不倫調査をおこない不倫相手から多く慰謝料をもらうには

夫の不倫行為は許せないものですが、女性だったらそれ以上に不倫相手の女の存在が憎らしいものだと思います。そんな相手にできるだけ多くの慰謝料請求ができないかと考えるのは普通です。

慰謝料請求額を増やすポイントは、やはり不倫調査です。不倫、浮気というものは、いずれも証拠を残すことで、その行為が立証できるのです。また、裁判官が見て“不倫”だと断定する証拠があれば、慰謝料を大きく増額できる可能性があります。

ここでは、不倫調査のメリットと不倫相手から慰謝料を多く貰えるケースを解説していきます。

不倫行為とはどのようなこと

不倫とは、配偶者がいる夫や妻が配偶者以外の異性と恋愛関係になり、それが発展して性交渉を持つことを言います。また、配偶者がいない男女が配偶者がいる異性と性交渉を持つことも同じく不倫になります。

さらに男女どちらも配偶者がいてその人たちが性交渉を持つことを現代的な言い方ではダブル不倫と呼んでいます。

かつて不倫は、不義密通や姦通などと呼ばれて刑罰の対象となっていました。現代の日本では、不倫が発覚しても刑事事件として扱われることはありません。

しかし、民法770条では「離婚事由」にあたるとして、明らかな不定行為(浮気)の事実は民事上の責任が問われることになり、被害者は慰謝料請求ができるのです。

不貞行為って何

不貞行為とは普段聞きなれない言葉ですが、裁判や法廷で使われる法律用語です。簡単に言うと男女間の性交渉を伴った浮気のことを指します。また、性交渉は1回だけではなく、繰り返しおこなわれているかどうかが争点となります。

裁判所は、離婚調停、離婚裁判の際に、実際の不貞行為の証拠をもとに慰謝料や親権などをどうするか決めていきます。その、不貞行為の証拠ですが、ラブホテルに何度も入店している写真・動画や性交渉を持ったことが分かる映像・音声などが必要になります。

あくまで、不貞行為を立証するためには性交渉を裏付ける明確な証拠が必要なのです。

不倫はなぜ慰謝料請求できるのか

慰謝料とは、第三者がおこなった言動、事故などにより、直接的、間接的に何らかの被害を受けて精神的・肉体的にダメージを受けた際の損害賠償金のことです。

不倫の場合も、夫の浮気行為により妻は大きな損害を受けることになります。この間に体調不良や精神不調などに陥ったり、仕事や家事へも影響をきたしたりすることもあります。そのため、心労、通院費、治療費、逸失利益などの慰謝料請求ができるのです。

この不倫の慰謝料請求は、離婚を前提に夫に対しておこなうケース、夫と不倫相手の両者に請求するケース、離婚しない場合には不倫相手のみに請求することもできます。

不倫慰謝料の相場

不倫の慰謝料の金額と相場は数十万円~500万円ぐらいが一般的です。

この金額の開きは、慰謝料請求する際の条件に起因します。不倫されたことにより病気が発症したからといって、単純に請求できる金額が増えるというものでもありません。

夫が不倫に積極的だったり、不倫を強要するような行為が見られたら、基本的には慰謝料請求できる金額は少額になります。しかし、最初は夫が積極的に誘ったとしても、その後に浮気相手の女性も性交渉を積極的に楽しんでいるような場合には、この条件も変わってきます。

その証拠写真を残すことで、慰謝料額が大きく変わる可能性がありますので、不倫調査は探偵に依頼するのが確実な方法ということになるのです。

多額の慰謝料請求ができるケース

一般的には下記のようなケースであれば200万円以上の多額の慰謝料請求できる可能性があります。あなたは該当していますか?

  • 不倫交際期間が長い
  • 夫と不倫相手の両者に慰謝料請求する
  • 夫が不倫相手と同棲を始めた
  • 夫の不倫相手が自分の友人、知人など身近な人間だった
  • 不倫相手が夫の子供を妊娠した
  • 夫が自分と子供を捨てて不倫相手のもとに走った

少額の慰謝料請求しかできないケース

不倫慰謝料では、以下に該当するような時には請求できなかったり、少額しか請求できないケースもあります。

●夫の浮気相手への慰謝料請求の場合
  • 夫が不倫行為に対して積極的だった
  • 夫が不倫を強要した
  • 請求権が消滅(時効が成立)してしまった(*不倫関係があってから20年間、不倫相手を確認してから3年間で時効となるので注意)
●夫に慰謝料請求する場合
  • 離婚後の慰謝料請求(*離婚後3年で時効になるので注意)
  • 配偶者との婚姻関係が別居などにより悪化した後に、不倫関係が始まった

但し、前述のように不倫の事実が証明できる証拠写真などがある場合は大きく増額できる可能性があります。

不倫調査で慰謝料額を増やす方法

夫の不倫相手に慰謝料請求するためには、まず相手が誰なのか?どのように出会ったのか?などの身辺調査が必要になります。この身辺調査は多くの人が探偵に依頼して調査をおこないます。

