浮気調査の費用を安く抑えるための方法

「夫の浮気の事実はつかんだけれど、さすがに探偵のように張り込みをして浮気の証拠写真を残すような芸当はできない…」そんな声が相談者の方からよく聞かれます。

実際に、相手がラブホテルに入るまで尾行して、そこから張り込みをおこない、誰が見ても対象者と分かる完璧な証拠写真を残すというのは素人には難しいのが事実です。そうなると頼るべきは探偵ですが、気になるのは探偵に依頼した時の調査費用です。

浮気調査の費用相場は、一般的に20万円~100万円位と言われています。20万円ならば比較的依頼しやすい金額と言えますが、さすがに100万円と聞くと躊躇する人も少なくないと思います。

しかし、費用が2,30万円程度なら今すぐ探偵に依頼してもいいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

探偵の調査費用では、このように料金に開きが出ますが、その理由は調査期間の長さと調査員の人数によるためです。ほとんどの探偵会社が、「調査員の人数×調査時間」という人件費ベースで調査費用を算出しますので、費用を安く抑えたいなら、まずは調査時間をどれだけ短くできるか、調査員を少なくできるかがポイントになります。

その場合、費用を安く抑えるために依頼者ができることがあります。その1つが、浮気の証拠を可能な限り自分で集めることであり、それを相談時に探偵に伝えることです。

また、もう1つ重要なのが優良な探偵会社を選ぶことです。この2点をクリアできれば2,30万円台という金額で浮気調査することが可能になります。

この記事では、浮気調査で探偵費用を安くするために必要な情報について解説します。

費用を安くするためには浮気の証拠がどれだけあるかで決まる

もし、浮気調査を依頼するあなたが、夫の浮気情報について何も把握してなければ、探偵は浮気の手がかりをつかむことから始めなくてはなりません。そのため、毎日対象者を尾行することからスタートになります。

探偵一人あたりの調査費用が、仮に1時間あたり2万円として、1日3時間調査したなら、それだけでも6万円の調査費用がかかります。探偵は尾行を失敗しないために2人1組で調査するケースが多いので、そうなると倍の12万円になります。

それが、「浮気する日がある程度特定できている」、「浮気相手が誰か分かっている」という場合には、探偵も無駄な尾行や張り込みをする必要がなくなります。浮気する可能性が高い日と時間を絞って調査することで、浮気調査の費用を安くすることができるのです。

浮気調査の費用が跳ね上がらないようにするため、以下のポイントを抑えて探偵に依頼しましょう。

探偵にこれだけは伝えることで費用が安くなる

浮気調査は探偵と二人三脚でおこなうことが成功の秘訣です。つまり、すべての情報をオープンにして、すべてを探偵任せにせずに依頼者自身も浮気調査に全面的に協力するということが重要です。

そのためには、浮気の証拠や対象者(夫、妻)の行動や情報を包み隠さず伝えることです。事実を隠したり、伝え忘れがあると調査に時間がかかったり、調査自体が失敗に終わるケースもあります。

浮気されたことを恥と感じたり、夫婦のプライベートを話すことをためらったりすることこそ調査の妨げになるということを理解する必要があります。

【探偵に伝えるべき情報】

  • 浮気相手の情報
  • 浮気相手の写真
  • 浮気の期間
  • 浮気している可能性が高い日時
  • 浮気時の交通手段(車、電車など)
  • 浮気現場(ホテル、相手の家など)

浮気相手の情報

浮気相手が事前に分かっていれば浮気の全貌が見えてきます。「どこで知り合って」、「どちらが浮気に積極的なのか」、「浮気は遊びか本気か」が分かることによって、取るべき対策も変わってきます。

また、浮気相手が誰なのか分かっていれば相手に対する人物調査も不要になりますので、調査も短時間で終わり費用も安くなります。

【突き止めたい浮気相手の情報】

  • 名前
  • 年齢
  • 住所
  • 会社
  • 独身か既婚者か
  • どちらが浮気に積極的か

浮気相手の写真

浮気相手の顔写真、また全身写真があれば調査はスムーズになります。夫(妻)とラブホテルから一緒に出てきた相手が写真の人物であれば、浮気はほぼ確定となります。

SNS(FACEBOOK、LINE)などから突き止めてダウンロードするなど調査力が求められますが、写真は有力な証拠になります。

浮気の期間

浮気の期間もおさえておきたい証拠です。浮気の期間が長ければ、それだけ浮気というよりも本気で交際している可能性が高くなります。その浮気の期間いかんでは、結婚生活を継続するのか、離婚を前提に浮気調査するのか判断材料にもなるでしょう。メール、SNSなどの履歴から手がかりをえたいところです。

