に出入りする写真などです。

複数回のラブホテルへの証拠写真・動画

もっとも確実な証拠となるのがラブホテルに複数回出入りしている際の写真・動画です。基本的に、ラブホテルは性交渉を持つ場であると一般的に認識されている場所です。そのような場所に、1回だけでなく何度も同じ相手と入店していたら浮気は確定です。言い逃れすることはできません。

このような証拠を持って家庭裁判所に行けば調停委員もあなたに同情的な対応をしてくれるでしょう。

3回以上相手の家に出入りしていた証拠写真・動画

異性の家に1度でも出入りしたら、それは当然ながら浮気目的ではないかと誰もが考えます。しかし、相手の家はラブホテルなどと違って性交渉を持つための場だとは言いきれません。家は居住者のプライベート空間であり、そこではいろんな用途に用いることができるからです。

しかし、何度も不規則な時間帯に訪問していたら話しは変わってきます。さらに親密な様子で外でデートしている写真があれば、それらの証拠を合わせて裁判所に提出すれば浮気として認めてもらえる可能性は高くなります。

離婚調停・裁判で使えない浮気の証拠

一方で離婚調停・裁判で使えない浮気の証拠が肉体関係をともなわない証拠です。「頻繁に連絡を取り合っている」、「親密にデートしている」、「キスをしていた」などの証拠写真があってもそれだけでは不十分です。

一見すると浮気の証拠に使えそうだけど、実は使えないというものを紹介します。

相手の家に1、2回程度出入りした証拠写真・動画

よくタレント男性がアイドル女性の家を訪問して浮気スキャンダルとして騒がれるニュースが報道されますが、その際によく聞かれる弁解に「仕事の打合せをしていた」、「食事に招待された」などとビジネスパートナーや友人関係を強調するものがあります。

実際にこのようなケースでは、誰もが怪しいと分かっていても深く追求することはできなくなります。異性の家への訪問が1,2回程度なら浮気の証拠としては弱いのです。

ですので、相手の家で不貞行為をおこなっていることを立証したければ、「打合せの回数」、「時間」、「二人のメール、SNSの内容」、「外でのデート風景」などの情報が重要になってきます。以下のたくさんの情報を写真・動画などで残すことで不貞行為として認められる可能性は高くなります。

  • 頻繁に相手の家に出入りしている
  • 深夜に訪問したり、長時間一緒にいる
  • 性交渉を連想させるメールを送っている
  • 外でのデートで手をつないだり、キスをしていた

ラブホテルに1回だけ出入りした証拠写真・動画

1回だけの入店写真では「疲れたので休憩した」、「相手が具合が悪くなって休んだ」など言い逃れされる可能性があります。また、仮に相手が浮気行為を認めても「本気ではなく1回だけの遊びの関係だった」となると、ワンナイトラブとなり不貞行為とは認めにくくなります。

その相手と交際していることが分かるような情報、例えば「相手とのメール履歴」、「ツーショット写真」、「交際期間が分かる証拠など」や、1回だけでなく複数回不貞行為に及んでいることが分かるような証拠も合わせて欲しいところです。

キスや抱き合っている写真

キスやハグしているなら確実に浮気だろうと思ってしまいますが、裁判所ではその程度では浮気とは認めません。「お酒を飲んで勢い余ってキスした」、「出会い頭的に抱き合ってしまった」など、浮気と認めるには確証が得られないと判断されます。

さらにラブラブな写真や熱いメールのやり取りが証拠として残っていても、それらを合わせても浮気の証拠としては不十分だとみなされます。

浮気の証拠を集める方法

このように、浮気を原因として離婚交渉や裁判所での調停を有利にすすめるためには、不貞行為の証拠が何より重要であることはご理解いただけたと思います。

繰り返しますが、協議離婚を有利にするためには、配偶者が反論できないような証拠を見せる必要がありますし、裁判所では調停委員があなたに同情を寄せるような不貞行為の具体的な証拠を提出する必要があります。

これらの証拠集めについて解説します。

自分で浮気の証拠を集めてみる

配偶者に浮気の兆候が見られたら、まずは自分で証拠を集めることです。配偶者の身の回りの持ち物を調査すれば、必ず何らかの手がかりが得られるはずです。相手の外出時、就寝時、入浴時などが調べるチャンスですが、重要なのが調べた痕跡を残さないということと、無理をし過ぎないことです。気づかれそうになったら深入りせずに、次のチャンスを待ちましょう。

もし身の回りを調べられていることが、相手にバレてしまったら確実に警戒されます。次のチャンスは無いと思って慎重に行動しなくてはなりません。もし、これ以上の自力での調査は危ないと思ったら探偵に相談するのが手段としては間違いないでしょう。