そして、名前、住所、勤務先、家族構成から、さらに必要に応じて浮気相手の夫の会社、年収なども調査します。これらの情報から慰謝料請求する際の妥当な金額が分かります。

気を付けなくてはいけないのが、不倫相手に慰謝料請求した途端に、「夫が不倫に積極的だった」、「不倫を強要された」などと、浮気相手の女性が言い逃れしようとするケースが出てくることです。

これは実際によくあるケースですので、慰謝料請求したいと思ったら、探偵に不倫調査を依頼して証拠を残すべきです。ラブホテルに一緒に入る写真や交際風景などの証拠写真を残して、不倫相手も不倫を楽しんでいたという証明となるものを掴んでおくことで慰謝料請求を有利に進めることができるのです。

探偵、弁護士に相談の上、慰謝料請求を進める

不倫相手への慰謝料請求は、怒りに任せて不倫相手に損害賠償請求しても逃げられるだけです。相手が言い逃れできないような「デートを楽しんでいる証拠写真」、「性交渉を持ったことが証明できるラブホテルへの入店写真」などが必要になります。

繰り返しますが、この証拠があるだけで、慰謝料額が増額できる可能性が高いのです。まずは、探偵に依頼してこれらの不倫調査の証拠を残してもらいましょう。そして、その証拠を持って弁護士を訪ねて法律的な見地から慰謝料請求額などのアドバイスを貰いましょう。

「不倫相手だけに慰謝料請求するか」、「離婚を前提に夫と不倫相手にも請求するか」など、依頼者の目的によって、探偵、弁護士など専門家なら的確なサポートをおこなってくれます。

内容証明郵便を郵送

浮気の証拠を掴んだら次にどうするかですが、いきなり本人と交渉するよりも、内容証明郵便を送ることが効果的な場合もあります。

弁護士のアドバイスにより妥当な慰謝料請求金額を決めて、それを記載した内容証明郵便を相手に郵送します。内容証明郵便とは、送り主が誰で、いつ誰宛に送ったかを郵便局が証明する郵便物です。そして、受け取り人がいつ受け取ったかも証明してくれます。

この内容証明は、書かれている内容が法的効力を持つものではありませんが、受け取った側の対応次第では「法的な措置に出るぞ」というニュアンスが含まれており、心理的なプレッシャーを与えるものとなっています。

また、相手が自分の非を認めている場合には、この内容証明郵便を送った時点で慰謝料の支払いに応じてくれるケースが多く見られます。

この内容証明に記載する慰謝料金額は、適正でなければ相手も応じないケースが出てきますので、不倫調査をおこなった探偵や提携する弁護士などに相談してから決めましょう。

相手が弁護士を立てた場合

浮気相手に内容証明を送っても反応が無ければ、さらに最後通告として、再度内容証明を送ることになります。

それでも、支払いに応じない場合には弁護士に相談することが適切な措置です。不倫調査を依頼した探偵と提携している弁護士なら、慰謝料請求交渉に強い専門家ばかりですので頼りになるでしょう。

そこで、弁護士が不倫相手に慰謝料支払いの意志があるかどうかを確認します。もし応じる気があれば金額と支払い方法などを詰めて、示談というかたちでまとめてくれます。

しかし、不倫相手が自分の非を認めずに弁護士を立ててきた場合には、弁護士同士が代理人として話し合って解決策や落とし所を探っていきます。

その、解決策に対してどちらか一方が納得行かないということになれば裁判で争うことになります。大金の慰謝料が争点になる場合には、裁判まで行くケースがありますが、少額の慰謝料しか発生しなさそう時には、長期戦になっても弁護士費用がかさむだけですので、早めに示談となるのが一般的です。

不倫相手への慰謝料請求まとめ

夫が不倫していると感じたら、まずは不倫相手を特定すると共に、どのような関係性なのかを調べなくてはなりません。怒りに任せて夫を問い詰めたり、夫にバレるような自力の調査は控えた方が賢明です。

不倫の可能性が高いと感じたら、まずは秘密裏に探偵に相談することが問題解決の近道です。この問題解決とは、不倫の証拠を残して、不倫相手へ慰謝料請求する際の有利な状況をつくるということです。不倫、浮気は証拠が何より重要です。「慰謝料請求したい」、「離婚を考えたい」などいずれも証拠が有効なのです。

夫や妻に不倫疑惑があれば、まずは、探偵に相談することから始めませんか?

多くの人の問題や悩みの早期解決のため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
浮気調査に関する記事

あらゆる調査に実績のある探偵・興信所

東京探偵社AI
弁護士が代表の探偵会社だから安心感が違います。しかも業界トップクラスの低料金で各種調査サービスを提供します。弁護士と連携できるため適切な問題解決ができます。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

探偵さがしのタントくん
あなたのやりたい調査に合わせて優良な探偵を無料で紹介します。匿名での相談もOKです。個人情報が漏れることは無い安心システムなので利用者も急増中です。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

総合探偵社TS
総合探偵社TSは浮気調査を中心に総合的な調査サービスをご提供します。既婚男性の6割が浮気予備軍と言われています。配偶者の浮気、不倫で困ったらご相談下さい。

お問い合わせ・通話無料

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別であらゆる調査に強い探偵・興信所を探す
地域を絞り込む
都道府県

ページトップへ