また、浮気の期間が長ければ、それだけあなたに迷惑をかけた期間が長かったということになり、慰謝料の金額も大きくなる可能性が高くなります。浮気の期間と合わせて、どちらが浮気に積極的かも分かればなお良しです。

もし、浮気相手が積極的な場合には、相手から多くの慰謝料を支払ってもらうことが可能になります。しかし、配偶者と別れないことが前提なら浮気相手に慰謝料請求してももらえないケースがありますので要注意です。

浮気している日時はいつか

浮気相手が1人なら、浮気する日時は同じ可能性が高くなります。本人の時間的な都合、相手の都合により規則性のようなものが生まれるためです。

もし平日に浮気している可能性があるなら帰宅時間が遅い日の特定から始めます。一週間のうちに帰宅時間が遅い日や、帰宅時間が同じ日があるはずです。前述のように人間の行動には規則性というものがありますので、浮気している日時が毎回同じ曜日や時間ということはよくあります。

また、土曜日に休日出勤と称して出かけたり、接待ゴルフと言って出かける場合も、その前後には必ず不自然な言動があるはずです。

毎日、夫の帰宅時間や言動についてメモを残しましょう。そうする中で、怪しい曜日や時間が特定できるはずです。

浮気する時の交通手段は

浮気の際に電車で移動しているようなら、suica、pasmoなどICカードに移動履歴が残っています。駅の発見売り場で印字ができます。また、専用リーダーを購入すれば、駅まで行かずとも自宅で移動履歴が見れます。

また、車で浮気している場合には、GPS機器を使って調査する方法もあります。この交通手段が分かっていれば、探偵も電車を使って尾行するか、あるいは車やバイクを使うほうが良いか事前に準備ができます。

浮気現場はどこか

浮気現場つまり不貞行為を行っている場所(ラブホテル、相手のマンションなど)が特定できていれば、あとは浮気する日時を見計らって、張り込み調査をおこなうだけですので、浮気調査は短時間で終わります。

夫(妻)のメールやGPSの履歴などから浮気の現場が分かれば、浮気調査の成功確率は大きく上がります。また、調査の時間短縮により費用が安くなるのは言うまでもありません。

優良な探偵会社を選ぶ

ここまで、浮気調査の費用を安くするための証拠や必要な情報について解説してきましたが、もう1つ重要なのが優良な探偵会社を選ぶことです。なぜなら、すべての探偵が優良な会社ばかりでなく、中には「利益を優先する会社」も存在するためです。

優良な探偵会社ならば、依頼者のリクエストをしっかり聞いてくれて、短期間でかつ低料金で調査が完了するように対応してくれますが、利益優先の会社の場合「調査時間や調査員を水増しする」、「報告せずに勝手に調査する」など、浮気調査の費用をかさ増ししようろうとする会社が稀にあります。

探偵選びでは、正確で確実な調査をする会社なのはもちろんのこと、依頼者の考えや希望を反映してくれる誠実な探偵会社選びが必要です。そのような探偵なら明瞭かつリーズナブルな料金システムをもうけており、期待を裏切らない結果を残してくれるはずです。

いくつかの探偵に電話相談してみて信頼できそうな探偵会社だと感じたら、次のステップは探偵との面談になりますが、その際には、多少手間がかかりますが複数の探偵とアポイントを取って面談することです。

信頼できそうだからと言って、1つの探偵だけに絞り込むのはまだ早いです。探偵会社は調査ポリシーやサービスに対する考え方などそれぞれ個性が違いますので、いくつか会って話してみることで、メリット・デメリットも理解できるようになります。

いろんな探偵会社を比較することで正しい見極めができるようになり探偵選びの成功につながります。結果的に調査費用が安くなり納得いく調査結果が得られることになります。

探偵が相談者であるあなたに対してどのような対応と提案をしてくるかしっかり見極めましょう。

費用を安く抑えるため - ダメな探偵を見極めるポイント

もし誤ってダメな探偵を選んでしまった場合、浮気調査の費用は安くならないばかりか跳ね上がるケースがあります。最終的な請求費用を見て「その金額の大きさに愕然とした…」と、そんな事にならないようにするためには探偵会社の見極めが重要です。