どこを探せばいいのか

浮気の証拠が出てくる場所は大体決まっています。その人の身の回りのモノ、よく使うモノ、連絡ツールなどに証拠が残っています。まずは、それらをこまめにチェックすることです。

  • 携帯電話の通話履歴
  • 携帯電話のメールアドレス
  • パソコンのメールアドレス
  • パソコンのインターネットの閲覧履歴
  • LINE、FACEBOOK
  • 車の中、カーナビ履歴
  • 財布の中(レシート、領収書、ポイントカードなど)
  • カバンの中身
  • 洋服のポケットの中身

この自分での証拠集めは、後で探偵に依頼する際にも有効です。「浮気相手が誰か」、「浮気する日時」、「浮気現場」という3つが事前に把握できていれば、調査は短期間で終わる可能性が高いからです。つまり、低額な費用で調査が完了することができます。

自分で証拠を集めるリスク

浮気調査では、自分で証拠を集めることは重要なのですが深入りするのは危険です。人によっては調査することがついつい楽しくなってしまい、毎日配偶者の身の回り品を探ったり、携帯を調べる人がいます。

しかし、浮気する人の多くが、心の中で後ろめたい気持ちがあり、自分の行動を必要以上に誤魔化そうとします。いわゆるバレないように気を使います。

ですので、頻繁な調査は控えて相手の様子を伺いながら要所要所で調べるなどの工夫が必要です。

また、浮気調査をどこまで自分でやるかですが、最終的な不貞行為の証拠を残すための尾行や張り込みは、時間が日中や深夜におよぶケースもあり一般の人がおこなうには難しい面があります。また、本人が特定できるような写真撮影技術もカメラの操作に慣れてない人には難易度が高いと言えます。

ご自身で尾行、張り込み、撮影に自信があるという方なら、探偵の調査費用が必要なくなるのでそれでも良いでしょう。しかし、以下のリスクについて理解しておかなくてはなりません。

【自分で調査するリスク】

  • 配偶者にバレずに1人で尾行、張り込みができるか
  • 日中、夜間など不規則な時間に尾行、張り込みができるか
  • ラブホテルがある暗闇の中で正確に写真撮影ができるか

また、これだけではなくラブホテル周辺は治安も悪い場所が多いため警察も頻繁に巡回しています。張り込みしていると不審者と間違われ、急な尋問を受けることもあります。そんな時に配偶者がホテルからでてきてバッタリ遭遇なんていうこともあり得る話です。

証拠集めを探偵に依頼する

もし一人で証拠集めするのが困難だと感じたら探偵への依頼が確実な方法です。ご自身である程度の浮気の証拠を集めてあれば短期間で安価な料金で決定的な不貞行為の証拠を集めてくれます。

探偵を選ぶ場合には料金面も重要ですが、まず調査力・技術力が高い探偵を選ばなくてはなりません。その上で、料金面やその他の条件面で選ぶのが良いでしょう。また、1社に特定せずにいくつか見積りをとってみて、その中から信頼できそうな探偵を選びましょう。

また、不要なトラブルを避けるために探偵への依頼方法など、浮気調査において基本的なことを理解して実行に移したほうが良いでしょう。

離婚を有利に解決したい

不貞行為を証明するためには、どのような証拠が必要かどのように集めればよいかについて解説してきましたが、最後に不貞行為の証拠をは離婚でこんなにも有利になるということをお伝えします。

浮気の証拠があればここが有利になる

配偶者の浮気で離婚を考えている人にとっては、不貞行為の証拠を集めることで「離婚の条件」においてさまざまな面で有利な状況になります。仮に「結婚生活が上手く行ってない」、「性格の不一致があった」、など双方に問題があったとしても、浮気という行為は配偶者に対して最も大きい裏切り行為です。

それもあって裁判所の調停委員は、浮気の証拠が残されていれば、加害者(浮気した当事者)に対して厳しい条件での和解案を提示します。

  • 離婚できる材料になる
  • 慰謝料請求で有利になる
  • 浮気相手へ慰謝料請求できる
  • 財産分与で有利になる
  • 親権獲得で有利になる
  • 離婚調停、離婚裁判で有利になる

離婚できる材料になる

一方が離婚を望んでも相手が拒否した場合には民法770条に定められている項目に該当しなければ離婚することはできません。浮気したくせに離婚を拒む相手に対しても、離婚調停に持ち込んで不貞行為の証拠を裁判所に提示すれば問題なく離婚は認められます。

男性の浮気のケースでは、自身の浮気が発覚して妻から三行半を突きつけられたにも関わらず離婚を拒否する人が少なくありません。しかし、妻は夫への愛情が冷めており、やり直しをせずに離婚したいと考えます。このように、離婚して新たな生活をスタートするための材料として浮気調査をおこなうケースはよく見られます。

慰謝料請求で有利になる

浮気された側にとっては精神的に大きな苦痛を受けます。浮気が原因で、鬱になったり、病気を発症するケースもよく見られます。このような場合には、単に離婚するだけではなく、結婚生活で受けた精神的な苦しみを慰謝料として支払ってもらいたいと考えるのは普通です。

離婚慰謝料の相場は、100万円~300万円が一般的ですが、不貞行為が離婚原因の場合には慰謝料の金額も大きくなります。この慰謝料は支払う側の収入も影響してきますが、仮に配偶者の収入が少なくても一方的な不貞行為で離婚するなら300万円近くは勝ち取れる可能性は高いでしょう。例え相手が低収入であっても給料差押えをするなどの強制執行という手段を取ることもできます。

浮気相手へ慰謝料請求できる

不貞行為は配偶者だけでなく、その浮気相手にも慰謝料請求ができます。浮気相手も一緒になって不貞行為をおこない、あなたに精神的な苦痛をもたらしたということで迷惑料的な名目で支払いの義務が発生します。

特に浮気相手がその浮気に対して積極的だった場合には支払ってもらえる金額も大きくなります。また、配偶者と浮気相手両方に慰謝料請求するのなら、2者からの支払いになりますので300万円を超えるケースも珍しくありません。

浮気相手への慰謝料請求は、内容証明郵便で慰謝料の金額、支払期限などを明記の上、郵便局より差し出す流れになります。ここで相手が素直に支払いに応じれば問題無いですが、大抵は難色を示したり、返信がなかったりします。

その場合には、男女問題に強い弁護士に依頼すれば、代理人となって慰謝料請求から離婚調停までサポートしてくれます。探偵は提携している弁護士が必ずいますので、浮気調査から離婚手続き、慰謝料請求までワンストップで依頼するとスムーズです。

財産分与で有利になる

離婚する際には、共有財産である財産分与をどうするかという問題が出てきます。財産分与では、一般的に土地、建物、車、家具など高額なものが対象となります。

財産分与には3つの種類があります。

  • 精算的財産分与:結婚生活中に購入した財産を離婚時に分けましょうというもの
  • 扶養的財産分与:離婚することで生活が苦しくなる配偶者への支払い
  • 慰謝料的財産分与:一方が原因をつくって精神的に傷つけた分を支払うというもの

夫の浮気が離婚原因となった場合には「慰謝料的財産分与」というものが対象になります。精神的にダメージを受けた分を迷惑料として財産分与にも反映してもらい、多く受け取ることが可能になります。

親権獲得で有利になる

子どもがいるのに家庭を顧みず浮気にいそしむ行為は親として失格と言えます。離婚調停の際に、浮気の証拠を提出することで裁判所の調停委員に与える印象は大きく変わります。多くのケースで、そのような浮気する親が子どもの養育をおこなうのは不適格であると判断するでしょう。

浮気の証拠は離婚の親権獲得でも有利になります。

離婚調停、離婚裁判で有利になる

離婚では協議離婚という話し合いで解決できなければ、離婚調停により家庭裁判所の調停委員が双方の主張を聞いて和解を図ります。それでも双方が「調停内容に納得いかない」、「白黒はっきりと決着を付けたい」という場合に離婚裁判で解決を目指すことになります。

離婚調停、離婚裁判いずれも、相手の不貞行為が離婚原因という場合には、調停委員は浮気された側に対して同情的な立場で解決が図られるケースが多くなります。

ただし、調停委員は公平・校正な立場から双方の話しを聞きます。そこで、重要になるのが不貞行為の具体的な証拠です。写真・動画などのはっきりとした浮気の証拠があれば、離婚原因の争点が明確になり被害者と加害者がどちらなのかが分かります。

この証拠により、離婚におけるさまざまな条件(慰謝料の金額、財産分与の金額、養育費など)で有利な解決が図れます。

まとめ

配偶者の浮気で離婚を決意している人も多いと思います。あるいは「浮気で困っている」、「我慢できない」という人の中には、これから「離婚するか」、「やり直しをするか」で検討中という人も少なくないと思います。

いずれにしても、浮気(不貞行為)の証拠を集めれば、交渉において有利に立てることは間違いありません。いつまでも配偶者の浮気に悩み続けても、状況は改善されません。思い切って浮気調査をおこない、それをもとに「話し合ってみる」、「離婚の条件提示」をしてみるというのも一つの健全な解決方法と言えます。

多くの人の問題や悩みの早期解決のため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
浮気調査に関する記事

あらゆる調査に実績のある探偵・興信所

東京探偵社ALG
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

探偵さがしのタントくん
あなたのやりたい調査に合わせて優良な探偵を無料で紹介します。匿名での相談もOKです。個人情報が漏れることは無い安心システムなので利用者も急増中です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
総合探偵社TSは浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