ダメな探偵には共通点がありますので、そんな探偵を選ばないように以下の4つのポイントをチェックしましょう。

  1. 相談者の話しをあまり聞かずに営業トークばかりする
  2. 自信満々で必ず成功すると言い切る
  3. 調査の考え方が曖昧で調査方法についても適当
  4. 打合せ場所を喫茶店、ホテルのロビーを指定する

1.相談者の話しをあまり聞かずに営業トークばかりする

相談者の悩みはそっちのけで、「料金システムの説明」、「これまでの実績の説明」など、契約を取るための営業トークが多い探偵は怪しいと言えます。

優良な探偵会社なら相談者ファーストの考え方から、「相談内容のヒアリング」→「探偵からの質問」→「探偵からのアドバイスと提案」→「探偵会社の実績」→「料金の説明」→「契約内容の説明」etcという流れで面談が進むものです。

営業トークが悪い訳ではありませんが、「強引な営業をする」、「その場での契約を強要する」などの営業系の探偵会社は避けたほうが賢明です。

2.自信満々で必ず成功すると言い切る

浮気調査では、調査中に予期せぬトラブルやハプニングが起きることがあります。あってはならないことですが、調査がバレたり、調査期間が大幅に伸びるなど、このような問題が起きることはゼロとは言い切れません。

優良な探偵なら、事前準備を怠りなくおこない、調査中のトラブルとなるリスクを少なくする努力をおこないますが、万が一のトラブルも起こりうるため謙虚な姿勢で依頼者に向き合うものです。

ですので、根拠なく自信満々な態度で「必ず成功する」とは言いません。大きな声を出す探偵ほど怪しい可能性があります。

3.調査方法、調査の考え方が曖昧

優秀な探偵会社とは、調査の技術力とノウハウを持っているか会社のことを言います。どのような条件下でも確実な証拠という調査結果を残せるのが優秀な探偵会社です。

そのような会社なら「明確な調査ポリシー」、「調査の強み」というこだわりがあるものです。これまで培ってきた経験や実績など踏まえて、その考え方を相談者に対してしっかりと言葉で伝えてくれるはずです。

それが、「活用する調査機材」、「調査員の教育」など話しの中から調査への熱量が見えてこなければ大きな疑問点が残ります。また、面談時の話しも営業トークが大半を占めるなら怪しいものです。

4.打合せ場所を喫茶店、ホテルのロビーを指定する

探偵との面談は、通常は探偵会社の事務所でおこなわれます。しかし、探偵が喫茶店やホテルのカフェなどを面談の場所に指定してきたら怪しいものです。ホームページに書かれている住所はバーチャルオフィスで事務所を持ってない可能性もあります。

個人事業主のように1人で運営しているような探偵会社は少なくありません。そのような探偵がすべて悪いという訳ではなく、1人でも職人気質の優秀な探偵はいます。ただし、浮気調査の場合は確実に証拠を残すために2人1組以上で動くケースが一般的です。

事務所を持ってない探偵の中には公安委員会に届け出ていないような非正規営業のアマチュア探偵もいますので注意が必要です。

費用を安く抑えるため - 優良な探偵を見極めるポイント

一方で経験豊富で優良な探偵会社なら面談時からつねに依頼者目線で対応してくれるものです。契約を取るためにガツガツと営業トークばかりせずに、有益なアドバイスや適切な提案をしてくれるはずです。

自社に都合のいい事ばかりを言わず、調査のリスクや成果地点についても分かりやすく説明してくれます。また、探偵会社としての調査技術やこだわりも話しの中から感じられるはずで、調査方法についても出し惜しみせずに説明してくれるでしょう。

優良な探偵かどうかは以下の6つのポイントをもとに見ていきましょう。

  1. 相談者の問題を解決しようとする姿勢が見られるか
  2. 自社についての説明をしっかりおこなう
  3. 調査のリスクについて丁寧に説明する
  4. 調査ポリシーが明確である
  5. 証拠と成果地点について詳細に説明してくれる
  6. 見積りを詳細に説明してくれる

1.相談者の問題を解決しようとする姿勢が見られるか

相談者の悩みや今後どのような対応を取れば良いかまで丁寧に話しを聞いてヒアリングし適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

相談者にとって初めての探偵会社への訪問は緊張するものです。そんな相談者の気持ちを察して「丁寧で親切な対応ができているか?」、「一緒に浮気調査を解決しようという姿勢が見られるか?」が確認すべきポイントです。

2.自社についての説明がおこなわれるか

探偵会社と面談する人のほとんどが、その会社について予備知識無しで訪問します。どんな会社なのか不安を抱えての訪問になります。優良な探偵会社なら、そんな依頼者の心中を察して自社について自己紹介として丁寧に説明をするはずです。

  • 社歴
  • 公安委員会の届出年
  • 調査員の数
  • 個人情報の扱い
  • 企業理念(調査ポリシー)
  • 浮気調査の実績...etc

また、過去の依頼者とのトラブル、管轄警察からの罰則、消費生活センターとのトラブルは無しと突っ込んだ説明をしてれくる探偵会社なら優良と言えるでしょう。

3.調査のリスクについて丁寧に説明する

浮気調査では、調査中にいつどのようなトラブルが起きないとも限りません。優秀なプロの調査員であっても、例えば車で尾行中に事故に巻き込まれたり、検問などにより対象者を見失うことだってあります。また、張り込み中に警察に職務質問されて決定的な浮気現場を逃してしまうこともあるかもしれません。

例にあげたようなことは、めったにありませんが「調査にリスクは無い」とはいい切れません。自社に都合が悪いリスクについて面談時に真摯に説明できる探偵こそ信頼できます。

4.調査ポリシーが明確である

調査ポリシーとは、企業理念のようなものです。その探偵会社の考え方が反映されるものです。面談時にどのような調査ポリシーのもとに運営されているかを確認してみましょう。探偵の口からスラスラとよどみなく、この調査についての考え方が出てきたら信頼できると言えます。

反社会的な調査方法を取らないのはもちろんのこと、調査ポリシーが依頼者にとってメリットがある内容になっているかも確認すべきポイントです。

5.証拠と成果地点について詳細に説明してくれる

探偵会社と依頼者の間で起きるトラブルで多いのが、証拠と成果地点の問題です。調査終了後に探偵から提示された写真が対象者と判別しにくいモノだったというケースがそれです。

浮気調査の場合、家庭裁判所の調停委員を納得させるための証拠が必要です。それは、誰が見ても対象者だと分かる人が浮気相手とラブホテルに出入りする写真です。それが判別しにくい写真では、離婚条件にはならず、慰謝料請求もできません。

この重要な成果について面談時に探偵から話しがあり、さらに契約書、重要事項説明書に記載されていれば、優良な探偵の可能性は高いでしょう。

6. 見積りを詳細に説明してくれる

優良な探偵会社ほど、依頼者の不安を取り除くために丁寧な対応をおこなうものです。見積りについても同様で項目ごとにきめ細やかに説明してくれるはずです。

これがダメな探偵ほど、ざっと読み上げる程度で説明をはしょろうとします。自社に都合が悪い説明は少なくしようとするためです。また、割引をチラつかせて早く契約させようとするのも常套手段です。

優良な探偵ならば、詳細な説明をおこない相談者の疑問にも的確に応えてくれます。また、技術に優れていればむやみに割引の提示もおこないません。

まとめ

浮気調査の費用を安く抑えるのは簡単なことではありませんが、だからと言ってさほど難しいことでもありません。

「可能な範囲で自分で浮気の証拠を集める」そして「優良な探偵を選び、浮気の証拠を伝える」というこの2点に気をつければ、最終的な調査費用は安くなります。また、探偵の中にはご自身の予算を伝えればそれに合った調査プランを柔軟に提案してくれる会社もあります。

探偵に相談するのは抵抗があるという方も少なくないと思いますが、国から調査業務を許されている専門家は探偵のみです。浮気調査は配偶者に浮気の兆候が見られたら早めに調査することが最善の結果を生みます。

相談することで有益なアドバイスが得られることも多いはずですので、もしも悩み続けるぐらいなら、思い切って電話相談してみることをお勧めします。

多くの人の問題や悩みの早期解決のため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
浮気調査に関する記事

あらゆる調査に実績のある探偵・興信所

東京探偵社AI
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

探偵さがしのタントくん
あなたのやりたい調査に合わせて優良な探偵を無料で紹介します。匿名での相談もOKです。個人情報が漏れることは無い安心システムなので利用者も急増中です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
総合探偵社TSは浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